• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. キヤノン「EOS R5」のスペック情報アップデート。やはり、8K@30pの「RAW」には対応していない!?キヤノン「EOS R5」のスペック情報アップデート。やはり、8K@30pの「RAW」には対応していない!?(8938views)
  2. キヤノン「EOS R6」は、素晴らしい性能のボディ内手ぶれ補正を搭載し、グリップはEOS RPと同じタイプになる!?キヤノン「EOS R6」は、素晴らしい性能のボディ内手ぶれ補正を搭載し、グリップはEOS RPと同じタイプになる!?(8006views)
  3. キヤノンは「EOS R5」とは別にEOS 5Ds/5Ds Rの後継機となる超高画素機を発表する!?名前は「EOS R3」になる!?キヤノンは「EOS R5」とは別にEOS 5Ds/5Ds Rの後継機となる超高画素機を発表する!?名前は「EOS R3」になる!?(6709views)
  4. キヤノン「EOS R6」のスペック情報!?キヤノン「EOS R6」のスペック情報!?(5639views)
  5. シグマが多数のフルサイズミラーレス用広角単焦点を開発!?「34mm F1.8 DG DN」「28mm F1.8 DG DN」「24mm F1.8 DG DN」「20mm F1.8 DG DN」「18mm F1.8 DG DN」「16mm F2 DG DN」「18mm F2.8 DG DN」シグマが多数のフルサイズミラーレス用広角単焦点を開発!?「34mm F1.8 DG DN」「28mm F1.8 DG DN」「24mm F1.8 DG DN」「20mm F1.8 DG DN」「18mm F1.8 DG DN」「16mm F2 DG DN」「18mm F2.8 DG DN」(4916views)
  6. 富士フイルム「X-T4」は、2月4日開催の「X Summit」では発表されない!?富士フイルム「X-T4」は、2月4日開催の「X Summit」では発表されない!?(4846views)
  7. キヤノンが2月に高画素機「EOS RS」、5月に「未知のボディタイプ」の新型EOS Rを発表する!?α7Sシリーズ対抗機も!?キヤノンが2月に高画素機「EOS RS」、5月に「未知のボディタイプ」の新型EOS Rを発表する!?α7Sシリーズ対抗機も!?(4697views)
  8. キヤノンの2020年に登場する新製品噂まとめ【2020年2月】EOS R5、EOS R6、EOS Kiss X10i、そして謎のQX10などキヤノンの2020年に登場する新製品噂まとめ【2020年2月】EOS R5、EOS R6、EOS Kiss X10i、そして謎のQX10など(3985views)
  9. ソニーα7S IIIは、今年中にリリースされ、最低でも「4K/60p 10bit 4:2:2」に対応し、予想以上の性能となる!?ソニーα7S IIIは、今年中にリリースされ、最低でも「4K/60p 10bit 4:2:2」に対応し、予想以上の性能となる!?(3938views)
  10. キヤノンから2020年に4機種のレンズ交換式フルサイズ機が登場する!?EOS RPよりもさらに低価格のフルサイズ機も登場!?キヤノンから2020年に4機種のレンズ交換式フルサイズ機が登場する!?EOS RPよりもさらに低価格のフルサイズ機も登場!?(3880views)

