• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. キヤノン「EOS R1」の背面画像が登場。スペック情報や「EOS R3」との比較など。キヤノン「EOS R1」の背面画像が登場。スペック情報や「EOS R3」との比較など。(14090views)
  2. キヤノン「EOS R1」がF1モナコGPで目撃された模様。キヤノン「EOS R1」がF1モナコGPで目撃された模様。(13986views)
  3. シグマが「壮大な」「これまで誰もやろうとしなかった」レンズを発表する!?シグマが「壮大な」「これまで誰もやろうとしなかった」レンズを発表する!?(12802views)
  4. キヤノンの新製品の噂まとめ。「EOS R5 Mark II」「EOS R6 Mark III」「EOS C70 Mark II」「RF70-200mm F2.8 L IS USM Z」「RF24mm F1.4 L VCM」「RF50mm F1.4 L VCM」など。キヤノンの新製品の噂まとめ。「EOS R5 Mark II」「EOS R6 Mark III」「EOS C70 Mark II」「RF70-200mm F2.8 L IS USM Z」「RF24mm F1.4 L VCM」「RF50mm F1.4 L VCM」など。(12021views)
  5. キヤノンの新製品の噂。「EOS R1」「EOS R5 Mark II」「EOS R6 Mark III」「レンズ固定式アナモフィックカメラ」「RF14-35mm F2.8 L IS USM Z」「RF24-70mm F2 L USM」「RF24mm F1.4 L ハイブリッド」「RF35mm F1.4 L ハイブリッド」「RF50mm F1.4 Lハイブリッド」「RF70-200mm F2.8 L IS USM Z(インナーズーム)」「RF200-500mm F4 L IS USM」「RF可変テレコンバーター」など。キヤノンの新製品の噂。「EOS R1」「EOS R5 Mark II」「EOS R6 Mark III」「レンズ固定式アナモフィックカメラ」「RF14-35mm F2.8 L IS USM Z」「RF24-70mm F2 L USM」「RF24mm F1.4 L ハイブリッド」「RF35mm F1.4 L ハイブリッド」「RF50mm F1.4 Lハイブリッド」「RF70-200mm F2.8 L IS USM Z(インナーズーム)」「RF200-500mm F4 L IS USM」「RF可変テレコンバーター」など。(11769views)
  6. ニコンが5月29日にイベントを行う模様。「Z 6III」が発表される!?ニコンが5月29日にイベントを行う模様。「Z 6III」が発表される!?(11309views)
  7. キヤノンから「エキサイティングなEOS R」が登場する!?EOS R3のセンサーの別バージョンを搭載した機種!?キヤノンから「エキサイティングなEOS R」が登場する!?EOS R3のセンサーの別バージョンを搭載した機種!?(11145views)
  8. キヤノン「EOS R5 Mark II」のスペック情報!?5月に発表される!?キヤノン「EOS R5 Mark II」のスペック情報!?5月に発表される!?(10080views)
  9. ニコン「Z 6III」最新の噂。「Z 6III」は、このカテゴリーで最高のカメラになる!?ニコン「Z 6III」最新の噂。「Z 6III」は、このカテゴリーで最高のカメラになる!?(9743views)
  10. キヤノン「EOS R5 Mark II」の噂のスペック情報が更新。「EOS R3」のスマートコントローラーは搭載されない!?キヤノン「EOS R5 Mark II」の噂のスペック情報が更新。「EOS R3」のスマートコントローラーは搭載されない!?(7736views)
  1. キヤノンが5月に「EOS R1」を開発発表し、「EOS R5 Mark II」ともう一機種「EOS R6 Mark III」を発表する!?キヤノンが5月に「EOS R1」を開発発表し、「EOS R5 Mark II」ともう一機種「EOS R6 Mark III」を発表する!?(24940views)
  2. キヤノン「EOS R5 Mark II」は4500万画素を維持する!?さらに「EOS R5 Mark II」と「EOS R1」には史上初のAI機能が搭載される!?キヤノン「EOS R5 Mark II」は4500万画素を維持する!?さらに「EOS R5 Mark II」と「EOS R1」には史上初のAI機能が搭載される!?(20357views)
  3. キヤノンが来月「EOS R1」と「EOS R5 Mark II」と「RF35mm F1.4 L USM」を発表する!?キヤノンが来月「EOS R1」と「EOS R5 Mark II」と「RF35mm F1.4 L USM」を発表する!?(15544views)
  4. ソニーが「写真史上初の他社が作ったことのない超大口径レンズ」を発表する!?ソニーが「写真史上初の他社が作ったことのない超大口径レンズ」を発表する!?(14609views)
  5. キヤノンの新製品の噂。「EOS R1」「EOS R5 Mark II」「EOS R6 Mark III」「レンズ固定式アナモフィックカメラ」「RF14-35mm F2.8 L IS USM Z」「RF24-70mm F2 L USM」「RF24mm F1.4 L ハイブリッド」「RF35mm F1.4 L ハイブリッド」「RF50mm F1.4 Lハイブリッド」「RF70-200mm F2.8 L IS USM Z(インナーズーム)」「RF200-500mm F4 L IS USM」「RF可変テレコンバーター」など。キヤノンの新製品の噂。「EOS R1」「EOS R5 Mark II」「EOS R6 Mark III」「レンズ固定式アナモフィックカメラ」「RF14-35mm F2.8 L IS USM Z」「RF24-70mm F2 L USM」「RF24mm F1.4 L ハイブリッド」「RF35mm F1.4 L ハイブリッド」「RF50mm F1.4 Lハイブリッド」「RF70-200mm F2.8 L IS USM Z(インナーズーム)」「RF200-500mm F4 L IS USM」「RF可変テレコンバーター」など。(14234views)
  6. キヤノン「EOS R1」の背面画像が登場。スペック情報や「EOS R3」との比較など。キヤノン「EOS R1」の背面画像が登場。スペック情報や「EOS R3」との比較など。(14090views)
  7. キヤノン「EOS R1」がF1モナコGPで目撃された模様。キヤノン「EOS R1」がF1モナコGPで目撃された模様。(13986views)
  8. ニコン「Z6 III」の良いソースからの新たなスペック情報。ニコン「Z6 III」の良いソースからの新たなスペック情報。(13615views)
  9. CP+2024でニコンから登場するのは、「Z 6III」「未知のカメラ」「NIKKOR Z 35mm f/1.2 S」「NIKKOR Z 28-400mm f/3.5-6.3」!?CP+2024でニコンから登場するのは、「Z 6III」「未知のカメラ」「NIKKOR Z 35mm f/1.2 S」「NIKKOR Z 28-400mm f/3.5-6.3」!?(13296views)
  10. ヤシカとI'm Backから 「史上最小のレンズ交換式ミラーレスカメラ」が登場する模様。ヤシカとI'm Backから 「史上最小のレンズ交換式ミラーレスカメラ」が登場する模様。(13285views)

