• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. キヤノンがスマホと合体する「PowerShot ZOOM」のようなカメラを開発中!?キヤノンがスマホと合体する「PowerShot ZOOM」のようなカメラを開発中!?(902views)
  2. リコーイメージングのAPS-Cフラッグシップ機は「PENTAX K-3 Mark III」となった模様。詳細スペックも公開。有効約2573万画素でISO1600000、連写約12コマ/秒、ファインダー倍率は1.05倍。リコーイメージングのAPS-Cフラッグシップ機は「PENTAX K-3 Mark III」となった模様。詳細スペックも公開。有効約2573万画素でISO1600000、連写約12コマ/秒、ファインダー倍率は1.05倍。(839views)
  3. DJIの新型ジンバル「DJI RS2」「DJI RSC2」には、マニュアルレンズをAF化するLiDARスキャナを使った3Dフォーカスシステムのオプションがある模様。DJIの新型ジンバル「DJI RS2」「DJI RSC2」には、マニュアルレンズをAF化するLiDARスキャナを使った3Dフォーカスシステムのオプションがある模様。(596views)
  4. カメラを本体から分離できるスマホ「Vivo IFEA」。カメラを本体から分離できるスマホ「Vivo IFEA」。(510views)
  5. ソニーは次期カメラにAppleの新型A14ZチップとLiDARスキャナを搭載し、コンピュテーショナルフォトグラフィー機能を搭載する!?ソニーは次期カメラにAppleの新型A14ZチップとLiDARスキャナを搭載し、コンピュテーショナルフォトグラフィー機能を搭載する!?(336views)
  6. 富士フイルム「X-T3」の10月28日公開のファームウェアVer. 4.0では、フィルムシミュレーションに「クラシックネガ」が追加される!?富士フイルム「X-T3」の10月28日公開のファームウェアVer. 4.0では、フィルムシミュレーションに「クラシックネガ」が追加される!?(270views)
  7. 「ZEISS ZX1」が10月29日19時頃に正式発表され、価格は噂通り6000ドルの模様。「ZEISS ZX1」が10月29日19時頃に正式発表され、価格は噂通り6000ドルの模様。(244views)
  8. リコーイメージング「PENTAX K-3 Mark III」は、価格20万円台後半を目指している模様。リコーイメージング「PENTAX K-3 Mark III」は、価格20万円台後半を目指している模様。(189views)
  9. ニコンのハイエンド機「Z 8/Z 9」は、5種のプロタイプ機がテストされている!?そのうち3台のスペック情報。ニコンのハイエンド機「Z 8/Z 9」は、5種のプロタイプ機がテストされている!?そのうち3台のスペック情報。(150views)
  10. 富士フイルムの「X-S10」は、一眼レフスタイルのボディになる!?富士フイルムの「X-S10」は、一眼レフスタイルのボディになる!?(79views)
  1. パナソニックはマイクロフォーサーズ機ではVlogger向けに注力していく!?ただし、ハイエンド製品が中心になる!?パナソニックはマイクロフォーサーズ機ではVlogger向けに注力していく!?ただし、ハイエンド製品が中心になる!?(4881views)
  2. ソニーは次期カメラにAppleの新型A14ZチップとLiDARスキャナを搭載し、コンピュテーショナルフォトグラフィー機能を搭載する!?ソニーは次期カメラにAppleの新型A14ZチップとLiDARスキャナを搭載し、コンピュテーショナルフォトグラフィー機能を搭載する!?(4050views)
  3. オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」が海外のオンラインストアにリストアップされている模様。オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」が海外のオンラインストアにリストアップされている模様。(3896views)
  4. 富士フイルム「X-T3」の10月28日公開のファームウェアVer. 4.0では、フィルムシミュレーションに「クラシックネガ」が追加される!?富士フイルム「X-T3」の10月28日公開のファームウェアVer. 4.0では、フィルムシミュレーションに「クラシックネガ」が追加される!?(3370views)
  5. ニコンのハイエンド機「Z 8/Z 9」は、5種のプロタイプ機がテストされている!?そのうち3台のスペック情報。ニコンのハイエンド機「Z 8/Z 9」は、5種のプロタイプ機がテストされている!?そのうち3台のスペック情報。(2899views)
  6. 富士フイルムが登録した未発表デジカメ「FF200003」は、「X-E4」か「新型GFX」!?もしくは「X80」か「X-T40」!?富士フイルムが登録した未発表デジカメ「FF200003」は、「X-E4」か「新型GFX」!?もしくは「X80」か「X-T40」!?(2812views)
  7. ニコンの「NIKKOR Z 85mm f/1.8 S」は、コニカミノルタとの共同開発の可能性が高い模様。ニコンの「NIKKOR Z 85mm f/1.8 S」は、コニカミノルタとの共同開発の可能性が高い模様。(2494views)
  8. ライカが特別限定モデル 「ライカM10-P "Reporter"」を予告。正式発表は2021年1月の模様。ライカが特別限定モデル 「ライカM10-P "Reporter"」を予告。正式発表は2021年1月の模様。(2331views)
  9. キヤノンがスマホと合体する「PowerShot ZOOM」のようなカメラを開発中!?キヤノンがスマホと合体する「PowerShot ZOOM」のようなカメラを開発中!?(1208views)
  10. DJIの新型ジンバル「DJI RS2」「DJI RSC2」には、マニュアルレンズをAF化するLiDARスキャナを使った3Dフォーカスシステムのオプションがある模様。DJIの新型ジンバル「DJI RS2」「DJI RSC2」には、マニュアルレンズをAF化するLiDARスキャナを使った3Dフォーカスシステムのオプションがある模様。(1203views)

