• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(6585views)
  2. Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」(3379views)
  3. キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。(2340views)
  4. 「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?(1516views)
  5. キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?(1454views)
  6. 「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。(1049views)
  7. キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?(995views)
  8. ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?(695views)
  9. ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。(677views)
  10. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(640views)

ニコン、一眼レフ新エントリー機「D3400」を海外発表 - デジカメ Watch

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1015356.html

ニコン D3400

デジカメ Watchに、ニコン「D3400」の海外発表の記事が掲載されています。


  • ニコンは8月17日、デジタル一眼レフカメラ「D3400」を海外発表。
  • 沈胴式のAF-P DX 18-55mmを組み合わせたレンズキットを、9月に649.95米ドルで発売。
  • 国内での発売予定に関する情報はまだない。
  • Capture NX-Dをはじめとするソフトウェアの対応案内は日本語でも掲載されている。
  • DXフォーマット(APS-C)有効2,420万画素のCMOSセンサー搭載。
  • 画像処理エンジンにEXPEED 4を採用。
  • 高感度撮影時の画質向上、オートWBの色再現性向上、高速処理、低消費電力が特徴。
  • 感度はISO100-25600。フルHD動画記録に対応。
  • 連写速度は5コマ/秒。11点AFシステムを搭載。
  • 同社エントリー機の特徴である「ガイドモード」や「シーンモード」も。
  • 最高シャッター速は1/4,000秒。ファインダー視野率は約95%。
  • Bluetooth Low Energyを利用したスマホ連携機能「SnapBridge」に対応。
  • 外形寸法124×98×75.5mm。本体のみの重量約395g。
  • キットレンズ「AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」(単品239.95米ドル)
  • 「AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR」(単品399.95米ドル)を用意。
  • いずれもVRありとVRなし(50米ドル安い)が存在。
  • AF-P(ステッピングモーター採用)の70-300mmは、今回初出となる望遠ズームレンズ。
  • フィルター径58mm、最大径×全長72×125mm、重量約415g(VR搭載モデル)。
  • 既存の「AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED」(税込実売7万1,730円前後)はフィルター径67mm、重量約745g。

ニコン D3400


ニコン D3400


AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR



とのこと



Nikon デジタル一眼レフカメラ D3300 18-55 VR IIレンズキット ブラック D3300LKBK



噂に出ていた、D3300後継機D3400が正式発表されましたね。スペック的にはまんまD3300ですね。SnapBridge対応させただけって感じですかねえ。そして、新レンズの「AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED」と「AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR」は、前にニコン公式サイトにフライング掲載されたりもしてましたよね。VRなしは約5000円くらい安いみたいですね。でもいくら安いとはいえ望遠で手ブレ無しの需要ってあまり無いような気もするんですけどねえ。どうなんでしょうか。しかし、D5000シリーズはD5400を飛ばしていきなりD5500でしたが、D3000シリーズはちゃんと刻んできましたね。これは、マイナーチェンジレベルの変更だからですかねえ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Nikon」カテゴリの最新記事

Nikon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+