• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. リコーイメージングがデジカメ事業を刷新。PENTAXは「各種カスタマイズの幅を拡げ工房的価値を提供」し、GRは「スペック競争からは一線を画し、徹底的にスナップ撮影への最適化を追い求る」模様。リコーイメージングがデジカメ事業を刷新。PENTAXは「各種カスタマイズの幅を拡げ工房的価値を提供」し、GRは「スペック競争からは一線を画し、徹底的にスナップ撮影への最適化を追い求る」模様。(550views)
  2. ソニーのVlog向けコンデジ「VLOGCAM ZV-1」の廉価版が登場する!?ソニーのVlog向けコンデジ「VLOGCAM ZV-1」の廉価版が登場する!?(320views)
  3. キヤノンが「EOS R5 C」を正式発表。電源ダイヤルでのモード切り替えでCINEMA EOS SYSTEMの動画機能と「EOS R5」の静止画機能を切り替えられる模様。キヤノンが「EOS R5 C」を正式発表。電源ダイヤルでのモード切り替えでCINEMA EOS SYSTEMの動画機能と「EOS R5」の静止画機能を切り替えられる模様。(264views)
  4. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(123views)
  5. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(99views)
  6. 「ライカQ3」らしきカメラの背面画像が登場。「ライカQ3」らしきカメラの背面画像が登場。(79views)
  7. キャノンが1月19日に発表する動画向けEOS R5「EOS R5c」の詳細スペックや製品画像がリーク。8K60Pで無制限録画が可能!?キャノンが1月19日に発表する動画向けEOS R5「EOS R5c」の詳細スペックや製品画像がリーク。8K60Pで無制限録画が可能!?(78views)
  8. ニコンの1.4倍テレコンバーター内蔵「NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S」正式開発。新開発の「メソアモルファスコート」と「シルキースウィフトVCM」を搭載。ニコンの1.4倍テレコンバーター内蔵「NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S」正式開発。新開発の「メソアモルファスコート」と「シルキースウィフトVCM」を搭載。(73views)
  9. キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?(57views)
  10. ソニーは2022年前半はレンズの発表に注力し、後半にカメラの発表を行う!?「FE 85mm F1.2 GM」「FE 24-70mm F2.8 GM II」「α7R V」「α9 III」が登場する!?ソニーは2022年前半はレンズの発表に注力し、後半にカメラの発表を行う!?「FE 85mm F1.2 GM」「FE 24-70mm F2.8 GM II」「α7R V」「α9 III」が登場する!?(46views)


「H-HS030:LUMIX G MACRO 30mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.」風景撮影から等倍マクロ撮影まで幅広く使える標準マクロレンズを発売 | プレスリリース | Panasonic Newsroom Japan

http://news.panasonic.com/press/news/data/2015/04/jn150406-1/jn150406-1.html

H-HS030:LUMIX G MACRO 30mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S

パナソニックが、「マイクロフォーサーズシステム規格」に準拠した交換レンズ「H-HS030」を4月23日より発売。
30mm(35mm判換算 60mm)の標準マクロレンズ。
非球面レンズ1枚を含む9群9枚構成。
風景撮影から等倍マクロ撮影まで幅広く使用可能。


■H-HS030

  • 品名:マイクロフォーサーズシステム用交換レンズ
  • 品番:H-HS030
  • 色:-K(ブラック)
  • 希望小売価格(税抜):57,000円
  • 発売日:4月23日
  • 月産台数:1,000本

■特長

  • 風景撮影から等倍での迫力あるマクロ撮影まで幅広い用途で撮影可能
  • 安定した描写性能と美しいボケ味を実現
  • 240fps駆動対応の高速・高精度なAF&光学式手ブレ補正



「H-HS043:LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S.」被写体を印象的にとらえる美しいボケ味の中望遠ポートレートレンズを発売 | プレスリリース | Panasonic Newsroom Japan

http://news.panasonic.com/press/news/data/2015/04/jn150406-2/jn150406-2.html

H-HS043:LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S.

パナソニックが、「マイクロフォーサーズシステム規格」に準拠した交換レンズ「H-HS043」を4月23日より発売。
42.5mm(35mm判換算 85mm)の中望遠ポートレートレンズ。
非球面レンズ1枚を含む8群10枚構成。
美しいボケ味で被写体を印象的にとらえることが可能。


■H-HS043

  • 品名:マイクロフォーサーズシステム用交換レンズ
  • 品番:H-HS043
  • 色:-K(ブラック)/-S(シルバー)
  • 希望小売価格(税抜):50,000円
  • 発売日:4月23日
  • 月産台数:1,000本

■特長

  • 美しいボケを活かした人物撮影が気軽に楽しめる
  • 最短撮影距離31cmで、印象的なクローズアップ撮影が可能
  • 240fps駆動対応の高速・高精度なAF&光学式手ブレ補正

海外ではすでに発表されていたレンズが日本でも発表されましたねえ。
m4/3のマクロはパナの45mm(換算90)、オリの60mm(換算120)望遠しかなかったので、喜ばれそうですねえ。
42.5mm/F1.7は買いやすい価格なので、高額なNOCTICRON 42.5mm F1.2に手が出なかった人にはイイですね。ただ、オリンパスに低価格のM.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8があるので、ちょっと悩みどこかもですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Panasonic」カテゴリの最新記事

Panasonic」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+