• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

2022年のiPhone 14 Pro(仮)、パンチホール画面で広角カメラは48MPに? - Engadget 日本版

https://japanese.engadget.com/iphone14pro-punch-hole-48mp-041034070.html


Engadget 日本版に、2020年登場のiPhone「iPhone 14 Pro」の噂が掲載されています。


  • アナリストMing-Chi Kuo氏の投資家向けメモで、2022年に発売されるiPhoneのハードウェア的なセールスポイントは以下のように述べられている。

  • 5Gに対応した新しいiPhone SE(22年上半期)
  • より手頃な価格の、新しい6.7インチのiPhone(22年下半期)
  • (ノッチありのデザインに代わる)パンチホールディスプレイと4800万画素広角カメラを搭載した、2つの新しいハイエンドモデル(22年下半期)

  • 3番目のiPhone 14ProとiPhone 14 Pro Max(仮称)に関する予想は、Kuo氏による過去の予測や、有名リーカーのJon Prosser氏の情報とも一致。
  • iPhone 14 Proモデルの4800万画素広角カメラについては、iPhone側での出力解像度はこれまで通り1200万画素に留まる可能性がある。
  • 内部での生データは4800万画素で取得し、一部のハイエンドAndroid端末と同様の「4セル・マージ出力モード」技術(4画素分を1画素に合成することでノイズ減少などのメリットを得る技術)により、より精細でノイズの少ない1200万画素に変換する可能性がある。

Source:9to5Mac

とのこと



MagSafe対応iPhone 12 miniレザースリーブ - ディープバイオレット



iPhoneは、先日「iPhone 13」が出たばかりですが、もう次の機種の話が出てますね。もうAndroidなどでは4000万画素クラスは当たり前になっていて、1億画素機が登場したり、さらには、2億画素機の噂も出てたりしますが、ついにiPhoneも高画素化する可能性が高まってきましたね。ただ、出力は1200万画素になるという話もあるようですね。4800万画素で撮ったデータをコンピュテーショナルフォトグラフィで解像感アップやノイズ除去して1200万画素で出力するのも良いんですが、そのままの4800万画素のデータも保存できて欲しいですね。これは選択式になることに期待したいですねえ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「iPhone」カテゴリの最新記事

iPhone」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+