• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

Fujifilm Manager: "APS-C Limit is Not 26 Megapixel. Fujifilm GFX100 will Amaze You. AI Within 3 Years. Shooting Style Over Specs" - Fuji Rumors

https://www.fujirumors.com/fujifilm-manager-aps-c-limit-is-not-26-megapixel-fujifilm-gfx100-will-amaze-you-ai-within-3-years-shooting-style-over-specs/

Fuji Rumorsが、Pixel Villageの富士フイルム マネージャーへのインタビュー動画のまとめを掲載しています。


APS-CとFF

  • フルサイズとは対照的にAPS-Cで、システムの全体的なコストは低くなる。
  • 富士フイルムはフルサイズへ進む予定はない。
  • APS-Cは2600万画素を超える可能性を秘めている。
  • 富士フイルムはより高画素化する「チャンス」を探しているが、画素数がすべてではない。富士フイルムは、ダイナミックレンジ、ISO感度、そして全体的な画質にも注目している。
  • 画質はセンサーの大きさだけでなくレンスによっても決まる
  • フルサイズレンズはより大きく、より重くそしてより高価になる。
  • APS-Cレンズはより小さく、十分に軽く、そしてより手頃な価格だ。

GFXシステム

  • 現在の44×33 GFXセンサーは、最高の画質を提供するのに十分すぎるほどだ。
  • もっと大きなセンサーでカメラを作る必要はない。
  • 画質に関してはほとんど利点がなく、サイズ、重量、およびコストに関しては大きなマイナス面がある。
  • 現在のGFXセンサーはフルサイズより70%大きい
  • GFレンズと組み合わせたGFX 100の画質に驚くことだろう。

フィルム写真

  • 富士フイルムはフィルムの生産を続けるが、いつか商業上の決定を下す必要がある。
  • フィルム写真は今少し戻ってきている。

AI

  • 3年後には、AI(人工知能またはコンピューター写真)が写真の重要な部分になるだろう。
  • AIは管理も制御もしないが、より簡単な方法で写真家がより良い画像を撮るのを助ける。

とのこと



FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T3レンズキット シルバー X-T3LK-S



富士フイルムは前々から、「X-Transを使うことによって一回り小さいセンサーサイズでも解像力含めフルサイズセンサーに一方的に負けるようなことはない。フルサイズセンサーの能力が高いことは分かっているが我々が作ろうとしているカメラシステムとは方向性が違う。」や、「フルサイズセンサーの能力を発揮しようとすると、レンズはとても大きく重い設計になり、富士フイルムが目指すものとは異なる。」とか、スペインのイベントでX-T3とフルサイズ機と比較したりと、一貫してフルサイズには否定的でしたが、各社がフルサイズミラーレス機へ参入した今もその考えは変わっていないようですね。まあ、画質優先ならGFXシリーズがありますしね。そして、APS-Cで2600万画素以上の高画素化を考えているようですね。以前SamsungのNX1が2820万画素裏面照射型APS-Cセンサー積んでましたしソニーの3200万画素APS-Cセンサーの話もありましたからね。近い将来に高画素なAPS-Cセンサーは出てきそうではありますよね。どのメーカーが最初にAPS-Cの高画素機を出すんですかねえ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「FUJIFILM」カテゴリの最新記事

FUJIFILM」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+