• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. ソニー「α7 IV」の噂のスペック情報は正しい可能性が高い!?RXシリーズともう1台のカメラの登場も!?ソニー「α7 IV」の噂のスペック情報は正しい可能性が高い!?RXシリーズともう1台のカメラの登場も!?(3655views)
  2. ニコンの新製品噂まとめ【2021年2月】フラッグシップ機とEVF非搭載のZマウントAPS-C機が登場する!?ニコンの新製品噂まとめ【2021年2月】フラッグシップ機とEVF非搭載のZマウントAPS-C機が登場する!?(3109views)
  3. ソニーのプロ向けカムコーダー「FX3」のリーク画像ソニーのプロ向けカムコーダー「FX3」のリーク画像(2388views)
  4. キヤノンのEOS Rフラッグシップ機「EOS R1」には、グローバルシャッターとクアッドピクセルAFが搭載される!?キヤノンのEOS Rフラッグシップ機「EOS R1」には、グローバルシャッターとクアッドピクセルAFが搭載される!?(2284views)
  5. ソニー「α7 IV」は、新開発3000万画素センサー搭載でオーバーヒート無しの4K60P動画記録が可能で今年後半登場する!?ソニー「α7 IV」は、新開発3000万画素センサー搭載でオーバーヒート無しの4K60P動画記録が可能で今年後半登場する!?(2199views)
  6. 一眼レフ・ミラーレスを合わせたフルサイズ機のシェアでソニーがキヤノニコを引き離しトップを独走の模様。フルサイズミラーレスに絞った場合は市場のほぼ半数になる模様。一眼レフ・ミラーレスを合わせたフルサイズ機のシェアでソニーがキヤノニコを引き離しトップを独走の模様。フルサイズミラーレスに絞った場合は市場のほぼ半数になる模様。(1838views)
  7. 2021年には富士フイルムXマウント用のシグマレンズが登場する!?再びシグマが示唆!?2021年には富士フイルムXマウント用のシグマレンズが登場する!?再びシグマが示唆!?(1740views)
  8. ソニーのプロ向けカムコーダー「FX3」の背面画像とスペックのリーク情報。ソニーのプロ向けカムコーダー「FX3」の背面画像とスペックのリーク情報。(1712views)
  9. ソニーが海外認証機関に登録している未発表カメラは現時点5機種の模様。「α7 IV」や「曲面型フルサイズセンサー搭載RXシリーズ」!?ソニーが海外認証機関に登録している未発表カメラは現時点5機種の模様。「α7 IV」や「曲面型フルサイズセンサー搭載RXシリーズ」!?(1697views)
  10. リコーからペンタックス「K-1 Mark II J Limited 01」が近日中に登場。ブラック&ゴールド・ヴィリジアン・スカーレットルージュ・LX75メタリックの4色展開の模様。リコーからペンタックス「K-1 Mark II J Limited 01」が近日中に登場。ブラック&ゴールド・ヴィリジアン・スカーレットルージュ・LX75メタリックの4色展開の模様。(1639views)

ソニー、12本目のG Masterレンズ「FE 35mm F1.4 GM」。税別19.8万円 - デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1299993.html

FE 35mm F1.4 GM

デジカメ Watchに、ソニーのフルサイズミラーレス用レンズ「FE 35mm F1.4 GM」発表のニュースが掲載されています。


  • ソニーは、Eマウント交換レンズ「FE 35mm F1.4 GM」(SEL35F14GM)を2月12日に発売。
  • 希望小売価格は税別19万8,530円。
  • G Masterシリーズの12本目。小型と高画質の両立で支持を得たという「FE 24mm F1.4 GM」と同じコンセプトを受け継いでいる。
  • レンズ構成は10群14枚。2枚のXA(extreme aspherical)レンズにより、画面全域で高い解像性能を実現。
  • EDガラスを用いるなどの工夫で色収差やパープルフリンジを抑えた。
  • ボケ描写に関しては、輪線ボケの低減と11枚羽根の円形絞りを採用した点が特徴。
  • AF駆動は、XDリニアモーター2基を使用。
  • フォーカシングによる全長変化のないインナーフォーカス式。
  • MF時のフォーカシング操作は「リニア・レスポンスMF」。
  • 逆光や内面反射の対策として「ナノARコーティングII」採用。
  • レンズ最前面はメンテナンス性に配慮したフッ素コーティング。
  • 鏡筒は防塵防滴に配慮した設計。
  • 絞りリングのクリックは、鏡筒側面のスイッチでオンオフ可能。
  • 任意の機能をカメラ側から設定できるフォーカスホールドボタン
  • AF/MFをレンズ側で切り替えられるフォーカスモードスイッチ
  • 最短撮影距離0.27m。最大撮影倍率0.23倍。
  • APS-C機に装着した場合の画角は、35mm判換算52.5mm相当。
  • 最大径×長さ76×96mm。重量約524g。フィルター径67mm。
  • レンズフード(ALC-SH164)が付属。
  • ソニー製Eマウントレンズにおいて、35mm F1.4のスペックは「Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA」(2015年発売。最大径×78.5×112.0mm・約630g)に続く2本目。
  • 鏡筒のサイズと重量は、FE 24mm F1.4 GMとDistagon T* FE 35mm F1.4 ZAの中間。

→焦点距離35mm フルサイズ対応の大口径広角単焦点レンズ Gマスター(TM) 『FE 35mm F1.4 GM』 発売| プレスリリース | ソニー

→SEL35F14GM | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

とのこと



Introducing FE 35mm F1.4 GM | Sony | Lens



ソニーEマウントレンズ完全レビューブック (玄光社MOOK PHOTO YODOBASHI SHOOTING REPORT) (日本語) ムック ? 2018/5/17



リークされていた「FE 35mm F1.4 GM」が、正式発表されましたね。噂通りに「FE 24mm F1.4 GM」と同じコンセプトで小型で高性能なレンズに仕上がっているようですね。同スペックの「Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA」は、ソニーストアで198,530円+税なんで、ほぼ同価格ですが「FE 35mm F1.4 GM」の方が最新のXAレンズで小型軽量に仕上がってるので魅力的には見えますね。どんな差があるのか、各所での比較レビューが楽しみですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+