• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

What's next for Leica? - Leica Rumors

https://leicarumors.com/2020/11/15/whats-next-for-leica-5.aspx/

ライカの噂の新製品まとめ【2020年11月版】ライカ「SL2-S」やM10-P「Black Paint」など。

Leica Rumorsに、ライカの噂の新製品まとめ【2020年11月版】が掲載されています。


  • ライカQ2モノクロームの発表後、噂されている/期待されているライカのカメラとレンズのリストを更新した。
  • ライカQ2ジェームズ・ボンド007限定モデル(延期の可能性あり)。
  • ライカM10-P「Reporter」リミテッドエディション
  • ライカM10-P「Black Paint」リミテッドエディション
  • ライカ SL2-S:2400万画素センサーを搭載したSL2の小型バージョン。

ライカは、より多くのヴィンテージレンズの発売/復活を計画している。

  • Leica Noctilux M 50mm f/1.2 Heritage limited edition lens
  • Leica M 35mm f/2.8 lens Heritage limited edition lens

ライカのレンズに関するその他の噂:

  • ライカは現在「次世代Mレンズ設計」に取り組んでおり (Mレンズの一部がすでに製造中止になっているのはそのためだろう)、M10-Rのような高画素カメラ向けに最適化される予定だ。
  • 50mm Simmilux、WATE、MATEレンズの新バージョンも可能性がある。
  • 新しいLeica M Noctilux:新しいNoctiluxレンズに取り組んでいる。新しい特別限定版Noctilux M 50 mmレンズがうわさされています。また、絞りがf/0.95 (f/0.7?) 。
  • 新しい35mm Mレンズ:上記のHeritageレンズおよび/または新しい35mm Noctilux超大口径デザイン(f/0.8やf/0.75)。
  • Leica Summicron-M 28mm f/2 ASPH 「Reporter」 限定エディションレンズ
  • 新しいAPOや新しい135mmレンズも期待されている。
  • 新しいSLレンズ。

  • ライカ Watch「Leica L3」

  • EVFを備えた新しいライカMマウントカメラが噂されている(2400万画素センサー、M240と同様のボディ)。
  • このカメラはネイティブのMマウントを持ち、M10の代替として提供される。
  • 最近のインタビューで、ライカの代表はそのようなカメラは 「あり得ない」 と言った。

とのこと



Cameraholics Vol.3 (ホビージャパンMOOK 1013) (日本語) ムック ? 2020/5/29



ライカM10-P「Reporter」は既に公式発表済みで、来年1月に詳細発表されますが、同時に話に上がった、「M10-P Black Paint」の方は今のところ公式発表も無く、その後も噂も上がって来てない状態ですね。まあ、いつも通りのブラック・ペイント仕様だと思いますが。あとは、ライカQ2のジェームズ・ボンド限定モデル「ライカQ2 007 Limited Edition」は映画の公開が遅れたので、それに合わせて遅れそうですよね。そして、もっとも気になるのはこの中でも完全新規ボディとなりそうなSL2の小型バージョンと噂される「ライカSL2-S(SL-S?)」ですかね。あと、ちょっと気になるのはライカ Watchですかね。「ライカ L3」の噂が上がってますが、そもそも「ライカ L1」「ライカ L2」は、まだ発売されてないんですかね?もう2年半が経とうとしてますがどうなんってるんだろうか。あと、結構前に上がっていたEVF搭載の新しいMマウントカメラの話も出ますね。M240に似たボディで2400万画素センサー搭載、ネイティブMマウント搭載で、M10の後継機という話でしたが、これは可能性は低そうな感じですかね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Leica」カテゴリの最新記事

Leica」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+