• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

コシナ、VMマウント / ソニーEマウント向けの「APO-LANTHAR 35mm F2 Aspherical」 | マイナビニュース

https://news.mynavi.jp/article/20210215-1733957/


マイナビニュースに、コシナのフォクトレンダー「APO-LANTHAR 35mm F2 Aspherical (VM・E-mount)」発表のニュースが掲載されています。


  • コシナは「Voigtlander(フォクトレンダー)」のVMマウント向けの「APO-LANTHAR 35mm F2 Aspherical VM」と、ソニーEマウント向けの「APO-LANTHAR 35mm F2 Aspherical E-mount」を発表。
  • いずれも希望小売価格は120,000円(税別)
  • VMマウントが3月発売予定、Eマウントが4月発売予定。
  • 両製品ともに、同社レンズの中で特に高性能な製品にのみ与えられる称号「APO-LANTHER」を冠する35mm F2の交換レンズ製品。
  • アポクロマート設計の採用で軸上色収差など各種収差を徹底的に排除。
  • 解像力やコントラスト再現性に関しても究極の性能を追求。
  • フォーカス方式はマニュアルフォーカス。
  • フローティング機構によって最短撮影距離から遠景まで破綻のない描写力を発揮。
  • 鏡筒は総金属製、マウント部には電子接点を搭載してexif記録に対応。
  • 開放絞り、F2.8、F5.6、F16で円形になる特殊形状の絞り羽根を12枚内蔵。
  • Eマウント用とVMマウント用ではマウント部だけではなく外観や設計が一部異なっている。

APO-LANTHAR 35mm F2 Aspherical VM

APO-LANTHAR 35mm F2 Aspherical VM

  • レンズ構成:9群11枚(非球面×2、異常部分分散ガラス×5)
  • 絞り羽根:12枚
  • 絞り値:F2~F16
  • 最短撮影距離:0.5m
  • 最大径×全長:55.6×58.1mm
  • 重さ:304g

APO-LANTHAR 35mm F2 Aspherical E-mount

APO-LANTHAR 35mm F2 Aspherical E-mount

  • レンズ構成:9群11枚(非球面×2、異常部分分散ガラス×5)
  • 絞り羽根:12枚
  • 絞り値:F2~F16
  • 最短撮影距離:0.35m
  • 最大径×全長:62.6×67.3mm
  • 重さ:352g

→E-35mm F2

→vm-Apo35mm F2

とのこと



コシナ 233072 Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount



噂通りに「ULTRON Vintage Line 35mm F2 Aspherical Type II VM」と一緒に、「APO-LANTHAR 35mm F2 Aspherical」が登場しましたね。APO-LANTHARはフォクトレンダーの最高品質レンズ銘で、いままでのAPO-LANTHARも評価は高いので今回の35mmも期待できそうですね。しかしAPO-LANTHARも110mm F2.565mm F250mm F2とかなりラインナップが充実してきましたね。次のAPO-LANTHARは24mmあたりの広角か85mmあたりの中望遠とかですかね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Leica」カテゴリの最新記事

Leica, Sony, Voigtlaender」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+