• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. キヤノン「EOS R1」の背面画像が登場。スペック情報や「EOS R3」との比較など。キヤノン「EOS R1」の背面画像が登場。スペック情報や「EOS R3」との比較など。(14090views)
  2. キヤノン「EOS R1」がF1モナコGPで目撃された模様。キヤノン「EOS R1」がF1モナコGPで目撃された模様。(13986views)
  3. キヤノンの新製品の噂。「EOS R1」「EOS R5 Mark II」「EOS R6 Mark III」「レンズ固定式アナモフィックカメラ」「RF14-35mm F2.8 L IS USM Z」「RF24-70mm F2 L USM」「RF24mm F1.4 L ハイブリッド」「RF35mm F1.4 L ハイブリッド」「RF50mm F1.4 Lハイブリッド」「RF70-200mm F2.8 L IS USM Z(インナーズーム)」「RF200-500mm F4 L IS USM」「RF可変テレコンバーター」など。キヤノンの新製品の噂。「EOS R1」「EOS R5 Mark II」「EOS R6 Mark III」「レンズ固定式アナモフィックカメラ」「RF14-35mm F2.8 L IS USM Z」「RF24-70mm F2 L USM」「RF24mm F1.4 L ハイブリッド」「RF35mm F1.4 L ハイブリッド」「RF50mm F1.4 Lハイブリッド」「RF70-200mm F2.8 L IS USM Z(インナーズーム)」「RF200-500mm F4 L IS USM」「RF可変テレコンバーター」など。(13336views)
  4. シグマが「壮大な」「これまで誰もやろうとしなかった」レンズを発表する!?シグマが「壮大な」「これまで誰もやろうとしなかった」レンズを発表する!?(12802views)
  5. ニコンが5月29日にイベントを行う模様。「Z 6III」が発表される!?ニコンが5月29日にイベントを行う模様。「Z 6III」が発表される!?(11671views)
  6. キヤノンから「エキサイティングなEOS R」が登場する!?EOS R3のセンサーの別バージョンを搭載した機種!?キヤノンから「エキサイティングなEOS R」が登場する!?EOS R3のセンサーの別バージョンを搭載した機種!?(11118views)
  7. キヤノンの新製品の噂まとめ。「EOS R5 Mark II」「EOS R6 Mark III」「EOS C70 Mark II」「RF70-200mm F2.8 L IS USM Z」「RF24mm F1.4 L VCM」「RF50mm F1.4 L VCM」など。キヤノンの新製品の噂まとめ。「EOS R5 Mark II」「EOS R6 Mark III」「EOS C70 Mark II」「RF70-200mm F2.8 L IS USM Z」「RF24mm F1.4 L VCM」「RF50mm F1.4 L VCM」など。(10970views)
  8. キヤノン「EOS R5 Mark II」のスペック情報!?5月に発表される!?キヤノン「EOS R5 Mark II」のスペック情報!?5月に発表される!?(10023views)
  9. ニコン「Z 6III」最新の噂。「Z 6III」は、このカテゴリーで最高のカメラになる!?ニコン「Z 6III」最新の噂。「Z 6III」は、このカテゴリーで最高のカメラになる!?(9222views)
  10. キヤノン「EOS R5 Mark II」の噂のスペック情報が更新。「EOS R3」のスマートコントローラーは搭載されない!?キヤノン「EOS R5 Mark II」の噂のスペック情報が更新。「EOS R3」のスマートコントローラーは搭載されない!?(7736views)
