• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

ソニー、AI技術で被写体認識が向上した高画素機「α7R V」。11月25日発売 - デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1450469.html

ソニー「α7R V」

デジカメ Watchに、ソニー「α7R V」正式発表のニュースが掲載されています。


  • ソニーは、ミラーレスカメラ「α7R V」(ILCE-7RM5)を11月25日に発売。
  • 価格はオープン。店頭予想価格は税込56万円前後。10月20日に同社Webサイトにて予告していた製品。
  • 「α史上最高の解像性能」有効約6,100万画素の35mmフルサイズ相当(35.7×23.8mm)裏面照射型CMOSセンサー搭載。
  • フルサイズ機で世界初という最多画素数を有するセンサーは従来モデル「α7R IV」(2019年発売)から踏襲。
  • 低感度時に約15段というダイナミックレンジの広さも継承した。
  • 5軸ボディ内手ブレ補正を搭載した点も従来機と同様、ボディ単体での補正効果は最大で8段分と大きく向上した(従来モデルは最大で5.5段分)。
  • 画像エンジンはBIONZ XR搭載。α7R IVに搭載している「BIONZ X」と比較して最大約8倍の高速処理が可能。
  • 手ぶれ補正が大きく進化したこともあり、低感度においてα史上最高の解像度を実現。
  • 手ぶれ補正内蔵レンズとの協調制御においては、望遠域で発生しうる大きなブレも抑制できる。
  • αシリーズ初となる「AIプロセッシングユニット」搭載、被写体認識精度が大幅に向上。
  • 「リアルタイム認識AF」では静止画・動画を問わず、人間、動物、鳥、昆虫、車・列車、飛行機に対してリアルタイムトラッキングが可能。
  • 従来機では人物と動物の2種類だった。
  • 一例として、人物に関しては瞳の認識だけでなく、人間の胴体や頭部の位置をより高精度に認識可能。
  • 被写体の骨格情報から動きを認識できるようになったことで、瞳の認識精度はα7R IV比で60%高まっている。
  • 位相差検出AFセンサーは従来の567点から693点に増加。
  • リアルタイム認識AFを使用し右目を認識。帽子や眼鏡を付けていてもAFが追尾。
  • 連写速度はAF/AE追従で最高約10コマ/秒。ライブビューを見ながら撮れるモードでは最高約8コマ/秒の連写が可能。
  • 圧縮RAWでは最大583枚の連続連写が可能だという。
  • AFでの静止画撮影中にレンズのフォーカスリング操作により任意のタイミングで一時的にMFモードに切り替えできる“フルタイムDMF機能”
  • カメラがピントの位置をずらして撮影することができる“フォーカスブラケット機能”を搭載。
  • 従来機と比べて動画機能も大きく進化、8K 24pや4K 60p、Super35mmの画素加算なし6.2Kオーバーサンプリングによる4K 30p / 24p記録に対応。
  • そのほか、新たに4:2:2 10bit記録や16bit RAW出力、S-Cinetone記録に対応した。
  • 動画時の手ぶれ補正に「アクティブモード」を搭載。
  • 手ぶれ補正を内蔵した対応レンズ(SEL24105G、SEL70200GM2、SEL100400GM、SEL200600G)と組み合わせることでより安定した動画撮影が可能。
  • カメラ全体の放熱システムの最適化と熱伝導性に優れたグラファイト素材を採用。4:2:0 10bitで約30分の8K 24p(25p)動画記録が可能。
  • 外観で大きく変わったのが背面モニター。バリアングル式とマルチ式の両方を備えた、新開発の4軸マルチアングル液晶モニター。
  • 3.2型の約210万ドット。従来機は3.0型の144万ドットだった。
  • EVF約944万ドット、従来の約576万ドットから向上。ファインダー倍率0.90倍(従来機は約0.78倍)。
  • 蛍光灯や水銀灯などによるフリッカーを検出しフリッカーレスで撮影ができるフリッカーレス撮影機能を搭載。
  • カメラ側が自動的にフリッカーを検出しフリッカーレスに対応できるシャッター速度を自動調節できる「フリッカーレスTv調整」機能と高分解シャッターも搭載。
  • 記録メディアはCFexpress Type AカードとSDカード(UHS-II/UHS-I)に対応するデュアルスロット。
  • バッテリーはα1やα7 IVシリーズと同じNP-FZ100。
  • 撮影可能枚数はファインダー使用時に約440枚、背面モニター使用時に約530枚。
  • USB PD対応による給電および充電に対応。単体のバッテリーチャージャーも付属。
  • モードダイヤル下部に「静止画/動画/S&Q切り換えダイヤル」を搭載。
  • 静止画/動画/S&Qモードごとの露出モード選択も、モードダイヤルを回すだけで簡単に設定可能だ。
  • カメラ右上部に「後ダイヤルL」と「後ダイヤルR」を搭載。絞りや露出補正以外にも機能を割り当てることが可能。右手のみでのカメラの操作性が向上。
  • 外形寸法131.3×96.90×72.3mm。重量約723g(記録メディア、バッテリー込み)。従来モデルのα7R IVは128.9×96.4×77.5mm。重量は665g。

→α7R V special contents | α Universe | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

→α7R V | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

→AIプロセッシングユニット搭載、新次元のAF性能と高解像で新時代を切り開く『α7R V』発売 | ニュースリリース | ソニー

とのこと



ソニー 世界 フルサイズミラーレス一眼 α7C ボディ ブラック ILCE-7C B



噂が上がり続けていた「α7R V」ですが、ついに正式発表されましたね。ほぼ噂通りだったようですね。背面液晶も噂にあった4軸の可動式液晶でしたね。これはなかなか使いやすそうです。「静止画/動画/S&Q切り換えダイヤル」「後ダイヤルL」「後ダイヤルR」など操作性がかなりアップしてそうですね。画素数については当初は1億5000万画素1億200万画素1億画素9500万画素なんて噂もありましたが、結局「α7R IV」と同じ6100万画素でしたね。ただ、画像処理エンジンの処理速度や、手ブレ補正性能、AF周りの性能も向上し、液晶やEVFの解像度もアップ、8K 24pや4K 60p録画に対応するなど、隙の無いアップデートが行われており、かなり完成度の高い仕上がりになってるようです。ただ、そのぶん価格もかなりアップしてますね。円安の影響もあるんでしょうが「α7R IV」と比べると、かなりの価格アップですよね。これは悩ましいです。とりあえず各所で実機レビューや作例がアップされるのを待ちたいですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+