• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

レビュー

FUJIFILM

2014/10/03 03:29:58

富士フイルム X-T1 レビュー「カメラの大きさ、軽さ、交換レンズの描写力まで含めると、外ポートレートでは一番使いやすいカメラ」

特にモノクロのトーンの出方は富士フイルムに一日の長がある。ほんとにすばらしいカメラとレンズ(X-T1+56mmF1.2)

FUJIFILM

2014/10/02 12:00:19

富士フイルム「X30」EVFになったけどOVFっぽく見えるモードが用意されていた!

EVF&背面モニターに表示されるライブビュー画面が、光学ビューファインダーのような画作りに表示設定できる。

FUJIFILM

2014/10/01 07:10:54

富士フイルム X30レビュー「フィルムライクで豊かな階調の描写は、コンパクトデジタルカメラの概念を覆す」

FUJIFILM X30の描写は、まぎれもなく同社Xシリーズの血統を引き継ぐもの。長年フィルムで培ってきた絵づくりを堪能できる。

FUJIFILM

2014/10/01 11:45:17

富士フイルム X30レビュー「フィルムメーカならではの写真画質はこのカメラにも引き継がれている」

X30の最大の魅力はなんといっても富士フイルムらしい発色と仕上がりが得られること。

FUJIFILM

2014/09/30 10:30:53

富士フイルム X30レビュー「X30は『こんなに簡単にピントがあうの?』ってぐらい簡単に撮れる。」

とにかくAFが早く、タイムラグも非常に短いので、狙った瞬間を次々に撮れる。

SIGMA

2014/09/30 09:00:25

dp2 Quattro レビュー「2センチそこそこの厚みしかないボディに、びっしりと隙間なくあれもこれも詰め込まれているのがわかる」

DP2 Merrillと光学系は同じだが、2台のカメラを並べてみると「レンズ外観サイズ」はだいぶ違う。

Sony

2014/09/30 03:11:14

RX100M3 レビュー「日常の扱いやすさがRX100M2までと比較して格段に向上している」

実際に使ってみると、RX100M3にはジミながら着実な進化ポイントがいくつも備わっている。

Nikon

2014/09/29 11:45:02

ニコン D750 レビュー「カメラに求められる様々な要素を上手にバランスさせた完成度の高さ」

D750は、もうフルサイズ一眼レフは特別なものじゃないという風にも感じさせてくれる

Sony

2014/09/28 09:36:18

SONY α5100 レビュー「AFは速く、しかも正確。AFが迷うようなシーンが殆ど無かった優等生ぶり」

コンデジのような軽快さで、一眼レフカメラのような高画質な写真を撮ってみたい方は要チェック

OLYMPUS

2014/09/28 03:24:28

オリンパス 「PEN E-PL7」レビュー「ボディは上位のPENに近付き、中身はOM-Dばりの高画質を誇る」

「OLYMPUS PEN」シリーズは初代から直感的に操作できるボディとシステム作りが上手。ここに来てその技術は着実に進化していると感じた。

Nikon

2014/09/27 09:40:10

ニコン「D750」レビュー「使い込むにつれ恩恵を感じる機能の多さに、700番台が付けられた理由が見えてくる」

上位モデルに迫る高画質と多彩機能は、撮影者のイメージを忠実に再現してくれる

FUJIFILM

2014/09/23 10:45:55

富士フイルム「X30」レビュー「X-T1が手のひらサイズになった感じ」

毎日持ち歩くにも、気軽な旅に持って行くにもピッタリなカメラ。

Nikon

2014/09/22 03:10:35

ニコンD750レビュー「810ほどの画素数は必要ないと感じるなら、迷わずD750をチョイスしてもいい」

画素数こそD810の有効3,635万画素には及ばないが、それ以外はほぼD810に近いカメラに仕上がっている。

Canon

2014/09/16 05:30:28

キャノン EOS Kiss X7 レビュー「X7ならスマホからいきなり一眼レフを手にしても違和感の無く使い始めることが出来る」

スマホから一眼レフへという敷居の低さ、扱いやすさをよくぞこのボディに凝縮したと感心。

Sony

2014/09/01 03:30:51

SONY 135mm F2.8 [T4.5] STF (SAL135F28)レビュー「鉄板に垂らした油がじわっと広がっていくような潤んだボケ味」

きりっとしたピントピークの立体感のある描写、そして美しさを極めたボケ味は正直クセになる。

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+