• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

ニコン、Zマウント初のPFレンズ採用「NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S」。受注販売・97万円 - デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1400805.html

ニコンのZマウントレンズ「NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S」

デジカメ Watchに、ニコンのZマウントレンズ「NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S」正式発表のニュースが掲載されています。


  • ニコンは、Zマウント交換レンズ「NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S」を4月22日に発売。
  • 希望小売価格税込97万3,500円。受注販売で4月8日10時に予約受付を開始。
  • 一眼レフカメラ用のFマウントレンズでも採用例のあるPF(位相フレネル)レンズを用いて小型軽量とした超望遠レンズ。
  • 手持ち撮影など高い機動力の実現を特徴とし、野鳥・野生動物といった遠くの被写体の迫力ある映像を撮りたいユーザーに向ける。
  • 1.4倍・2倍のテレコンバーターも装着可能。
  • PFレンズを使わず一般的な光学系を採用したFマウントレンズ「AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR」と比べ、重量は約半分(約4,590g→約2,385g)、全長は約16%短い約385mm。
  • 重心位置もカメラボディ寄りに改善、重さを感じにくく、流し撮り時などに狙った位置でレンズを止めやすい。
  • 本レンズはNIKKOR Zの中でも高い基準を満たす「S-Line」に属す。
  • 性能面ではFマウントの「AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR」に匹敵する解像感を持つ。
  • EDレンズ・SRレンズの採用により、軸上色収差も抑制。
  • レンズ構成14群22枚(EDレンズ3枚、SRレンズ1枚、PFレンズ1枚、ナノクリスタルコート/最前面にフッ素コート)。
  • 最短撮影距離5.0m。絞り羽根9枚。最小絞りF32。フィルター組み込み式46mm。
  • 手ブレ補正はレンズ単体で5.0段分。
  • 「Z 9」との組み合わせではシンクロVRにより、補正効果が5.5段分まで向上。
  • AF駆動にはSTM使用。静粛性にも優れ、静けさが求められるシーンでもAF時や動画撮影時のレンズ駆動音などが入りにくい。
  • 鏡筒側面には、対物側から順にL-Fn2ボタン(左右上下4箇所)、コントロールリング、フォーカスリング、L-Fnボタンを配置。
  • レンズにピント位置を記憶させる「メモリーリコール」機能にも対応(発売時点ではZ 9/Z 7II/Z 6IIのみ)。
  • フォーカス制御は「FULL」(∞~5m)と「∞~10m」の2段切り換え。
  • 最大径×全長約140×385mm。重量約2,385g。
  • レンズフードは、片手で着脱可能なロック機構を持つ「HB-104」同梱。

→Nikon | ニュース | 報道資料:「ニコン Z マウントシステム」対応の超望遠単焦点レンズ「NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S」を発売

→NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S - 概要 | NIKKORレンズ | ニコンイメージング

とのこと



Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR フルサイズ対応



「NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S」がリーク情報通りに正式発表されましたね。噂通りに「AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR」の半分の重さで、価格も半分となっていますね。1段暗くはありますが、解像感など性能面ではひけをとらないようです。これは、なかなかに革新的なレンズが登場した感じしますよね。これを受けてキヤノンやソニーがどうするのか、今後の展開が楽しみですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Nikon」カテゴリの最新記事

Nikon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+