価格.com - キヤノン、動く被写体に強いAFを実現した「EOS Kiss X10i」

https://news.kakaku.com/prdnews/cd=camera/ctcd=0049/id=91921/

EOS Kiss X10i

価格.comに、キヤノンのエントリー向け一眼レフ「EOS Kiss X10i」正式発表のニュースが掲載されています。


  • キヤノンは、エントリークラスのデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X10i」を発表。
  • ボディ単体とダブルズームキットをラインアップ、4月下旬より発売。
  • 有効画素数約2410万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC 8」搭載。
  • 最高ISO25600の常用ISO感度(拡張時:ISO51200相当)を実現
  • 動く被写体に対してもすぐれた捕捉性能を実現する「オールクロス45点AF」
  • 約22万画素の新測光センサーにより被写体の顔を検出して追尾する「EOS iTR AF」
  • 光学ファインダー撮影時に高精度な動体撮影を実現。
  • ライブビュー撮影時は「デュアルピクセル CMOS AF」を採用。
  • 「瞳AF」はサーボAF/動画サーボAF時においても使用することが可能。
  • 連写撮影ファインダー撮影時に最高7.0コマ/秒を実現。
  • 動画撮影4K解像度(3840×2160)、撮影した動画の1コマを静止画として切り出し可能。
  • ワイヤレス通信は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetoothに対応。
  • 無線LANに接続しているスマホに撮影と同時に画像を自動送信できる「撮影時画像自動送信」を搭載。
  • クラウドプラットフォーム「image.canon」(2020年4月上旬開始予定)へ、容量を気にせずに静止画・動画をオリジナル画質のまま30日間保管可能。
  • 背面モニター3.0型バリアングル液晶。
  • 記録メディアSD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-I対応)。
  • バッテリー寿命ファインダー撮影時約800枚(常温23度)、ライブビュー撮影約310枚(常温23度)。
  • 本体サイズ131.0(幅)×102.6(高さ)×76.2(奥行)mm。
  • 重量は約515g(CIPAガイドラインによる)。
  • 直販価格、ボディ単体115,500円、ダブルズームキット159,500円。

→キヤノン:エントリークラスのデジタル一眼レフカメラ"EOS Kiss X10i"を発売 高精度AFにより快適な動体撮影を実現 | キヤノンマーケティングジャパングループ企業情報

→キヤノン:EOS Kiss X10i|概要

とのこと



Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X10i ダブルズームキット EOSKISSX10I-WKIT



海外でEOS 850D/EOS Rebel T8iとして噂が上がっていましたが、やはり国内では「EOS Kiss X10i」として登場しましたね。しかし、エントリー向けとはいえ、もはや一昔前を考えると十分過ぎるスペックですよね。中級機並みといってもいいかも。同時にフルサイズミラーレスの「EOS R5」も発表されたりしてますが、キヤノンとして今後の一眼レフのkissはどうしていくんですかねえ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Canon」カテゴリの最新記事

canon キヤノン キヤノンのネットワーク経由でカメラが攻撃を受ける脆弱性への対応がl全機種完了した模様。
SELPHY SQUARE QX10 キヤノンがコンパクトフォトプリンター「SELPHY SQUARE QX10」を正式発表。
RF24-105mm F4-7.1 IS STM キヤノンがRFマウント用レンズ「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」を正式発表。
RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM キヤノンがRFマウント用レンズ「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」と「エクステンダー RF1.4×」「エクステンダー RF2×」を開発発表。2020年中に9本のRFマウントレンズを発売予定。
キヤノン「EOS R5」 キヤノンが「EOS R5」を開発発表。噂通りにボディ内手ブレ補正搭載で、電子20コマ/秒、メカ12コマ/秒、8K動画対応だった模様。
キヤノン「EOS R5」 キヤノン「EOS R5」の画像リーク。スペック情報のリークも。ボディ内手ブレ補正搭載で電子20コマ/秒、メカ12コマ/秒、8K動画に対応!?
RFレンズ キヤノンがRFマウント用パンケーキズームを開発中!?「RF20-50mm F4-5.6 IS STM」!?
RF24-105mm F4-7.1 IS STM キヤノンが発表するレンズは「RF24-105mm F3.5-5.6 IS STM」ではなく「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」だった模様。
EOS R6 キヤノン「EOS R6」は、素晴らしい性能のボディ内手ぶれ補正を搭載し、グリップはEOS RPと同じタイプになる!?
EOS Kiss X10i キヤノンの新製品「EOS Kiss X10i」「RF24-105mm F3.5-5.6 IS STM」「QX10」のリーク画像
EOS R3 キヤノンは「EOS R5」とは別にEOS 5Ds/5Ds Rの後継機となる超高画素機を発表する!?名前は「EOS R3」になる!?
canon キヤノン キヤノンの2020年に登場する新製品噂まとめ【2020年2月】EOS R5、EOS R6、EOS Kiss X10i、そして謎のQX10など

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+