• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(10872views)
  2. キヤノンからRFマウントのAPS-C機「EOS R7」「EOS R10」を5月24日に発表する!?「RF-S18-45mm F3.5-5.6」「RF-S18-150mm F3.5-6.3」も一緒に発表!?キヤノンからRFマウントのAPS-C機「EOS R7」「EOS R10」を5月24日に発表する!?「RF-S18-45mm F3.5-5.6」「RF-S18-150mm F3.5-6.3」も一緒に発表!?(10590views)
  3. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(10537views)
  4. キヤノン「EOS R7」が早ければ今年の3月に登場する!?キヤノン「EOS R7」が早ければ今年の3月に登場する!?(9314views)
  5. ニコンのクラシカルデザインのAPS-Cミラーレス機「Z fc」は本日(6月28日)発表される!?ニコンのクラシカルデザインのAPS-Cミラーレス機「Z fc」は本日(6月28日)発表される!?(8402views)
  6. キヤノン「EOS R3」は、やはり東京オリンピックに実戦投入されている模様。キヤノン「EOS R3」は、やはり東京オリンピックに実戦投入されている模様。(8160views)
  7. ソニーが「α7 IV」を正式発表。3300万画素、BIONZ XR、7Kオーバーサンプリング4K動画、バリアングル液晶搭載。静止画と動画のハイブリッドモデル。ソニーが「α7 IV」を正式発表。3300万画素、BIONZ XR、7Kオーバーサンプリング4K動画、バリアングル液晶搭載。静止画と動画のハイブリッドモデル。(7329views)
  8. 東京オリンピックでのニコン「Z 9」目撃写真が再度登場。少なくとも1台がテストされている模様。東京オリンピックでのニコン「Z 9」目撃写真が再度登場。少なくとも1台がテストされている模様。(7069views)
  9. キヤノン「EOS R7」のスペック情報!?3250万画素センサー搭載で連写30コマ/秒!?キヤノン「EOS R7」のスペック情報!?3250万画素センサー搭載で連写30コマ/秒!?(6274views)
  10. 2021年にソニー「α7 IV」は発売されないが代わりにバリエーションモデルが登場する!?あと新しいカムコーダーやマクロGMレンズなども!?2021年にソニー「α7 IV」は発売されないが代わりにバリエーションモデルが登場する!?あと新しいカムコーダーやマクロGMレンズなども!?(5755views)

BREAKING: Fujifilm X-H2 with 26 Megapixel coming 2022 (and Now the Big Question is...) - Fuji Rumors

https://www.fujirumors.com/breaking-fujifilm-x-h2-with-26-megapixel-coming-2022-and-now-the-big-question-is/

X-H2

Fuji Rumorsに、富士フイルム「X-H1」後継機「X-H2」の噂が掲載されています。


  • これは信頼できるものだ。堅実で信頼できる。そして100%真実だ。
  • 信じようと信じまいとそれは起こるだろう。
  • 富士フイルムのX-Hシリーズはキャンセルされた。廃止。永遠に。
  • いや、冗談だ。ここではデマはしない。
  • それでは真面目に、何が起こるのかを正確にお伝えしよう。
  • FujiRumorsは、2台の「X-H2」カメラが存在し、それらが異なる画素数を持つことになると伝えた。
  • 我々のソースによると、1台は高解像度の4,000万画素センサーを搭載する
  • (ソニーのセンサーから推測される4300万画素ではない)
  • もう一つの「X-H2」についてはどうだろうか?
  • さて、我々はソースから追加情報を得た。複数の信頼できるソースだ。
  • そして彼らは、2台目の「X-H2」は2600万画素であると教えてくれた。
  • 今、あなたが何を知りたいかは分かっている。
  • 「X-T4」のような現在のXシリーズのカメラに搭載されているのと同じ2600万画素のセンサーなのか、それとも新しい2600万画素のセンサーなのかを知りたいのだろう。
  • 現時点では、この質問に答えることはできない。
  • 「X-E4」がX-Trans CMOS 4 2600万画素の最後のカメラになると言ったことを覚えている人もいるだろう。
  • しかし、富士フイルムのX-T30 IIを手に入れたときには、明らかに私は間違っていた
  • (ただし、基本的にはX-T30をファームウェアで強化し、新しいLCDが追加されただけだ) 。私はまた間違っているかもしれませんね?

今のところ、私が考えている2つの選択肢を見てみよう。

  • 1)富士フイルムは、高解像度でより高価な「X-H2」を作ると同時に、実績と信頼のあるX-Trans CMOS 4 裏面照射型 2600万画素センサーを使用した、より手頃な価格の「X-H2」を提供することを決定した。
  • 2)富士フイルムは新開発の2600万画素センサーを採用する

両方の選択肢に対する私の考え

  • 1)富士フイルムは、X-T4のX-Trans CMOS 4センサーを使いながら、X-H2の新しいプロセッサーと組み合わせることで、X-Trans CMOS 4センサーの性能を最大限に引き出すことができた。これは、富士フイルムのGFX50SIIが、初代GFX50Sの古いセンサーを使い、GFX100Sの新しいプロセッサーと組み合わせることで、より多くのものを引き出すことができたのと似ている(オートフォーカス速度の向上、フィルムシミュレーションの向上など)。
  • 2)1年後(2022年)に2つの完全に新しいハイエンドのAPS-Cセンサーを発売するというのは、富士フイルムにとって非常に異例のことだ。しかし、富士フイルムが過去にやったことがないからといって、それが富士フイルムX-H 2で実現できないということではありません。

とのこと



FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-H1ブラック X-H1



富士フイルム「X-H2」は、2つのバージョンが登場し、それはセンサー違いの2バージョンとなるという噂が上がり、先日は、その1つは4000万画素で、もう1つは異なる画素数が登場するという話が上がりましたが、2600万画素センサーを搭載するんですかね。X-Trans CMOS 4なのか、はたまた新型なのか。普通に考えると従来のX-Trans CMOS 4を搭載する気もしますが、新型で何か尖った性能を持つセンサーでも面白そうではありますけどね。どうなるんでしょうかね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「FUJIFILM」カテゴリの最新記事

FUJIFILM」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+