• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. ソニー「α7 IV」の噂のスペック情報は正しい可能性が高い!?RXシリーズともう1台のカメラの登場も!?ソニー「α7 IV」の噂のスペック情報は正しい可能性が高い!?RXシリーズともう1台のカメラの登場も!?(3655views)
  2. ニコンの新製品噂まとめ【2021年2月】フラッグシップ機とEVF非搭載のZマウントAPS-C機が登場する!?ニコンの新製品噂まとめ【2021年2月】フラッグシップ機とEVF非搭載のZマウントAPS-C機が登場する!?(3109views)
  3. ソニーのプロ向けカムコーダー「FX3」のリーク画像ソニーのプロ向けカムコーダー「FX3」のリーク画像(2388views)
  4. キヤノンのEOS Rフラッグシップ機「EOS R1」には、グローバルシャッターとクアッドピクセルAFが搭載される!?キヤノンのEOS Rフラッグシップ機「EOS R1」には、グローバルシャッターとクアッドピクセルAFが搭載される!?(2289views)
  5. ソニー「α7 IV」は、新開発3000万画素センサー搭載でオーバーヒート無しの4K60P動画記録が可能で今年後半登場する!?ソニー「α7 IV」は、新開発3000万画素センサー搭載でオーバーヒート無しの4K60P動画記録が可能で今年後半登場する!?(2199views)
  6. 一眼レフ・ミラーレスを合わせたフルサイズ機のシェアでソニーがキヤノニコを引き離しトップを独走の模様。フルサイズミラーレスに絞った場合は市場のほぼ半数になる模様。一眼レフ・ミラーレスを合わせたフルサイズ機のシェアでソニーがキヤノニコを引き離しトップを独走の模様。フルサイズミラーレスに絞った場合は市場のほぼ半数になる模様。(1838views)
  7. 2021年には富士フイルムXマウント用のシグマレンズが登場する!?再びシグマが示唆!?2021年には富士フイルムXマウント用のシグマレンズが登場する!?再びシグマが示唆!?(1749views)
  8. ソニーのプロ向けカムコーダー「FX3」の背面画像とスペックのリーク情報。ソニーのプロ向けカムコーダー「FX3」の背面画像とスペックのリーク情報。(1712views)
  9. ソニーが海外認証機関に登録している未発表カメラは現時点5機種の模様。「α7 IV」や「曲面型フルサイズセンサー搭載RXシリーズ」!?ソニーが海外認証機関に登録している未発表カメラは現時点5機種の模様。「α7 IV」や「曲面型フルサイズセンサー搭載RXシリーズ」!?(1697views)
  10. リコーからペンタックス「K-1 Mark II J Limited 01」が近日中に登場。ブラック&ゴールド・ヴィリジアン・スカーレットルージュ・LX75メタリックの4色展開の模様。リコーからペンタックス「K-1 Mark II J Limited 01」が近日中に登場。ブラック&ゴールド・ヴィリジアン・スカーレットルージュ・LX75メタリックの4色展開の模様。(1639views)

【株式会社サイトロンジャパン】極めてディストーションの少ないフルサイズミラーレスカメラ用広角レンズ「LAOWA 14mm F4.0 FF RL Zero-D」発売のお知らせ|株式会社サイトロンジャパンのプレスリリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000007828.html

LAOWA 14mm F4.0 FF RL Zero-D


  • サイトロンジャパンは、Anhui ChangGeng Optical Technology (Venus Optics)社のカメラレンズブランド「LAOWA」の新機種「LAOWA 14mm F4.0 FF RL Zero-D」を2021年1月29日発売。
  • フルサイズミラーレスカメラ用に設計された、焦点距離14mm、画角114°の超広角レンズ。
  • 画角114°の超広角レンズながら、画面の隅々までディストーションを極めて少なく補正。

■発売概要

  • 製品名:「LAOWA 14mm F4.0 FF RL Zero-D」
  • 価格:希望小売価格:オープン価格 市場予想価格:約96,000円(税込)
  • 発売日:2021年1月29日(金)

