• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

1万年前の氷をレンズにしてカメラを作った猛者が登場、実際に撮影できるのはわずか1分間のみ - GIGAZINE

https://gigazine.net/news/20190311-iceburg-lens/

GIGAZINEに、1万年前の氷で作ったレンズの話が掲載されています。


  • 氷のレンズを作ったのは、フランスの写真家Mathieu Stern氏。
  • レンズ玉を支える本体部分は3Dプリンターで作成。
  • 氷のレンズを作るのは日本製の製氷器。金属製の型で氷を成形。
  • レンズに使う氷は、1万年かけて氷の分子が安定化するというアイスランドの氷河の氷。
  • 製氷器にセットし、氷が溶けてレンズになるのに45分かかる。
  • 最初の4つは失敗、5時間かけてできた最後のひとつが無事レンズに。
  • 氷のレンズは溶けてしまうので、寿命は1分。
  • 撮れた写真は、現代技術で作られたレンズと違ってぼやけた写真になる。
  • それでも、世界にひとつしかない1万年前の氷で撮った写真は心を打つ美しさだったとStern氏は語る。

  • →I made a CAMERA LENS with an ICEBERG ? Mathieu Stern

    とのこと



聖闘士聖衣神話 キグナス氷河 神聖衣



おお、なんと氷でレンズ作っちゃったとは、これはスゴいですねえ。完成後1分しか使えない刹那さで、しかも一応ちゃんと写るという。レンズを作ったのが日本製の製氷器っていうのも、なんだか感慨深い話ですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「その他」カテゴリの最新記事

その他」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+