• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(6588views)
  2. Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」(3379views)
  3. キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。(2348views)
  4. 「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?(1516views)
  5. キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?(1504views)
  6. 「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。(1049views)
  7. キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?(995views)
  8. ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?(702views)
  9. ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。(688views)
  10. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(647views)

「iPhone 11 Pro/Pro Max」登場、トリプルカメラとSuper Retina XDRディスプレイ - ケータイ Watch

https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1206548.html

iPhone 11 Pro/Pro Max

ケータイ Watchに、アップルの、5.8インチディスプレイ「iPhone 11 Pro」と6.5インチディスプレイ「iPhone 11 Pro Max」発表のニュースが掲載されています。


  • iPhoneとして初めてトリプルカメラを搭載。超広角、広角、望遠で撮影可能。
  • 超広角カメラ、焦点距離13mm、F値2.4、5枚構成レンズ、視野角120度、1200万画素センサー。
  • 広角カメラ、焦点距離26mm、F値1.8、6枚構成レンズ、光学式手ブレ補正、100%Focus Pixels、新たな1200万画素センサー。
  • 望遠カメラ、焦点距離52mm、F値2.0で、6枚構成レンズ、光学式手ブレ補正、2倍光学ズーム。1200万画素センサー。
  • 3つのカメラは、そのままでは色味や感度が異なってしまうが、ホワイトバランスや露出を調整した上、3つのカメラをペアリングしてから改めて調整が加えられる。
  • 望遠、広角、超広角とシームレスに切り替えながらも、色味などを整える形になる。
  • 暗い場所で記録できる「ナイトモード」搭載。
  • ナイトモードは、自動的にノイズを減らしてディティールをとらえて撮影可能。
  • 光学式手ブレ補正で写真を複数枚記録、ソフトウェア上で動きを補正してブレの多い部分は省き、ディティールが記録された部分だけを組み合わせる。
  • コントラストやバランス、色味を調整し、ノイズを抑えて1枚の写真に仕上げる。
  • 4Kサイズの映像を60fpsで撮影可能。
  • 動画撮影時、ビデオのフレーミングにあわせてオーディオも収録。
  • 超広角の撮影も可能。記録した映像もiPhone上ですぐ編集可能。

とのこと



ペーパーバック版 スティーブ・ジョブズ 1



噂通りにトリプルカメラでiPhone 11が登場しましたね。ただタピオカといわれていましたが、レンズにシルバーのフチが付いているので、おもったほどタピオカじゃない気がしました。そのトリプルカメラですが、カメラの構成は13mm、26mm、52mmとなりました。超広角の追加は使い勝手が良くなってよいですね。あと、Google Pixelばりのナイトモードが追加されました。そして、背景ボケのポートレイトモードの撮影距離がどうなったか気になりますね。いままでは52mmと26mmの組み合わせだったせいか、あまり被写体に寄れませんでしたが、iPhone 11は13mmがあるので、13mmと26mmでポートレイトモードが使えれば被写体に寄れるようになりそうですよね。どうなんでしょうかね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「iPhone」カテゴリの最新記事

iPhone」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+