■製品特長

  • 極めて少ないディストーション:2枚の非球面レンズと3枚の特殊低分散(ED)レンズの採用により、画面の隅々までディストーションを極めて少なく補正。さらに、色収差を最小限に抑制。
  • 超広角な画角114°:114°もの超広角な画角にもかかわらず、極めて優れたシャープな画像を提供。極めて広い画角により、新たな写真表現が可能。
  • 52mm径フィルタースレッド:超広角レンズながら52mm径のフィルタースレッドを装備しているため、市販の各種フィルターを直接装着することが可能。フィルターワークによる美しい写真を撮影が可能。フィルターホルダーの持ち運びが不要なので、撮影機材を最小限に減らしたい方にも最適。
  • 超コンパクトかつ軽量:フルサイズ対応ながら、全長59mm※1、重さわずか228g※1と小型軽量、携行に最適なレンズ。
  • 美しい10点の光芒:5枚の絞り羽根により、美しい10点の光芒が生成。

LAOWA 14mm F4.0 FF RL Zero-D



■主な仕様

  • フォーマット:フルサイズ
  • 焦点距離:14mm
  • 絞り範囲(F値):F4.0 - F22
  • 画角:114°
  • レンズ構成:9群13枚(非球面レンズ2枚、EDレンズ3枚)
  • 絞り羽根枚数:5枚
  • 最短合焦距離:27cm
  • 最大倍率:0.07倍
  • フォーカシング:MF
  • フィルタースレッド:52mm
  • 寸法:Φ58mm×59mm※1
  • 質量:約228g※1
  • マウント:Leica M, Sony FE, Nikon Z, Canon RF
  • ※1:マウントにより異なる。
  • ※製品仕様は改良などにより予告なく変更する場合がある

とのこと



【国内正規品】 LAOWA 単焦点 広角レンズ 7.5㎜ F/2 MFT マイクロフォーサーズ用 LAO0022



ちょっとF値は暗いですがフルサイズ用としてコンパクトに仕上がってますね。スペック的にはフォクトレンダー「SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III」あたりがライバルになりそうですね。どんな写りをするのか、期待したいですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Canon」カテゴリの最新記事

キヤノンのレンズ固定式フルサイズカメラ用レンズ「15-45mm F4.6-8」の特許 キヤノンがレンズ固定式フルサイズ機を開発中!?「PowerShot G1 X Mark IV」!?
キヤノン「EOS R5」「EOS R6」 ヨドバシの2月上期デジタル一眼販売ランキング。1月下期に続き「EOS R5」「EOS R6」がワンツーフィニッシュ。「EOS R5」は2020年12月下期から4連続トップの模様。
キヤノンの「Osmo Pro/Raw」に似たグリップ一体型レンズ交換式カメラの特許 キヤノンのグリップ一体型レンズ交換式Vlogカメラの新たな特許がまた見つかった模様。
キヤノンの視線入力AFの特許 キヤノンが視線入力AFを復活させる!?
RF キヤノンの新レンズ「RF18-45mm F4-5.6 IS STM」「RF24mm F1.8 MACRO IS STM」「RF100-400mm F5.6-7.1 IS USM」は発表が大幅に遅れる!?
RFレンズ キヤノンが「RF24mm F1.4 L USM」「RF35mm F1.8 STM」「RF28mm F1.8 STM」「RF24mm F1.8 STM」「RF50mm F1.4 L USM(RF50mm F1.4 STM?)」を開発中!?
フルサイズミラーレス用沈胴式ズームレンズ「RF24-100mm F4-7.3」 キヤノンがフルサイズミラーレス用沈胴式ズームレンズ「RF24-100mm F4-7.3」を開発中!?
キヤノンのグリップ一体型レンズ交換式カメラの特許 キヤノンから新たな方向性の「EOS M」が2021年に登場する!?
キヤノン「EOS R5」「EOS R6」 キヤノンはCP+2021に向けて大きな新製品発表は行わない!?
ソニー 一眼レフ・ミラーレスを合わせたフルサイズ機のシェアでソニーがキヤノニコを引き離しトップを独走の模様。フルサイズミラーレスに絞った場合は市場のほぼ半数になる模様。
ソニー Eマウント ヨドバシの1月上期の交換レンズ販売ランキング。ランキング1位~7位までEマウント用レンズだった模様。
キヤノン「EOS R5」「EOS R6」 キヤノン「EOS R5」「EOS R6」のファームウェアアップデートが2021年2月に登場する!?

Canon, Leica, Nikon, Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+