• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. キヤノン「EOS R5」のスペック情報アップデート。やはり、8K@30pの「RAW」には対応していない!?キヤノン「EOS R5」のスペック情報アップデート。やはり、8K@30pの「RAW」には対応していない!?(8938views)
  2. キヤノン「EOS R6」は、素晴らしい性能のボディ内手ぶれ補正を搭載し、グリップはEOS RPと同じタイプになる!?キヤノン「EOS R6」は、素晴らしい性能のボディ内手ぶれ補正を搭載し、グリップはEOS RPと同じタイプになる!?(8006views)
  3. キヤノンは「EOS R5」とは別にEOS 5Ds/5Ds Rの後継機となる超高画素機を発表する!?名前は「EOS R3」になる!?キヤノンは「EOS R5」とは別にEOS 5Ds/5Ds Rの後継機となる超高画素機を発表する!?名前は「EOS R3」になる!?(6709views)
  4. キヤノン「EOS R6」のスペック情報!?キヤノン「EOS R6」のスペック情報!?(5639views)
  5. シグマが多数のフルサイズミラーレス用広角単焦点を開発!?「34mm F1.8 DG DN」「28mm F1.8 DG DN」「24mm F1.8 DG DN」「20mm F1.8 DG DN」「18mm F1.8 DG DN」「16mm F2 DG DN」「18mm F2.8 DG DN」シグマが多数のフルサイズミラーレス用広角単焦点を開発!?「34mm F1.8 DG DN」「28mm F1.8 DG DN」「24mm F1.8 DG DN」「20mm F1.8 DG DN」「18mm F1.8 DG DN」「16mm F2 DG DN」「18mm F2.8 DG DN」(4916views)
  6. 富士フイルム「X-T4」は、2月4日開催の「X Summit」では発表されない!?富士フイルム「X-T4」は、2月4日開催の「X Summit」では発表されない!?(4846views)
  7. キヤノンが2月に高画素機「EOS RS」、5月に「未知のボディタイプ」の新型EOS Rを発表する!?α7Sシリーズ対抗機も!?キヤノンが2月に高画素機「EOS RS」、5月に「未知のボディタイプ」の新型EOS Rを発表する!?α7Sシリーズ対抗機も!?(4697views)
  8. キヤノンの2020年に登場する新製品噂まとめ【2020年2月】EOS R5、EOS R6、EOS Kiss X10i、そして謎のQX10などキヤノンの2020年に登場する新製品噂まとめ【2020年2月】EOS R5、EOS R6、EOS Kiss X10i、そして謎のQX10など(3985views)
  9. ソニーα7S IIIは、今年中にリリースされ、最低でも「4K/60p 10bit 4:2:2」に対応し、予想以上の性能となる!?ソニーα7S IIIは、今年中にリリースされ、最低でも「4K/60p 10bit 4:2:2」に対応し、予想以上の性能となる!?(3938views)
  10. キヤノンから2020年に4機種のレンズ交換式フルサイズ機が登場する!?EOS RPよりもさらに低価格のフルサイズ機も登場!?キヤノンから2020年に4機種のレンズ交換式フルサイズ機が登場する!?EOS RPよりもさらに低価格のフルサイズ機も登場!?(3880views)

高級コンパクトデジタルカメラの原点「X100シリーズ」がさらなる進化を遂げる「FUJIFILM X100V」新発売 | 富士フイルム [日本]

https://www.fujifilm.com/jp/ja/news/list/2686

X100V


  • 富士フイルムが「FUJIFILM X100V」を2020年2月下旬より発売。
  • シルバー:2020年2月下旬発売/ブラック:2020年3月発売 価格:オープン
  • 「X100V」は機能美溢れる洗練されたデザインのボディに、新開発の高性能レンズを搭載。
  • 最新イメージセンサー・画像処理エンジン、独自の色再現による高画質を実現。
  • 光学式・電子式を切り替えられる「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」をさらに進化させるなど「ファインダーを覗いて撮る」撮影スタイルを追求。
  • 「X100V」は「X100シリーズ」の第5世代モデル。
  • 基本デザインはそのままにボディ天面および底面にアルミニウムを採用。
  • 高度な金属加工技術を駆使し、エッジ部をシャープに仕上げつつ、表面の滑らかさを追求。
  • チルト式背面液晶モニターや天面ダイヤルを搭載したボディ。
  • 高い解像力を発揮する高性能レンズを新たに開発。
  • 裏面照射型2610万画素「X-Trans? CMOS 4」センサー「X-Processor 4」搭載。
  • OVFとEVFを切り替え可能な「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」搭載。
  • 新開発の超高精細・高輝度・高コントラストな有機ELパネルをEVFに採用。

