• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

ニコンがZマウントレンズの開発予定を公表、非「S-Line」の製品も | マイナビニュース

https://news.mynavi.jp/article/20191010-907953/

ニコンがニコンZマウント用レンズの新ロードマップを発表。多くの「非S-Line」が登場する模様。

マイナビニュースに、ニコンの新しいZマウント用レンズロードマップ発表のニュースが掲載されています。


  • ニコンはニコンZマウント用交換レンズの新しいロードマップを発表。
  • フルサイズ対応レンズは、待望の超望遠ズームレンズやマクロレンズをラインアップ。
  • APS-Cモデル「Z50」対応のDXレンズは、高倍率タイプの18-140mmの開発を表明。
  • 高画質タイプ「S-Line」ではない通常タイプの交換レンズも初めて名を連ね、交換レンズの低価格化が期待できる。

今回、新たに開発を発表したレンズ

  • FXレンズ:28mm
  • FXレンズ:40mm
  • FXレンズ:60mmマクロ
  • FXレンズ:105mmマクロ(S-Line)
  • FXレンズ:24-105mm(S-Line)
  • FXレンズ:24-200mm
  • FXレンズ:100-400mm(S-Line)
  • FXレンズ:200-600mm
  • DXレンズ:18-140mm

とのこと



Nikon 単焦点レンズ NIKKOR Z 50mm f/1.8S Zマウント フルサイズ対応 Sライン



おお、かなりの非S-Lineのレンズが登場するようですね。待望のマクロや超望遠ズームも登場するので、これが一通り揃ったらネイティブZレンズは結構充実しますね。2021年までに揃う感じのようですが、どういうタイミングでどのレンズが出てくるんですかね。あとは価格どうなるのか気になる所ですねえ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Nikon」カテゴリの最新記事

Nikon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+