• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(6720views)
  2. キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。(2423views)
  3. Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」(2005views)
  4. キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?(1976views)
  5. 「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?(1525views)
  6. キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?(995views)
  7. ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。(754views)
  8. ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?(752views)
  9. 「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。(706views)
  10. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(661views)

ニコン、Zマウントの中望遠マクロ「Z MC 105mm f/2.8 VR S」 14.5万円 | マイナビニュース

https://news.mynavi.jp/article/20210602-1898132/

NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S

マイナビニュースに、ニコンのZマウントマイクロレンズ「NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S」発表のニュースが掲載されています。


  • ニコンはフルサイズミラーレス対応中望遠マイクロレンズ「NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S」を発表。
  • Zシリーズでは初となるマクロレンズ。Fマウントのマクロレンズ「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」を上回る描写性能に仕上げつつ、重量を約16%軽量化。
  • 希望小売価格144,320円。発売6月25日。予約6月4日10時から受け付け。
  • ニコンでは定番ともいえる105mmの中望遠マクロレンズ。
  • 最短撮影距離0.29m、最大撮影倍率1.0倍。
  • 「S-Line」に属しており、描写性能を高めるさまざまな工夫が凝らされている。
  • 非球面レンズ1枚、EDレンズ3枚を採用、フォーカスレンズ群の位置を高精度に制御する「マルチフォーカス方式」を採用。色収差を徹底的に抑制。
  • ニコン独自のナノクリスタルコートやアルネオコートでゴーストやフレアを低減。
  • 4.5段分相当の補正効果を持つレンズ内手ぶれ補正機構(VR)、スムーズなピント合わせができるステッピングモーターも搭載。
  • 防塵防滴構造。外装は高級感を追求した新デザインを採用、S-Lineのエンブレムも一新。
  • マウント側に搭載したコントロールリングで絞り値や露出補正などの機能が割り当て可能。
  • 最大径85mm、長さ140mmで、重さ約630g。フィルター径62mm。

→NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S - 概要 | NIKKORレンズ | ニコンイメージング

とのこと

ニコン、Zマウントの標準マクロ「Z MC 50mm f/2.8」 9.4万円 | マイナビニュース

https://news.mynavi.jp/article/20210602-1898141/

NIKKOR Z MC 50mm f/2.8

マイナビニュースに、ニコンのZマウントマイクロレンズ「NIKKOR Z MC 50mm f/2.8」発表のニュースが掲載されています。


  • ニコンはフルサイズミラーレス対応標準マイクロレンズ「NIKKOR Z MC 50mm f/2.8」を発表。
  • 同時発表の中望遠マクロ「NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S」と合わせ、Zシリーズでは初となるマクロレンズ。
  • 一眼レフ用の60mmマクロと比べて大幅な小型軽量化を図りつつ、描写性能を高めている。
  • 希望小売価格94,160円、発売6月25日。予約6月4日10時から受け付け。
  • 標準レンズとしてふだん使いしやすいマクロレンズ。
  • 最短撮影距離0.16m、最大撮影倍率1.0倍。フォーカス時に前方部分レンズ群を動かす「前群繰り出し方式」を採用。
  • ステッピングモーター搭載で従来の標準マクロと比べ大幅な小型・軽量化。防塵防滴構造。
  • 最大径は74.5mm、長さは66mmで、重さは約260g。フィルター径は46mm。

→NIKKOR Z MC 50mm f/2.8 - 概要 | NIKKORレンズ | ニコンイメージング

とのこと



VILTROX 単焦点レンズ Nikon Zマウント用 AF 85mm F1.8 STM 瞳AF対応 フルサイズレンズ f1.8大口径 手振れ補正 中望遠レンズ Nikon Zマウント交換レンズ ポートレート Z5/Z50/Z6/Z6Ⅱ/Z7/Z7Ⅱカメラ対応



リーク情報通りに、「NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S」と「NIKKOR Z MC 50mm f/2.8」が発表されましたね。これでやっとZマウントにもマクロが登場しましたね。しかも一気に2本。ネイティブレンズでマクロが登場するのを待っていた人は多そうなので、これは嬉しいですね。105mmの方は、キヤノンの「RF100mm F2.8 L MACRO IS USM」みたいなボケコントロールや最大撮影倍率1.4倍とかの、尖ったとこは無く王道な感じの仕上がりですかね。50mmの方はマクロではありますが、単焦点では初のSラインを冠さないレンズですよね。どんな写りをするんですかねえ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Nikon」カテゴリの最新記事

Nikon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+