• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

iPhone 11 ProのカメラをXSと比較。超広角だけじゃない、自撮りもポートレートもいいんだよ | ギズモード・ジャパン

https://www.gizmodo.jp/2019/09/iphone-11-pro-camera.html


ギズモード・ジャパンに、アップルのiPhone 11 Proのレビューが掲載されています。


  • 望遠カメラ側でiPhone XS Maxとの大きな差となったのはポートレートモード。
  • iPhone 11 Proの方がXS Maxよりもさらに被写体に近づいて撮れるようになった。
  • iPhone XS Maxでは、ちいさいモノが相手だと寄りきれないという印象。
  • iPhone 11 Proは寄れるようになった。ポートレートモードは一歩前に進んだときの画角が撮れる。
  • 輪郭の検出精度も高まり、ボケとジャスピン部分の差がより鮮明にもなった。
  • 細部をチェックすると必要な箇所を無駄にボカしたり、不要な箇所をシャープなまま残しているが、着実な進化は見て取れる。
  • 広角カメラ側でもポートレートモードが使えるが、望遠カメラ側より被写体を大きく写すことができない。

とのこと

iPhone 11は“過去最高”ではないが、成熟の域に達した。コスパは非常に高い:製品レヴュー|WIRED.jp

https://wired.jp/2019/09/21/apple-iphone-11-review/


WIRED.jpに、アップルのiPhone 11 Proのレビューが掲載されています。


  • XRではポートレートモードは人物の撮影だけで、ペットや物には対応していなかった。
  • 11はポートレートモードで動物や物の撮影が可能になっている。

とのこと

iPhone 11 Pro、猫を撮影するのに最高な機種なことが判明……!

https://www.buzzfeed.com/jp/yuikashima/iphone11-iphone11pro-catcatdogdog


BuzzFeedNewsに、アップルのiPhone 11 Proのレビューが掲載されています。


  • ポートレートモードは、基本的に人を撮影するための機能にとどまっていた。
  • iPhone 11シリーズではAppleから公式で「ペットのポートレートも撮れます」と発表。
  • iPhone 11とiPhone 11 Pro、両方の端末でペットのポートレートモードが撮影可能。
  • 2匹の猫にカメラを向けたところ2匹とも被写体として認識。被写体認識がかなり向上しているように思える。

とのこと



iPhone 11 Pro Max クリアケース



先日発売された、超広角、広角、望遠のトリプルカメラ搭載の「iPhone 11 Pro/Pro Max」ですが、ポートレイトモードはXSより進化しているようですね。iPhoneのポートレイトモードは寄れないと良く言われていたので、寄れるようになったのはかなり良いかもですね。広角側でのポートレートモードも可能のようですが、こちらは逆に寄れないようですね。あとポートレイトモードが人以外に動物や物にも正式対応したようですね。いままでも非公式では撮影できたみたいですが、正式対応したiPhone 11では、動物の被写体として認識がかなり向上しているようですね。iPhone 11のポートレイトモード、いいかもですね。
CAMEOTA

iPhone 11 ProのカメラをXSと比較。超広角だけじゃない、自撮りもポートレートもいいんだよ | ギズモード・ジャパン

https://www.gizmodo.jp/2019/09/iphone-11-pro-camera.html


ギズモード・ジャパンに、アップルのiPhone 11 Proのレビューが掲載されています。


  • 望遠カメラ側でiPhone XS Maxとの大きな差となったのはポートレートモード。
  • iPhone 11 Proの方がXS Maxよりもさらに被写体に近づいて撮れるようになった。
  • iPhone XS Maxでは、ちいさいモノが相手だと寄りきれないという印象。
  • iPhone 11 Proは寄れるようになった。ポートレートモードは一歩前に進んだときの画角が撮れる。
  • 輪郭の検出精度も高まり、ボケとジャスピン部分の差がより鮮明にもなった。
  • 細部をチェックすると必要な箇所を無駄にボカしたり、不要な箇所をシャープなまま残しているが、着実な進化は見て取れる。
  • 広角カメラ側でもポートレートモードが使えるが、望遠カメラ側より被写体を大きく写すことができない。

とのこと

iPhone 11は“過去最高”ではないが、成熟の域に達した。コスパは非常に高い:製品レヴュー|WIRED.jp

https://wired.jp/2019/09/21/apple-iphone-11-review/


WIRED.jpに、アップルのiPhone 11 Proのレビューが掲載されています。


  • XRではポートレートモードは人物の撮影だけで、ペットや物には対応していなかった。
  • 11はポートレートモードで動物や物の撮影が可能になっている。

とのこと

iPhone 11 Pro、猫を撮影するのに最高な機種なことが判明……!

https://www.buzzfeed.com/jp/yuikashima/iphone11-iphone11pro-catcatdogdog


BuzzFeedNewsに、アップルのiPhone 11 Proのレビューが掲載されています。


  • ポートレートモードは、基本的に人を撮影するための機能にとどまっていた。
  • iPhone 11シリーズではAppleから公式で「ペットのポートレートも撮れます」と発表。
  • iPhone 11とiPhone 11 Pro、両方の端末でペットのポートレートモードが撮影可能。
  • 2匹の猫にカメラを向けたところ2匹とも被写体として認識。被写体認識がかなり向上しているように思える。

とのこと



iPhone 11 Pro Max クリアケース



先日発売された、超広角、広角、望遠のトリプルカメラ搭載の「iPhone 11 Pro/Pro Max」ですが、ポートレイトモードはXSより進化しているようですね。iPhoneのポートレイトモードは寄れないと良く言われていたので、寄れるようになったのはかなり良いかもですね。広角側でのポートレートモードも可能のようですが、こちらは逆に寄れないようですね。あとポートレイトモードが人以外に動物や物にも正式対応したようですね。いままでも非公式では撮影できたみたいですが、正式対応したiPhone 11では、動物の被写体として認識がかなり向上しているようですね。iPhone 11 Proのポートレイトモード、いいかもですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「iPhone」カテゴリの最新記事

iPhone」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+