• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(10872views)
  2. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(10537views)
  3. キヤノンからRFマウントのAPS-C機「EOS R7」「EOS R10」を5月24日に発表する!?「RF-S18-45mm F3.5-5.6」「RF-S18-150mm F3.5-6.3」も一緒に発表!?キヤノンからRFマウントのAPS-C機「EOS R7」「EOS R10」を5月24日に発表する!?「RF-S18-45mm F3.5-5.6」「RF-S18-150mm F3.5-6.3」も一緒に発表!?(10441views)
  4. キヤノン「EOS R7」が早ければ今年の3月に登場する!?キヤノン「EOS R7」が早ければ今年の3月に登場する!?(9314views)
  5. ニコンのクラシカルデザインのAPS-Cミラーレス機「Z fc」は本日(6月28日)発表される!?ニコンのクラシカルデザインのAPS-Cミラーレス機「Z fc」は本日(6月28日)発表される!?(8402views)
  6. キヤノン「EOS R3」は、やはり東京オリンピックに実戦投入されている模様。キヤノン「EOS R3」は、やはり東京オリンピックに実戦投入されている模様。(8160views)
  7. ソニーが「α7 IV」を正式発表。3300万画素、BIONZ XR、7Kオーバーサンプリング4K動画、バリアングル液晶搭載。静止画と動画のハイブリッドモデル。ソニーが「α7 IV」を正式発表。3300万画素、BIONZ XR、7Kオーバーサンプリング4K動画、バリアングル液晶搭載。静止画と動画のハイブリッドモデル。(7329views)
  8. 東京オリンピックでのニコン「Z 9」目撃写真が再度登場。少なくとも1台がテストされている模様。東京オリンピックでのニコン「Z 9」目撃写真が再度登場。少なくとも1台がテストされている模様。(7069views)
  9. キヤノン「EOS R7」のスペック情報!?3250万画素センサー搭載で連写30コマ/秒!?キヤノン「EOS R7」のスペック情報!?3250万画素センサー搭載で連写30コマ/秒!?(6157views)
  10. 2021年にソニー「α7 IV」は発売されないが代わりにバリエーションモデルが登場する!?あと新しいカムコーダーやマクロGMレンズなども!?2021年にソニー「α7 IV」は発売されないが代わりにバリエーションモデルが登場する!?あと新しいカムコーダーやマクロGMレンズなども!?(5755views)

人気モデル「VINTAGE LENS AUTOMATIC II」からダークメタルモデルが登場。12月13日(金)発売!|マーサインターナショナル株式会社のプレスリリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000060.000023718.html

VINTAGE LENS AUTOMATICII

マーサインターナショナルは、デザインウォッチ・ブランド「TACS(タックス)」の新商品、「VINTAGE LENS AUTOMATIC II」の新モデルを2019年12月13日(金)に発売。


  • TACS(タックス)の中でも人気モデルの「VINTAGE LENS AUTOMATICII」から、重厚感と存在感を合わせもつダークメタルモデルを発売。
  • IP加工を施したガンメタルボディーは既存モデルとはまた違い、重厚さと高級感がさらに増し、大人の遊び心をくすぐるデザインに仕上げた。
  • インデックスや針にはスーパールミノバを搭載。
  • 雰囲気の異なるレザーストラップと数量限定100個にてメタルストラップを用意。
  • 前モデル同様、ダイアルは本物のレンズを彷彿させる4層のレイヤー仕上げを施し、赤をポイントで入れることで、よりリアルに再現。
  • ベゼルとリューズはクラシカルに仕上げるために、アヤ目のローレットと呼ばれる刻みを入れ、精度感と高級感を演出し、ケースサイドには、シリアルナンバーを刻印。

VINTAGE LENS AUTOMATICII



【スペック】

  • ムーブメント:オートマティック(日本製)
  • ケース素材:ステンレススチール316L
  • ケース幅:46.5mm
  • ガラス:サファイアガラス(無反射コーティング加工)
  • ベルト素材:ステンレススチール316L/ホーウィン社製レザー(NBAバスケットボールと同素材)
  • ベルト幅:22mm
  • 防水:10気圧防水
  • その他:シリアルナンバー刻印、パワーリザーブ約42時間、日差+40秒~-20秒
  • セット内容:木製特別専用ボックス、ウォッチプロテクター、正規保証カード(2年)

VINTAGE LENS AUTOMATICII



→VINTAGE LENS AUTOMATICII(ヴィンテージレンズオートマチックII)※シリアルナンバー刻印 | COLLECTION | TACS(タックス)シンプルデザインの腕時計ブランド

とのこと



ヴィンテージレンズオートマチックⅡ



おお、こんな腕時計あったんですね。知らなかったです。これは本当にレンズっぽい感じで、かなりカッコ良いですね。このクラシカルでメカニカルな感じがたまらないです。ライカも「ライカ Watch」とか出してますが、個人的にはこのVINTAGE LENS AUTOMATICの方が好みですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「その他」カテゴリの最新記事

その他」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+