• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(6588views)
  2. Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」(3379views)
  3. キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。(2348views)
  4. 「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?(1516views)
  5. キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?(1504views)
  6. 「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。(1049views)
  7. キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?(995views)
  8. ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?(702views)
  9. ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。(688views)
  10. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(647views)

交換レンズ百景:1本で飽きずに楽しめる標準マクロレンズ――パナソニック「LUMIX G MACRO 30mm」 - ITmedia デジカメプラス

http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1507/23/news153.html

パナソニック LUMIX G MACRO 30mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S. レビュー

ITmedia デジカメプラスに、パナソニック「LUMIX G MACRO 30mm / F2.8 ASPH. / MEGA O.I.S.」のレビューが掲載。


  • マイクロフォーサーズの焦点距離が短い標準マクロとしては本レンズが初。
  • 最短の撮影距離は10.5cm。最大撮影倍率は等倍(35ミリ換算で2倍)対応。
  • 等倍撮影時のワーキングディスタンスは2.3cm程度。
  • 対象物のすぐ手前まで近寄って撮影できることが特徴。
  • レンズの全長は約63.5mm。質量は約180g。
  • 持ち運びの負担は少なく、取り回しは良好。
  • 外装はブラックの樹脂素材。チープな印象はなくシンプルなデザインで高品位な雰囲気。
  • AFはスピーディに作動。インナーフォーカスで、レンズ全長の変化はない。
  • マニュアルフォーカスには適度なトルク。操作感はまずまず。
  • 距離目盛りはない。光学式手ブレ補正内蔵。オン/オフの切り替えはカメラ側。
  • 写りは絞り開放値からシャープネスが高く、キレ味の鋭い描写。
  • 開放値での周辺減光はややあるが、各種の収差は目立たないように低減。
  • 比較的コンパクトで、標準ズームとセットで持ち歩いても苦にならない。
  • 撮影領域を広げる1本として、幅広くお勧め。

とのこと



Panasonic マイクロフォーサーズ用 30mm F2.8 単焦点 マクロレンズ LUMIX G MACRO ASPH./MEGA O.I.S. ブラック H-HS030



作例を見るとなかなか切れ味のいい解像感ですねえ。ボケ味も悪くないですし、マクロじゃなく普通に標準単焦点としても使えるので、このレンズ1本持って出かけるの悪くないかもなあ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Panasonic」カテゴリの最新記事

Panasonic」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+