• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

4,730万画素・5軸手ブレ補正搭載のLマウント機「ライカSL2」 - デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1216736.html

ライカSL2

デジカメ Watchに、ライカのフルサイズミラーレス機ライカSL後継機「ライカSL2」発表のニュースが掲載されています。


  • ライカは「ライカSL2」を11月末に発売。希望小売価格は税別81万円。
  • 有効4,730万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載するLマウントミラーレス。
  • 2015年10月に発表された同社初のフルサイズミラーレス機「ライカSL」の後継。
  • 新たにボディ内5軸手ブレ補正機構(補正効果5.5段)を搭載。
  • レンズ内に手ブレ補正機構を持たないSLレンズほか、アダプター経由で装着したライカMレンズでも効果が得られる。
  • イメージセンサーを1/2画素ずつ動かして8枚を連写合成する「マルチショット」機能により、1億8,700万画素相当の記録も可能。
  • イメージセンサーは引き続き光学ローパスフィルターレス構造。
  • 感度オート範囲ISO 100-50000(手動設定ではISO 50も選択可能)。
  • 画像処理エンジンMAESTRO III。ダイナミックレンジは従来の12段から14段に拡大。
  • ライカSLは35mmフルサイズの2,400万画素CMOSセンサーとMAESTRO IIを搭載していた。
  • シャッター速度はメカシャッターが30分~1/8,000秒。電子シャッターが1秒~1/40,000秒。
  • シンクロ速度最高1/250秒。連写速度はAF/AE追従で最高6コマ/秒。
  • AF/AE固定の連写はメカ10コマ/秒、電子20コマ/秒まで。
  • 動画記録5K 29.97fps、C4K 59.94fps、4K 59.94fps、FHD 180fpsなどを選択可能。
  • SDカード8bitもしくは10bitで記録可能。10bitのHDMI出力が可能。
  • HDMI端子(Aタイプ)や3.5mmのステレオ音声入力/出力端子を備える。
  • AFモードに「人認識」が追加。画面内に人間の顔が入ると黄色い枠が表示される。
  • 人間が後ろ向きで顔を検出できなくても、人間の体と思われる被写体を自動認識してAF枠を重ねる機能がある。
  • 「AFプロファイル」という設定項目では「野生動物」「子供/ペット」「チームスポーツ」「ランナー」の4つのプリセットを用意。シーンに適したAF挙動を選べる。
  • 背面モニターまわりの操作系が、ライカM10やライカQ2に通じるシンプルな3ボタンに変更。
  • 左上から「PLAY」「FN」「MENU」と並ぶ。カメラ内のメニュー画面構成も一新。
  • 電源スイッチや上面のボタン/ダイヤル配置、背面右手側のジョイスティックおよびEVFわきのボタン位置はライカSLと同じ。
  • マウント側のFnボタンは1つから2つに増加。
  • 外装素材はアルミとマグネシウム。SLレンズ装着時の防滴性能はIEC規格のIP54に準拠。
  • 別売でマルチファンクションハンドグリップも用意。
  • 記録メディアはSDXC/SDHC/SDに対応。SDダブルスロットで両方ともUHS-II対応。
  • バッファー容量4GB。連続撮影可能枚数DNG78枚、JPEG100枚まで。
  • ファインダーは576万ドットの有機EL(ライカSLは440万ドット液晶)。
  • 0.78倍アイポイント21mm。フレームレート60fpsと120fpsを選べる。
  • 液晶モニター3.2型210万ドットのタッチパネル式。
  • 本体上部には設定表示用の1.28型モノクロ液晶パネルも備える。
  • 背面のダイヤル(クリックホイール)を押し込むと露出モードを変更可能。
  • バッテリーはライカSL/ライカQ2と同じ「BP-SCL4」。撮影可能枚数は約370枚。
  • USB Type-C端子から充電および給電(本体にバッテリーが装着されている時のみ)可能。
  • 通信機能はWi-Fi/Bluetoothを装備。スマートフォンの「Leica FOTOS」アプリと連動。
  • 同アプリはライカSL2やiPadOSに対応したバージョン2.0を11月21日に公開予定。
  • サブスクリプション形式の有料版「Leica FOTOS Pro」では、Adobe Lightroom CCとの連携機能も備える。
  • 外形寸法146×107×42mm。重量約835g(本体のみ)。