【FUJIFILM×マップカメラ】X-Pro2担当者インタビュー : Part 4 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。

https://news.mapcamera.com/maptimes.php?itemid=29412#x_pro08

富士フイルム「フルサイズセンサーの能力が高いことはよく分かっている。だけど、それはやらない。我々が作ろうとしているカメラシステムとは方向性が違う。」

マップカメラさんに、富士フイルム マネージャー 上野隆氏のインタビューが掲載されています。


  • X-Pro1を出した時からずっと「このサイズでフルサイズならいいのにね」と言われている。
  • 私たちがXシリーズをやる時にフルサイズも選ぼうと思えば選べた。
  • 私たちは機動力があり、コンパクトで、スナップ用途で使えるいわゆる「35mmフィルムカメラの世界」を作りたかった。
  • そういう前提で考えると、フルサイズには疑問が湧いた。
  • 確かにフルサイズは大きくポテンシャルも高い、センサーだけ見たら間違えなくAPS-Cより上。
  • しかし、そのセンサーの性能を最大限に引き出すには、レンズが大きくなって重くなる。
  • 重くなったレンズを動かすためには大きなモーターが必要になる。
  • 大きなモーターを動かすには電力を多く使う。バッテリーを大きくしないといけない。
  • 何かを大きくするとそれに要求されるものも雪だるま式に大きくなってしまう。
  • 私たちが作りたかったカメラはそこかというと、違う。
  • 35mmフィルムカメラが持っていた特徴は機動力・画質・趣味性が揃っている。
  • だから35mmフォーマットが流行ったんじゃないかと思う。
  • フィルムでは、様々なフォーマットがあったが、何一つ35mmを越えられていない。
  • そのくらいあのフィルムは完璧だった。でも完璧だったのはフィルムだけじゃない。
  • 35mmフィルムを使うカメラの大きさと性能、機能がひたすらベストバランスだった。
  • フルサイズのデジタルカメラが35mm判から引き継いだのは36×24mmというフォーマットサイズ。
  • そのサイズを引き継ぐことが大事だとはあまり思っていない。
  • 35mmカメラシステムの魅力を引き継ぐのが大事だと思っている。
  • 引き継ごうとしているのはサイズではなく、35mmフィルムカメラの思想。だからこそ選んだのはAPS-Cサイズ。
  • X-Transを使うことによって一回り小さいセンサーサイズでも解像力含めフルサイズセンサーに一方的に負けるようなことはない。
  • 物理的要因で負けるとしたら被写界深度。
  • 被写界深度で負けるのだったら、開放から絶対使える画質のレンズを作ればクリアできる。
  • 仮にフルサイズのレンズで開放から隅々までMTF曲線が真っ直ぐなレンズを作ろうと思ったら巨大なレンズが出来上がる。
  • でも、小型化すると画質に影響が出たり、開放F値が暗くなったりする。
  • そうすると、今度はせっかくのフルサイズの開放のボケ量がAPSと変わらなくなる。
  • 我々は開放から使える明るいレンズを作ってやろうということになった。
  • そうやって理詰めで考えていくと我々にとってメリットがあるのはAPS-Cだった。
  • フィルムと同じようにレンズの入射角が45度を越えてもキチッと光を受け止めてくれるセンサーが世の中に登場したら、昔のフィルムカメラと同じようなサイズのレンズができるかもしれない。
  • そうなったら、また状況が変わるかもしれない。
  • フルサイズセンサーの能力が高いことはよく分かっている。だけど、それはやらない。
  • 我々が作ろうとしているカメラシステムとは方向性が違う。

とのこと



富士フイルム ミラーレス一眼 X-Pro2 ボディ X-Pro2



以前にもフルサイズシステムに否定的な話をしていましたが、やはり現時点では富士フイルムはフルサイズを作る気は無い感じですかね。CP+のインタビューでは中判に否定的な話をしていましたし、しばらくの間は、現状のAPS-Cシステムに注力していく感じなんですかね。確かに今のXシリーズは完成度高いですし、無理にフルサイズや中判のシステムを作る必要はない気がしますねえ。それよりも、小型軽量なレンズや、ティルトシフトや魚眼などの特殊用途のレンズも用意し、さらに隙のないシステムを構築していった方が良いかもですねえ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「FUJIFILM」カテゴリの最新記事

FUJIFILM」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+