• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(10872views)
  2. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(10537views)
  3. キヤノンからRFマウントのAPS-C機「EOS R7」「EOS R10」を5月24日に発表する!?「RF-S18-45mm F3.5-5.6」「RF-S18-150mm F3.5-6.3」も一緒に発表!?キヤノンからRFマウントのAPS-C機「EOS R7」「EOS R10」を5月24日に発表する!?「RF-S18-45mm F3.5-5.6」「RF-S18-150mm F3.5-6.3」も一緒に発表!?(10441views)
  4. キヤノン「EOS R7」が早ければ今年の3月に登場する!?キヤノン「EOS R7」が早ければ今年の3月に登場する!?(9314views)
  5. ニコンのクラシカルデザインのAPS-Cミラーレス機「Z fc」は本日(6月28日)発表される!?ニコンのクラシカルデザインのAPS-Cミラーレス機「Z fc」は本日(6月28日)発表される!?(8402views)
  6. キヤノン「EOS R3」は、やはり東京オリンピックに実戦投入されている模様。キヤノン「EOS R3」は、やはり東京オリンピックに実戦投入されている模様。(8160views)
  7. ソニーが「α7 IV」を正式発表。3300万画素、BIONZ XR、7Kオーバーサンプリング4K動画、バリアングル液晶搭載。静止画と動画のハイブリッドモデル。ソニーが「α7 IV」を正式発表。3300万画素、BIONZ XR、7Kオーバーサンプリング4K動画、バリアングル液晶搭載。静止画と動画のハイブリッドモデル。(7329views)
  8. 東京オリンピックでのニコン「Z 9」目撃写真が再度登場。少なくとも1台がテストされている模様。東京オリンピックでのニコン「Z 9」目撃写真が再度登場。少なくとも1台がテストされている模様。(7069views)
  9. キヤノン「EOS R7」のスペック情報!?3250万画素センサー搭載で連写30コマ/秒!?キヤノン「EOS R7」のスペック情報!?3250万画素センサー搭載で連写30コマ/秒!?(6157views)
  10. 2021年にソニー「α7 IV」は発売されないが代わりにバリエーションモデルが登場する!?あと新しいカムコーダーやマクロGMレンズなども!?2021年にソニー「α7 IV」は発売されないが代わりにバリエーションモデルが登場する!?あと新しいカムコーダーやマクロGMレンズなども!?(5755views)

[PY] フォトヨドバシ ZEISS Batis 2/25 インプレッション | photo.yodobashi.com |

http://photo.yodobashi.com/gear/sony/lens/czbatis2520.html

ZEISS Batis 2/25 レビュー

フォトヨドバシさんに、ソニー Eマウント フルサイズ用レンズ「ZEISS Batis 2/25」のレビューが掲載されています。


  • 25mm広角レンズだが歪曲は極めて少なく、画面の隅々まで乱れることなく結像。解像感あふれる描写は痛快。
  • 開放値はF2スタートの明るいレンズ。被写体に寄れば背景をぼかすこともでき、表現の幅が広いのも特徴。
  • カメラボディに対応すべく防塵防滴仕様を取り入れているあたりも嬉しい。
  • 最短、開放での撮影。レンズの粗が出やすいが、とんと見当たらない。
  • むしろ薄いピント面の中で繰り広げられている質感溢れる描写に圧倒されるばかり。
  • 開放からなかなかの切れ味を見せるが、硬くなりすぎないところがいい。
  • ボケは量感をともなっており、ボケ自体にも立体感を感じることができる。
  • 逆光耐性も気になるところ。さすがに真っ昼間の太陽を入れるとフレアが出る。
  • とはいえ画全体の雰囲気を壊すようなものではなく、むしろ日差しの強さまでもがきちんと伝わってくる。
  • AFは機敏にかつ静かに反応。屋外ということもあるが、動作音は静かというよりも、無音なレベル。
  • コントラストが高いのに階調も豊か。相反するファクターを両立させているのはさすがツァイス。
  • 微妙な光量差を逃さず、豊かな階調で表現している。
  • 広角ながら隅々まできっちり解像。リッチなトーンとヌケのいい描写で文句なし。隅々まで実によく写るレンズ。
  • 開放からあまりにもきりっと結像する。大抵のシーンであればF4辺りまで絞り込めばもう十分という印象。
  • 気持ちいいほどに解像感たっぷりの撮像だが、決して硬くなることが無い。
  • 近くの被写体にピントを合わせれば豊かなボケを添えることができる。
  • 撮影時のAFは大変小気味よい。もちろんMFにも対応。
  • ほどほどの重量感がありホールドもしやすい鏡胴は、ハイエンドレンズのOtusレンズさながらの仕上げ。
  • 使っているそばからしっかりとした「質」が伝わってくる造り込み。そのすべてがカールツァイス・クオリティ。
  • プロユースのお眼鏡にかなう1本であることはもちろん。
  • ソニーフルサイズ一眼が気になっている人にもぜひこのレンズを広く知って欲しいとつくづく感じた。
  • 大自然から都会まで、身を置いた場所で見たものや気になったものを、みずみずしく持って帰ってくることができるレンズ。

とのこと



Carl Zeiss DISTAGON T2/25 ZF2マウント



マップカメラさんの方でもレビューがあがっていたZEISS Batis 2/25ですが、こちらのレビューでも高評価のようです。元記事の最短、開放での木の葉の写真、α7Rのローパスレスなせいもあるかもですが、素晴らしい写りですね。この写真を見ただけでも、Batis 2/25が欲しくなってしまいそうです。AFなツァイスというだけで貴重なレンズではありますが、この写りなら申し分ないですねえ。質感もOtus並みということなので、いいかもですねえ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony, ZEISS」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+