• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(6722views)
  2. キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。(2427views)
  3. Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」(2005views)
  4. キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?(1981views)
  5. 「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?(1516views)
  6. キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?(995views)
  7. ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。(754views)
  8. ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?(752views)
  9. 「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。(706views)
  10. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(662views)

BREAKING: Fujifilm X-H2 Coming with Two Different Sensors - Fuji Rumors

https://www.fujirumors.com/breaking-fujifilm-x-h2-coming-with-two-different-sensors/

X-H2

Fuji Rumorsに、富士フイルム「X-H1」後継機「X-H2」の噂が掲載されています。


  • 最近、私は富士フイルムはソニーのように、同じカメラで異なるセンサーを提供するべきだと記事を書いた。
  • しかし、最近のXサミットでは、富士フイルムは2つではなく1つの新しいセンサーを発表すると予告していたので、私はそれが実現するとは思わないとも言った。
  • しかし、私は間違っていた。
  • 信頼できるソースが我々に連絡してきて、すでに伝えたように確かに2台の「X-H2」が登場すると教えてくれた。
  • さらに、そのソースは2台の「X-H2」が2つの「異なる」センサーを搭載すると付け加えた。
  • 今のところ、これ以上の詳細は明らかにされていない。
  • ここで疑問に思うのは「異なるセンサー」とは何を意味するのかということだ。
  • すでに「X-H2」には4000万画素のセンサーが搭載されると伝えている。
  • つまり、少なくともどちらかに(両方でなくても)4000万画素が搭載されることになる。
  • もしかしたら、4,000万画素の「X-Trans」と4,000万画素の「Bayerセンサー」の「X-H2」が存在するのかもしれない。
  • X-Transでは画質が向上し、Bayerセンサーでは「X-H2」のより手頃な価格のバージョンが提供されるかもしれない。
  • それとも、全く異なる2つのセンサーが搭載されるのだろうか?
  • 画素数の違いや、センサー技術の違いもあるのだろうか?
  • 繰り返しになるが、富士フイルムが発表したのは1つの新しい裏面照射積層型X-Transセンサーであることを覚えておいて欲しい。
  • つまり、私が考える選択肢は次のようなものだ。
  • 富士フイルムは我々から何かを隠している
  • FujiRumorsが間違っていて、1つのセンサーで1台の「X-H2」が出る。
  • 2台の「X-H2」が存在し、両方に積層型裏面照射センサーが搭載される。
  • もう一つの疑問:両方の「X-H2」は同じボディなのか、それともボディが少し違うのか?
  • もしかしたら、外部ファンと自撮りスクリーンを搭載した動画中心のボディと、3方向チルトスクリーンを搭載してよりコンパクトな写真中心のボディがあるのではないか?
  • めったにないことだが、正直、今はちょっと混乱している。

とのこと



FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-H1ブラック X-H1



以前にも、「X-H2」は2バージョン登場するという話も上がっていたわけですが、今回の噂で可能性が高くなった感じですかね。富士フイルムはXサミットでXシリーズ次期フラッグシップ機に積層型センサーを搭載し2022年発売すると明言しており、噂では4000万画素の積層型裏面照射センサーを搭載するという話ですが、2機種のうちどちらかにはこれが搭載されそうな感じですね。そして、もう一機種はどうなるんですかね。4000万画素の高画素機がスチル向けで、もう一台が低画素の動画向けという組み合わせが無難な感じもしますが、どうなんでしょうかね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「FUJIFILM」カテゴリの最新記事

FUJIFILM」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+