• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

富士フイルム、換算27mm相当となる「XF18mmF1.4 R LM WR」を5月に発売 - デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1317381.html

富士フイルム「XF18mmF1.4 R LM WR」

デジカメ Watchに、富士フイルムの「XF18mmF1.4 R LM WR」正式発表のニュースが掲載されています。


  • 富士フイルムは4月15日、「フジノンレンズ XF18mmF1.4 R LM WR」を発表。
  • 発売日は5月27日の予定、希望小売価格14万4,100円(税込)。
  • 焦点距離18mmの単焦点レンズ(35mm判換算時の画角は27mm相当、開放F値はF1.4)。
  • 2020年10月15日にライブ配信された「X Summit OMIYA 2020」で予告されていた製品。
  • 画質を最優先に設計開発が進められていることが報じられていた。
  • 発売時期を1年後とアナウンスしていたことから、早期での製品化が実現された。
  • 自然な遠近感をいかした風景撮影や日常のスナップなど様々なシーンで活用できるレンズ。
  • 約11cmの最短撮影距離によりテーブルフォトにも対応、汎用性にも優れる1本。
  • 光学系は非球面レンズ3枚とEDレンズ1枚を含む9群15枚で構成。
  • 画質最優先の設計というコンセプトどおり色収差などの諸収差を抑制。
  • XFレンズシリーズ中最高クラスの解像性能を実現。
  • フォーカス駆動にはリニアモーターを採用。
  • レンズ中間部分から後方配置の比較的軽量なレンズ群を動かすインナーフォーカス方式。
  • 高速かつ静粛な駆動を実現。フォーカス駆動を感じさせない動作も特徴のひとつ。
  • 絞りリングには、GFXシリーズ用レンズで採用されている「Aポジションロック」搭載。
  • Xシリーズ用レンズとしては、XF10-24mmF4 R OIS WRやXF27mmF2.8 R WRに次いでの採用。
  • 鏡筒には金属素材を採用。強度を保ちながら質量は370gと軽量化も実現。
  • シーリング処理で防塵防滴対応。-10度の耐低温設計。
  • レンズ全長65.6mmでフィルター径62mm。質量約370g。
  • 製品にはプラスチック製のフードが付属。
  • 別売のアクセサリーとして、アルミ削り出しの角型フードも希望小売価格1万1,000円(税込)でラインアップ。

→「フジノンレンズ XF18mmF1.4 R LM WR」新発売 | 富士フイルム [日本]

→フジノンレンズ XF18mmF1.4 R LM WR | Lenses | 富士フイルム Xシリーズ

とのこと



FUJINON XF18mmF1.4 R LM WR Promotional Video/ FUJIFILM





FUJIFILM フジノンレンズ XF 18mm F2 R [並行輸入品]



リーク情報通りに富士フイルム「XF18mmF1.4 R LM WR」が、発表されましたね。コンセプトが画質最優先の設計で、XFレンズシリーズ中最高クラスの解像性能を実現と、富士フイルムとしては、このレンズにかなり自信があるようですね。あと、画質最優先といいつつも、リニアモーターだったりAポジションロックや金属素材で強度を保ちながら軽量化など、画質以外も十分にチカラが入っているようです。「XF18mmF1.4 R LM WR」よさそうですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「FUJIFILM」カテゴリの最新記事

FUJIFILM」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+