  1. キヤノンが5月に「EOS R1」を開発発表し、「EOS R5 Mark II」ともう一機種「EOS R6 Mark III」を発表する!?キヤノンが5月に「EOS R1」を開発発表し、「EOS R5 Mark II」ともう一機種「EOS R6 Mark III」を発表する!?(24940views)
  2. キヤノン「EOS R5 Mark II」は4500万画素を維持する!?さらに「EOS R5 Mark II」と「EOS R1」には史上初のAI機能が搭載される!?キヤノン「EOS R5 Mark II」は4500万画素を維持する!?さらに「EOS R5 Mark II」と「EOS R1」には史上初のAI機能が搭載される!?(20357views)
  3. キヤノンが来月「EOS R1」と「EOS R5 Mark II」と「RF35mm F1.4 L USM」を発表する!?キヤノンが来月「EOS R1」と「EOS R5 Mark II」と「RF35mm F1.4 L USM」を発表する!?(15544views)
  4. ソニーが「写真史上初の他社が作ったことのない超大口径レンズ」を発表する!?ソニーが「写真史上初の他社が作ったことのない超大口径レンズ」を発表する!?(14609views)
  5. キヤノンの新製品の噂。「EOS R1」「EOS R5 Mark II」「EOS R6 Mark III」「レンズ固定式アナモフィックカメラ」「RF14-35mm F2.8 L IS USM Z」「RF24-70mm F2 L USM」「RF24mm F1.4 L ハイブリッド」「RF35mm F1.4 L ハイブリッド」「RF50mm F1.4 Lハイブリッド」「RF70-200mm F2.8 L IS USM Z(インナーズーム)」「RF200-500mm F4 L IS USM」「RF可変テレコンバーター」など。キヤノンの新製品の噂。「EOS R1」「EOS R5 Mark II」「EOS R6 Mark III」「レンズ固定式アナモフィックカメラ」「RF14-35mm F2.8 L IS USM Z」「RF24-70mm F2 L USM」「RF24mm F1.4 L ハイブリッド」「RF35mm F1.4 L ハイブリッド」「RF50mm F1.4 Lハイブリッド」「RF70-200mm F2.8 L IS USM Z(インナーズーム)」「RF200-500mm F4 L IS USM」「RF可変テレコンバーター」など。(14234views)
  6. キヤノン「EOS R1」の背面画像が登場。スペック情報や「EOS R3」との比較など。キヤノン「EOS R1」の背面画像が登場。スペック情報や「EOS R3」との比較など。(14090views)
  7. キヤノン「EOS R1」がF1モナコGPで目撃された模様。キヤノン「EOS R1」がF1モナコGPで目撃された模様。(13986views)
  8. ニコン「Z6 III」の良いソースからの新たなスペック情報。ニコン「Z6 III」の良いソースからの新たなスペック情報。(13485views)
  9. CP+2024でニコンから登場するのは、「Z 6III」「未知のカメラ」「NIKKOR Z 35mm f/1.2 S」「NIKKOR Z 28-400mm f/3.5-6.3」!?CP+2024でニコンから登場するのは、「Z 6III」「未知のカメラ」「NIKKOR Z 35mm f/1.2 S」「NIKKOR Z 28-400mm f/3.5-6.3」!?(13296views)
  10. ヤシカとI'm Backから 「史上最小のレンズ交換式ミラーレスカメラ」が登場する模様。ヤシカとI'm Backから 「史上最小のレンズ交換式ミラーレスカメラ」が登場する模様。(13285views)