→ライカSL2 // ライカSLシステム // フォトグラフィー - Leica Camera AG

とのこと



ライカ ライカ SL(Typ 601)【ボディ(レンズ別売)】



リーク情報通りにライカSL2が発表されましたね。高画素化されボディ内手ブレ補正も搭載し、イマドキのハイエンドミラーレスっぽいスペックでの登場となりました。AFモードの「人認識」はちょっと面白いですね。後ろ姿でも人認識するんですね。あと動物や子供も自動認識するっぽいですが、これがリーク情報にあった「Object Detection AF」ですかね。価格はライカSLよりスペックアップしたけど抑えられてる感じですかね。とは言っても簡単には手が出ない価格ですけどね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Leica」カテゴリの最新記事

海外の認証機関 10月以降に発表されたカメラの認証機関でのコード一覧。ニコンZ 50やソニー α9II、富士フイルムX-Pro3など。
24-70mm F2.8 DG DN | Art シグマがフルサイズミラーレス専用に設計した「24-70mm F2.8 DG DN | Art」を開発発表
ライカSL後継機「ライカSL2」とパナソニック「LUMIX S PRO 70-200mm F2.8 O.I.S.」と「LUMIX S PRO 16-35mm F4」が今週発表される!? ライカSL後継機「ライカSL2」とパナソニック「LUMIX S PRO 70-200mm F2.8 O.I.S.」と「LUMIX S PRO 16-35mm F4」が今週発表される!?
デジタルカメラグランプリ2020 デジタルカメラグランプリ2020発表。総合金賞はニコンZ 50、パナソニックLUMIX S1R、ソニーα7R IV、キヤノン 90D。
ライカM10M ライカM10モノクローム「ライカM10M」は4089万画素になる!?発表は2020年!?
ライカSL2 ライカSL後継機「ライカSL2」は、4700万画素CMOSセンサーでボディ内手ブレ補正搭載の模様。
ライカSL2 ライカSL後継機「ライカSL2」は11月6日に発表される!?
ライカSL2 ライカSL後継機「ライカSL2」はボディ内手ブレ補正を搭載!?LUMIX S1Rと同じEVFを搭載!?
今週、「ライカ SL2」、キヤノンの「RF70-200mm F2.8 L IS USM」「RF85mm F1.2 L USM DS」、富士フイルム「X-Pro3」、「ツァイス ZX1」、タムロン「20mm F/2.8 Di III OSD M1:2」「24mm F/2.8 Di III OSD M1:2」「35mm F/2.8 Di III OSD M1:2」「70-180mm F/2.8 Di III VC VXD」は発表される模様。シグマとソニーから新製品も!? 今週、「ライカ SL2」、キヤノンの「RF70-200mm F2.8 L IS USM」「RF85mm F1.2 L USM DS」、富士フイルム「X-Pro3」、「ツァイス ZX1」、タムロン「20mm F/2.8 Di III OSD M1:2」「24mm F/2.8 Di III OSD M1:2」「35mm F/2.8 Di III OSD M1:2」「70-180mm F/2.8 Di III VC VXD」は発表される模様。シグマとソニーから新製品も!?
ライカSL2 ライカ公式アカウントがライカSL後継機「ライカSL2」の画像をアップした模様。
ライカ ライカが未発表のデジカメコード「6376」を海外認証機関に登録した模様。
フォトキナ2020 フォトキナ2020に、ライカ、ニコン、オリンパスは出展しない模様。

Leica」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+