(1) 機能美溢れる洗練されたデザインを実現

  • 「X100シリーズ」として初めて、ボディ天面および底面にアルミニウムを採用。
  • アルミニウムをプレス・切削加工することで、ボディのエッジ部をシャープに。
  • 表面には微細なブラスト処理を施し滑らかな質感を追求。
  • アルマイト処理により着色を行うことで、高品位な外観を実現。
  • ボディ背面には、「X100シリーズ」として初めてチルト式液晶モニターを搭載。
  • ハイアングルからローアングルまで様々なスタイルでの撮影が可能。
  • 高いタッチレスポンス性能も備え、直感的な操作性を発揮。
  • 超薄型液晶モニターをフルフラットに格納できる設計で一体感のあるスタイリッシュなボディデザインを実現。
  • シャッタースピードダイヤル内にISOダイヤル内蔵した「ビルトインISOダイヤル」を搭載。
  • ISO感度調整時に「ビルトインISOダイヤル」の外周部を引き上げた状態でロックしISOダイヤルを操作できるなど利便性向上。

(2) 新開発の高性能レンズや最新のイメージセンサー、画像処理エンジンなどにより高画質を実現

  • 焦点距離23mm(35mm判換算:35mm相当)開放F値2の明るい固定式単焦点レンズを新開発。
  • 非球面レンズ2枚、「X100V」専用設計のレンズにより画面全域において高解像・高コントラストを活かしたシャープな描写を実現。
  • 裏面照射型2610万画素「X-Trans CMOS 4」センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載。

(3) 進化した「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」で「ファインダーを覗いて撮る」撮影スタイルを追求

  • OVFとEVFを自由に切り替えられる「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」搭載。
  • EVFは「X100シリーズ」として初めて超高精細約369万ドットの有機ELパネルを採用。
  • 最高輝度1500カンデラに加え、高いコントラストも実現。
  • OVF上に小型EVFを同時表示できる「エレクトロニックレンジファインダー」機能を搭載。
  • OVFでありのままの被写体をとらえながら、小型EVFで合焦部を拡大表示可能。

(4) 充実の撮影機能を搭載

  • 照度-5EVの環境下でも高速・高精度な位相差AFを実現。顔・瞳AFの性能も向上。
  • 「フォーカスリミッター」機能も搭載。
  • 「フィルムシミュレーション」に全17種類のモードを搭載。
  • 「クラシックネガ」「ETERNA(エテルナ)」での撮影が可能。
  • 「グレイン・エフェクト」機能搭載。
  • 「粒度」「強度」の設定を調整することで、グレインの粗さ・濃さを調整可能。
  • 30コマ/秒の滑らかな4K動画を撮影可能。フルHD動画では60コマ/秒で撮影可能。

(5) 豊富なアクセサリーで撮影の楽しみを拡大

  • アダプターリング「AR-X100」(別売)とプロテクトフィルター「PRF-49」(別売)を装着で防塵・防滴を実現。
  • 光学性能やF値を変えることなく焦点距離を変更できるコンバージョンレンズ2種類(別売)
  • ワイドコンバージョンレンズ「WCL-X100 II」19mm(35mm判換算:28mm相当)
  • テレコンバージョンレンズ「TCL-X100 II」33mm(35mm判換算:50mm相当)

→FUJIFILM X100V | Cameras | 富士フイルム Xシリーズ & GFX

とのこと



FUJIFILM X100V / FUJIFILM



FUJIFILM X100V Promotional Movie / FUJIFILM



X100Vが正式発表されましたね。すでにリークされまっくていましたが、改めて今回の第5代目はかなり大きな変化がありましたね。新設計レンズにチルト式タッチ液晶、裏面照射型センサー、アダプターリングとプロテクトフィルター装着による防塵防滴対応、4K動画対応、さらにボディデザインも刷新されました。何かX100シリーズが新たなステージ入ったような感じもしますね。ただ新設計レンズは開放からかなりシャープな写りをするのと、チルト式になった背面液晶には、好みが分かるところがあるかもですね。個人的には100Vかなり好みですけどね。なお価格は日本は現時点では不明、海外では税込1,299ポンド/税別1,399米ドルらしいので、税込みで17万円ぐらいですかね。早く実機を触ってみたいですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「FUJIFILM」カテゴリの最新記事

FUJIFILM」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+