当サイトでは広告による収益を受けています

パナソニック、マイクロフォーサーズの動画フラグシップ「LUMIX GH7」 - デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1597685.html

LUMIX GH7

デジカメ Watchに、パナソニックGH6後継機「LUMIX GH7」正式発表のニュースが掲載されています。


  • パナソニックは「LUMIX GH7」を7月26日(金)に発売。
  • 価格オープン。店頭予想価格(税込)はボディ単体が27万4,200円前後
  • 「LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S.」を同梱するレンズキットが34万7,500円前後。
  • 2022年3月に発売した「LUMIX GH6」の後継機。
  • LUMIX Gシリーズの静止画フラグシップが「G9PROII」であるのに対して、本機は“動画フラグシップ”であると位置づける。
  • 動画RAWデータの内部記録や音声の32bitフロート録音、Adobe Frame.ioへの接続に対応するなど、映像制作におけるワークフロー向上に貢献する機能を多く搭載。
  • イメージセンサーは有効約2,520万画素の裏面照射型CMOSを採用。従来機のLive MOSセンサーから刷新。
  • 画像生成時に暗部・明部の画像を1つに合成して豊かな階調を得る「ダイナミックレンジブースト」機能を引き続き搭載。
  • 同機能利用時のベース感度が従来機のISO 2000からISO 500に拡張。
  • G9PROIIと、フルサイズ機のLUMIX S5II/S5IIXに採用された像面位相差AFを本機にも搭載。
  • それに伴いリアルタイム認識AFが向上、とくに動体追従、複数人数、逆光、低照度、点光源、商品紹介といった撮影シーンでの性能が進化。
  • 被写体認識AFは、従来の「人体」「動物」「車/バイク」に加えて、「列車/飛行機」を追加。
  • さらに「被写体の部位設定」にも対応。例えばレーシングカーを撮影する際に、ピントをドライバーのヘルメットに合わせるのか、あるいは車のフロント部に合わせるのかといった、特定部位を指定する機能。
  • 5軸ボディ内手ブレ補正は最大果7.5段分の補正効果(LEICA DG 12-60mmの望遠端)。
  • 対応レンズと協調するDual I.S.2も同じく7.5段分(G VARIO 14-140mm IIの望遠端)。
  • 加えて、動画撮影時にはブーストI.S.、アクティブI.S.、E.I.S.も利用可能。
  • 約1億画素の「手持ちハイレゾ」や、ライカの絵作りの思想を取り入れた「LEICA モノクローム」も搭載。
  • 動画機能では、5.7K 30p Apple ProRes 422 HQやApple ProRes RAW HQのカメラ内記録に対応(最大5.7K/60p)。
  • CFexpress Type Bカードを利用すれば、設定条件により記録時間が無制限。
  • また、低ビットレートのプロキシファイルも同時記録が可能。
  • カメラ本体でLUTを適用できる「リアルタイムLUT」機能も搭載。
  • 6月20日(木)発売のフルサイズ機「LUMIX S9」と同様に、フォトスタイルとの重ね付けや、より細かいパラメーター設定にも対応。
  • 新スマートフォンアプリ「LUMIX Lab」とも連携可能。
  • 音声収録については、レンズ交換式デジタルカメラとして世界初という、カメラ内への32bitフロート録音に対応。
  • 同日に発売するXLR マイクロホンアダプター「DMW-XLR2」(税込5万5,400円前後)をカメラに装着、外部マイクによって収音した場合に利用可能。
  • Adobeのクラウドサービス「Frame.io Camera to Cloud」への接続に対応。
  • これにより現場で撮影しながらも、離れた場所にいる編集者に静止画/動画を転送可能。制作ワークフローが向上。
  • そのほか、無線/有線によるライブストリーミングにも対応。
  • ボディ内には空冷ファンを搭載。
  • 熱源となるイメージセンサー、画像処理エンジン、メモリーカードに対して、熱伝導率の高いグラファイトシートやTIM(サーマルインターフェースマテリアル)を配し、排熱効率を高めた。
  • 背面モニター3.0型・184万ドットのチルト&フリーアングル式。
  • HDMIやUSBケーブルを接続した状態でも、干渉せずにモニターを確認可能。
  • EVF368万ドットOELD。視野率100%、倍率0.8倍(35㎜判換算)。アイポイント21mm。
  • メモリーカードスロット、CFexpress Type BカードとSD UHS-IIカード(V90対応)のデュアルタイプ。
  • 外形寸法138.4×100.3×99.6mm。質量約805g(バッテリー、SDカード1枚含む)。

→ミラーレス一眼カメラ LUMIX DC-GH7 発売 | 個人向け商品 | 製品・サービス | プレスリリース | Panasonic Newsroom Japan : パナソニック ニュースルーム ジャパン

→概要 デジタル一眼カメラ DC-GH7 | デジタルカメラ(ルミックス) | Panasonic

とのこと



パナソニック ルミックス ミラーレス一眼カメラ ルミックス GF6 ボディ ホワイト DMC-GF6-W



噂に上がり続けていたGH6後継機「LUMIX GH7」が登場しましたね。全面的に大きくスペックアップしたカメラに仕上がってますが、価格は27万4,200円前後と先代「GH6」の登場時の価格26万3,000円前後から、1万強に抑えたのは凄いですね。最近では各メーカーとも新機種が大きな価格アップすることが多いですが、パナソニックはがんばってますね。そして「LUMIX GH7」の実際の使い勝手はどうなのか、今後の各所での実機レビューに期待ですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Panasonic」カテゴリの最新記事

Panasonic」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG Privacy Policy SITEMAP RSS Twitter Facebook