• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(10872views)
  2. キヤノンからRFマウントのAPS-C機「EOS R7」「EOS R10」を5月24日に発表する!?「RF-S18-45mm F3.5-5.6」「RF-S18-150mm F3.5-6.3」も一緒に発表!?キヤノンからRFマウントのAPS-C機「EOS R7」「EOS R10」を5月24日に発表する!?「RF-S18-45mm F3.5-5.6」「RF-S18-150mm F3.5-6.3」も一緒に発表!?(10590views)
  3. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(10537views)
  4. キヤノン「EOS R7」が早ければ今年の3月に登場する!?キヤノン「EOS R7」が早ければ今年の3月に登場する!?(9314views)
  5. ニコンのクラシカルデザインのAPS-Cミラーレス機「Z fc」は本日(6月28日)発表される!?ニコンのクラシカルデザインのAPS-Cミラーレス機「Z fc」は本日(6月28日)発表される!?(8402views)
  6. キヤノン「EOS R3」は、やはり東京オリンピックに実戦投入されている模様。キヤノン「EOS R3」は、やはり東京オリンピックに実戦投入されている模様。(8160views)
  7. ソニーが「α7 IV」を正式発表。3300万画素、BIONZ XR、7Kオーバーサンプリング4K動画、バリアングル液晶搭載。静止画と動画のハイブリッドモデル。ソニーが「α7 IV」を正式発表。3300万画素、BIONZ XR、7Kオーバーサンプリング4K動画、バリアングル液晶搭載。静止画と動画のハイブリッドモデル。(7329views)
  8. 東京オリンピックでのニコン「Z 9」目撃写真が再度登場。少なくとも1台がテストされている模様。東京オリンピックでのニコン「Z 9」目撃写真が再度登場。少なくとも1台がテストされている模様。(7069views)
  9. キヤノン「EOS R7」のスペック情報!?3250万画素センサー搭載で連写30コマ/秒!?キヤノン「EOS R7」のスペック情報!?3250万画素センサー搭載で連写30コマ/秒!?(6274views)
  10. 2021年にソニー「α7 IV」は発売されないが代わりにバリエーションモデルが登場する!?あと新しいカムコーダーやマクロGMレンズなども!?2021年にソニー「α7 IV」は発売されないが代わりにバリエーションモデルが登場する!?あと新しいカムコーダーやマクロGMレンズなども!?(5755views)

8K・RAW撮影対応のデジタルシネマカメラ“EOS R5 C”を発売:ニュースリリース|ニュースリリース|企業情報|キヤノンマーケティングジャパングループ

https://canon.jp/corporate/newsrelease/2022/2022-01/pr-eosr5c

キヤノン「EOS R5 C」


  • キヤノンは、映像制作機器「CINEMA EOS SYSTEM」の新製品として、動画と静止画の両方に高性能を求めるユーザー向けに、質量約680gの小型・軽量ボディーと8K・RAW内蔵記録を実現したデジタルシネマカメラ“EOS R5 C”を2022年3月上旬に発売。
  • 「EOS R5 C」は「CINEMA EOS SYSTEM」の動画性能とミラーレスカメラ「EOS R5」を踏襲した高い静止画性能※1を、電源ダイヤルでのモード切り替えにより使い分けることができるデジタルシネマカメラ。
  • 高次元で動画性能と静止画性能の両立を実現したことにより、機動力が求められる報道現場や、シネマライクな画づくりが求められる広告・企業映像制作など、1台で幅広い撮影シーンに対応。

豊富な情報量を持つ8K・RAW動画の内蔵記録を実現

  • 自社開発の有効画素数約4500万画素※2フルサイズCMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC X」の搭載により、8K/30P・RAW動画に加え、外部電源供給による8K/60P・RAW動画※3の内蔵記録を実現。
  • 汎用性の高い「MP4」での8K/30P動画の記録にも対応し、多様な映像制作をサポート。
  • 豊富なデータ量を持つ8Kの有効画素を全画素読み出すことで、オーバーサンプリングによる高画質な4K/4:2:2/10bit動画を生成可能。
  • 新開発の放熱構造と放熱ファンの内蔵により、「EOS R5」と比べて長時間の動画撮影が可能。

柔軟な映像制作をサポートするファイルフォーマットや動画撮影機能

  • RAWの豊富な映像情報を維持しながらデータサイズを軽くすることができる記録フォーマット「Cinema RAW Light」を採用し、外部レコーダーを使用せずに、CFexpressカードへのRAW記録が可能。
  • 放送規格に準拠したキヤノン独自のビデオフォーマット「XF-AVC」にも対応。
  • 柔軟に使い分けることで、多彩なワークフローに対応。
  • スロー撮影時でも滑らかな映像表現を可能にする、最大4K/120Pのハイフレームレート動画の撮影にも対応。

高画質と高速性を両立する「EOS R5」を踏襲した静止画性能

  • 有効画素数約4500万画素の高画質と高速連写を両立。
  • 電子シャッター撮影時は最高約20コマ/秒、メカシャッター/電子先幕撮影時は、最高約12コマ/秒の高速連写※4をそれぞれ実現
  • 動きのある被写体も高画質に撮影することが可能。

  • ※1:ボディー内に手ブレ補正機構を搭載していないため、レンズ側の光学式手ブレ補正機構との協調制御は不可
  • ※2:総画素数約4710万画素。
  • ※3:8K/60P撮影時は、同時期に発売予定のDCカプラー“DR-E6C”(別売り)とコンパクトパワーアダプター “CA-946”(別売り)の併用またはUSB電源アダプター“PD-E1”(別売り)が必要。
  • ※4.:絞りやレンズの種類などの諸条件によって連続撮影速度が変化。

  • 商品名:EOS R5 C
  • 価格:オープン価格
  • 発売日:2022年3月上旬

キヤノン「EOS R5 C」


キヤノン「EOS R5 C」


キヤノン「EOS R5 C」


キヤノン「EOS R5 C」


キヤノン「EOS R5 C」


キヤノン「EOS R5 C」



→キヤノン:映画制作機器 CINEMA EOS SYSTEM|EOS R5 C|概要

とのこと



(Book in BookタイプのB5判、カラー16Pの小冊子(切り離し不可)付き)キヤノン EOS R5 / R6 完全ガイド (インプレスムック DCM MOOK) (日本語) ムック ? 2020/9/29



噂にあがっていた「EOS R5 C」が正式発表されましたね。リークされていた情報通りのスペックでの登場となりましたね。そしてsigma fpやX-T4の用に動画モードと静止画モードの切替が可能となっています。ボディ内手ブレ補正は無いですが基本的にEOS R5と同じ性能のようですね。そしてこのモンスター級の動画スペック。ある意味EOS Rのフラッグシップ機と言っても過言ではないようなカメラに仕上がってますね。ボディは冷却機構のせいでけっこう大型化した感じですが、重さはEOS R5から30gアップで思ったよりも軽量ですね。なお噂では8K60Pが無制限録画可能という話でしたが、公式サイトでは「EOS R5と比べて長時間の動画撮影が可能」という控え目な表現になってますね。これ実際はどうなんですかねえ。なお市場想定売価は税込65万円前後っぽいですね。なんにせよキヤノン本気出してますよねえ。これから登場する「EOS Rのフラッグシップ機(EOS R1?)」は、どんなモンスターカメラになるんだろうか。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+