• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

BRILLIANT: Fujifilm X-H2S coming with External Active Cooling Accessory and here is How it Works (Not via Battery Grip) - Fuji Rumors

https://www.fujirumors.com/brilliant-fujifilm-x-h2s-coming-with-external-active-cooling-accessory-and-here-is-how-it-works-not-via-battery-grip/

富士フイルム「X-H2S」には、外付けの冷却システムのアクセサリーが用意される!?

Fuji Rumorsに、富士フイルム「X-H1」後継機「X-H2S」についての噂が掲載されています。


  • 私たちが言ったを確認する。
  • 「X-H2S」は、6Kビデオを撮影可能。
  • 「X-H2S」は、4K/120pで撮影可能。
  • これは非常に印象的なスペックだ。
  • そして、このような機能は間違いなく多くの熱を生む。
  • 同じようなスペックを持つ他のカメラにはファンが内蔵されているほどだ
  • 例えば、GH6、S1H、EOS R5C、FX3など。
  • それでは、われわれが最初にここで噂し、後にここでリークした画像からもわかるように「X-H2S」には冷却システムが組み込まれていない可能性があるのだろうか?
  • 私がコメントで読んだ第一の推測は、富士フイルムがX-H2Sで提供される2つのバッテリーグリップのうち、より高価なものに何らかの冷却装置を内蔵させるというものだった。
  • しかし、それは間違っている。
  • 実は、富士フイルムから専用のアクティブクーリングアクセサリーが発売される。
  • それはどのように機能するのだろうか?
  • カメラの背面に装着する。つまり、液晶画面を反転させて、カメラの背面に装着すれば、アクティブ冷却が行われる。
  • 賢いですね。
  • つまり「X-H2S」を主にスチル撮影のために購入するのであれば、アクティブクーリングなど気にする必要はないだろう。
  • また、富士フイルムは、大きく、重く、高価なファンを搭載したカメラを無理に買わせることはしない。
  • このソリューションにより、カメラはより安く、よりコンパクトに、そしてより美しく保たれるのだ。
  • しかし、ビデオ撮影が好きな方には、このアクセサリーのオプションがある。必要なときだけ使う(そして代金を払う)。
  • 私の目には、素晴らしいソリューションに映った
  • これにより、X-Hシリーズはスチル撮影者にとっても魅力的であり続け、ビデオ撮影者にとっても素晴らしい選択肢となる。
  • まさに、完璧なハイブリッドカメラだ。

とのこと



FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-H1ブラック X-H1



「X-H2S」は、積層型2600万画素センサーCFexpress Type BとSDカードのデュアルスロットを搭載し、6K動画4K120Pに対応するという噂ですが、確かにこのスペックだと廃熱が気になりますよね。ただカメラ内蔵式のGH6やFX3のようなアクティブ冷却システムは搭載されないという話が上がっていたんですが、冷却システムはオプションアクセサリーとして登場するようですね。すぐ思い浮かんだのは、以前噂に上がった。価格に大きな差があるという2種類の縦位置バッテリーグリップですが、どうやらそれとは別のアクセサリーとなるようですね。ただ、そうなるとこの縦位置バッテリーグリップってどんな2タイプが登場するんですかね。気になりますね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「FUJIFILM」カテゴリの最新記事

FUJIFILM」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+