• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. リコーイメージングがデジカメ事業を刷新。PENTAXは「各種カスタマイズの幅を拡げ工房的価値を提供」し、GRは「スペック競争からは一線を画し、徹底的にスナップ撮影への最適化を追い求る」模様。リコーイメージングがデジカメ事業を刷新。PENTAXは「各種カスタマイズの幅を拡げ工房的価値を提供」し、GRは「スペック競争からは一線を画し、徹底的にスナップ撮影への最適化を追い求る」模様。(550views)
  2. ソニーのVlog向けコンデジ「VLOGCAM ZV-1」の廉価版が登場する!?ソニーのVlog向けコンデジ「VLOGCAM ZV-1」の廉価版が登場する!?(320views)
  3. キヤノンが「EOS R5 C」を正式発表。電源ダイヤルでのモード切り替えでCINEMA EOS SYSTEMの動画機能と「EOS R5」の静止画機能を切り替えられる模様。キヤノンが「EOS R5 C」を正式発表。電源ダイヤルでのモード切り替えでCINEMA EOS SYSTEMの動画機能と「EOS R5」の静止画機能を切り替えられる模様。(264views)
  4. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(123views)
  5. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(99views)
  6. 「ライカQ3」らしきカメラの背面画像が登場。「ライカQ3」らしきカメラの背面画像が登場。(79views)
  7. キャノンが1月19日に発表する動画向けEOS R5「EOS R5c」の詳細スペックや製品画像がリーク。8K60Pで無制限録画が可能!?キャノンが1月19日に発表する動画向けEOS R5「EOS R5c」の詳細スペックや製品画像がリーク。8K60Pで無制限録画が可能!?(78views)
  8. ニコンの1.4倍テレコンバーター内蔵「NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S」正式開発。新開発の「メソアモルファスコート」と「シルキースウィフトVCM」を搭載。ニコンの1.4倍テレコンバーター内蔵「NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S」正式開発。新開発の「メソアモルファスコート」と「シルキースウィフトVCM」を搭載。(73views)
  9. キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?(57views)
  10. ソニーは2022年前半はレンズの発表に注力し、後半にカメラの発表を行う!?「FE 85mm F1.2 GM」「FE 24-70mm F2.8 GM II」「α7R V」「α9 III」が登場する!?ソニーは2022年前半はレンズの発表に注力し、後半にカメラの発表を行う!?「FE 85mm F1.2 GM」「FE 24-70mm F2.8 GM II」「α7R V」「α9 III」が登場する!?(46views)

News:Voigtlander

http://voigtlaender.com/news.html

Voigtlander ソニーEマウント用レンズ「10mm F5.6 Hyper-Wide-Heliar」「12mm F5.6 Ultra-Wide-Heliar」「15mm F4.5 Super-Wide-Heliar」

ソニーEマウント

2016年春にフォクトレンダーは、新ブランドを発売する。
ソニーEマウントレンズの待望のライン。
それは、アダプタなしでソニーEマウントカメラに使用することができる。
フォクトレンダーの伝統によると、この新しいラインの最初の3つのレンズは、超広角域をカバーする。
風景や建築写真に最適なレンズ。

  • Voigtlander 10mm F5.6 Hyper-Wide-Heliar
  • Voigtlander 12mm F5.6 Ultra-Wide-Heliar
  • Voigtlander 15mm F4.5 Super-Wide-Heliar

12mmと15mmのレンズは既にVMマウントで発売されているが10mmの焦点距離は、完全に新しい。
絞りと焦点距離などのレンズ全てのデータ、は、カメラに送信される。



VMマウント

フォクトレンダーは、12mm F5.6 Ultra-Wide-Heliar Aspherical IIIなど、VMマウントデジタルの最適化を継続する
さらに、新しい10mm F5.6 Hyper-Wide-Heliarをリリースする。



COSINA VoightLander ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical II



おお、やはりVMレンズベースのEマウントレンズが登場しましたね。撮影情報もきちんと保存されるようで、これは便利ですね。そして、ハイパーな10mmも登場しましたね。12mmはイメージ写真を見る限り現状の12mmと同じ形状のレンズがないので、新規設計なんでしょうね。VM用に開発してる模様のUltra-Wide-Heliar Aspherical IIIベースって事になるのかなあ。最近リニューアルされた15mm F4.5 Super-Wide-Heliar IIIはデジタルに最適化され、かなり評価が高かったので、これらの描写も楽しみですね。あと、今後も現状のVMシリーズにラインナップしてるレンズが順次デジタルに最適化しつつ、Eマウント用に発売されそうな感じなので非常に楽しみですねえ。しかしEマウントはコアなユーザー向けにも随分充実してきましたねえ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Voigtlaender」カテゴリの最新記事

Voigtlaender」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+