当サイトでは広告による収益を受けています

リコー、4色カラバリ+軽量化の360度カメラ「THETA SC」。3万円台前半 - AV Watch

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1024532.html

RICOH THETA SC

AV Watchに、リコーのTHETAシリーズの新型スタンダードモデル「THETA SC」発表のニュースが掲載されています。


  • リコーは、「RICOH THETA SC」を10月28日より発売。
  • 価格はオープンプライス、店頭予想価格は3万円台前半(税込)。
  • カラーはベージュ、ホワイト、ブルー、ピンク。
  • THETA SCは「THETA(シータ)」の新モデル。
  • 軽量化やカラーバリエーション展開により、360度カメラをより手軽に。
  • 「毎日持ち歩くパーソナルツール」としての楽しさを訴求するスタンダードモデル。
  • 基本性能は'15年発売の上位モデル「THETA S」(実売42,800円)を継承。
  • 重量は約102gに軽量化(THETA Sは約125g)。
  • 外形寸法は130.6×45.2×22.9mm(縦×横×厚さ)で、横幅がTHETA Sの33mmより広がっている。
  • 動画撮影時間がTHETA Sの25分からTHETA SCでは5分に短縮。HDMIマイクロ端子が省かれた。
  • F2.0大口径小型二眼屈曲光学系、1/2.3型1,200万画素イメージセンサー。
  • 出力画素で約1,400万画素の全天球動画・静止画を撮影可能。
  • 設定は、Wi-Fi接続したスマートフォンから行なえる。
  • THETA SCではアプリを一新し、より直感的な操作が行なえるインターフェイスを採用。
  • アプリでライブビューし、THETAの写真撮影が可能。表示方式は全画面(360度)とパノラマの2つ。
  • 撮影した全天球画像は、専用Webサイト「theta360.com」にアップロード(動画は5MBまで)
  • FacebookやTwitter、TumblrなどのSNSで共有可能。
  • GoogleマップやGoogle+、YouTubeの360度チャンネルへの投稿も行なえる。
  • 動画はフルHDの1,920×1,080ドット(記録時)の30fpsに対応、ビットレートは16Mbps。
  • 合成後で最長5分(THETA Sは最長25分)の撮影が可能。
  • 1,280×720ドット/15fps/6Mbpsのモードも用意。形式はMPEG-4 AVC/H.264(MP4:音声はAAC)。
  • 編集アプリ「THETA+ Video」により、撮影した画像の編集も可能。
  • THETA+ Videoの対応OSは、Android 4.4以降と、iOS 8.0以降。
  • 静止画は、露出補正やISO感度、シャッタースピード、WBのマニュアル設定にも対応。
  • シャッタースピード最高1/8,000秒、ISO感度は静止画、動画とも最高1600に対応。
  • 記録メディアは本体メモリで容量8GB。
  • セルフタイマー撮影、インターバル撮影にも対応。
  • 電源はリチウムイオン、バッテリ持続時間は静止画約260枚。充電はUSB経由。
  • IPX7相当の防水性能を備えたハードタイプのケース「TH-2」も10月28日に発売。
  • 価格はオープンプライス。底面には三脚座を備え、様々なカメラアクセサリに装着可能。
  • THETA SCほか歴代THETAシリーズに対応。

→ワンショットで全天球イメージを撮影できる360°カメラ「RICOH THETA SC」を新発売|RICOH IMAGING

→製品紹介 | RICOH THETA

とのこと



RICOH デジタルカメラ RICOH THETA SC (ピンク)



リーク情報通りに「RICOH THETA SC」が登場しましたね。カラバリがm15に比べてシックな色合いになったのは個人的には嬉しいですね。防水ケースも発売されたので、より様々なシーンで360度撮影を楽しめそうですね。あとスマホアプリが一新したとのことで、どう変わったのか気になるところです。しかし、結局「Delta S」はSCのことだったんですかねえ。それとも別の機種なのかなあ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「RICOH」カテゴリの最新記事

RICOH」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG Privacy Policy SITEMAP RSS Twitter Facebook