• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(6891views)
  2. キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。(2502views)
  3. キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?(2212views)
  4. Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」(2102views)
  5. 「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?(1516views)
  6. キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?(995views)
  7. ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。(807views)
  8. ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?(803views)
  9. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(708views)
  10. 「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。(706views)

Let's speculate specs and release time for the new Sony A7IV. Will it be a "Mini-A7sIII" ? - sonyalpharumors

https://www.sonyalpharumors.com/lets-speculate-specs-and-release-time-for-the-new-sony-a7iv-will-it-be-a-mini-a7siii/

α7 IV

sonyalpharumorsに、ソニーのα7 III後継機「α7 IV」の噂が掲載されています。


  • 新しいα7 IVは革命的なカメラではないと確信している。
  • 私はこれが一種のミニα7S IIIになることを期待している。

リリース時期

  • キヤノンとパナソニックは、2,000ドルから2,500ドルの新しい素晴らしいカメラをリリースした。
  • しかし信頼できるソースによると、α7 IVの発表は2021年後半の予定だという(正確な期間はまだ明らかにされていない)。

想定されるスペック

  • 2400万画素センサー(3000万画素センサーのバージョンも考えられるが、今のところ2400万画素の可能性が高いと思う)
  • 4K60P
  • 576万ドットEVF(α7R IVと同じだが、α7S IIIほど良くない)
  • α7S IIIと同じAFシステム
  • デュアルSDスロット(新しいExpress miniカードは必要ない)
  • バリアングル自撮りスクリーン
  • α7S IIIの新メニューシステム
  • α7S IIIで得たレイアウトと人間工学に基づいた改善は、すべて期待できる。

とのこと



ソニー ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3



先日も「α7 IV」は2021年第3四半期に登場するという噂が上がっていましたが、その可能性が高くなった感じですかね。ミニα7S IIIという話が出てますが、最近は動画系の需要が高いので、「α7 IV」も動画を強く意識したカメラになる可能性は高いですよね。「α7S III」には手が届かない、もしくはオーバースペックなユーザーに向けたエントリー動画機になるかもですね。期待したいですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+