• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(6700views)
  2. キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。(2412views)
  3. Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」(2005views)
  4. キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?(1923views)
  5. 「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?(1523views)
  6. キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?(995views)
  7. ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。(750views)
  8. ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?(746views)
  9. 「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。(706views)
  10. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(660views)

Fujifilm Announcement September 2: What We Expect (Fujifilm GFX50SII and More) and What Not - Fuji Rumors

https://www.fujirumors.com/fujifilm-announcement-september-2-what-we-expect-fujifilm-gfx50sii-and-more-and-what-not/

富士フイルムが9月2日に発表するのは「GFX 50S MKII」と「GF35-70mmF4.5-5.6」!?

Fuji Rumorsに、富士フイルムの9月2日の大きな発表の噂が掲載されています。


  • FujiRumorsは9月2日に発表があると伝えている。
  • 驚くべきことに、多くのFujiRumors読者は、何が起こるのだろうと考えた。
  • 9月2日に何が起こるのか、9月2日に何が登場するのか、何が登場しないのかをまとめ。

何が登場するのか?

  • 私たちが確信できることは次のとおりだ。
  • GFX 50 SII
  • GF35-70mmF4.5-5.6
  • この2つについて言えば、FujiRumorsがすでにスペックをリークしているので、驚きは少ないだろう。

起こり得ること

  • しかし、まだ何かあるかもしれない。
  • 噂されていた2021/2022のタイムラインを見てみたが、2021年に向けて噂されていたいくつかの製品がまだあるようだ。
  • XF33mmF1.4:富士フイルムが9月2日をGFXの純粋な発表の場とし、XF33mmF1.4を後で別個に発表して適切な注目度を与えようとするか、それとも一度に発表するのか不明である。

登場しないもの

  • 富士フイルムのX-H2について、あなたが混乱している理由は理解できる。
  • つまり、これほど多くのカメラに関するデマを読んだことはめったにない。
  • しかし、FujiRumorsは最初から一貫している。
  • 他の人がX-Hシリーズが廃止されると主張しても、我々は常に「X-H2」があると伝え、他の人が2020年に登場すると主張し、2020年が終わると2021年と言っても、我々は常にそれは長く待つことになるといつも言っていた。
  • 真実はこうだ。「X-H2」は2022年に登場する。
  • また、多くの人からXF150-600mmが9月2日に登場するのかと聞かれたが、あれは2022年に予定されていると聞いているので、9月2日に発表されたとしたら驚きだ。

とのこと



FUJIFILM フジノン GFレンズ GF110MMF2 R LM WR



先日、噂の上がった、富士フイルムの9月2日の大きな発表ですが、まあ噂サイト見ている方なら誰もがこの「GFX 50S MKII」「GF35-70mmF4.5-5.6」の低価格中判コンビと思いますよね。あと、発表の可能性がある製品として「XF33mmF1.4」が上がってますね。これは、XF150-600mm、XF23mmF1.4 MKII、XF56mmF1.2 MKIIなどと一緒に噂が出ていましたよね。これは今回のGFX系の発表とは別けた方が良さそうな気もしますが、どうなるんですかね。あとまだ発表されないという「X-H2」は最近の噂では、8K動画対応で2,500ドル以下になるなんて噂も上がってました。まあ、発表は来年なので、まだどうなるのかわかりませんが期待したいですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「FUJIFILM」カテゴリの最新記事

FUJIFILM」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+