• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. キヤノン「EOS R5」のスペック情報アップデート。やはり、8K@30pの「RAW」には対応していない!?キヤノン「EOS R5」のスペック情報アップデート。やはり、8K@30pの「RAW」には対応していない!?(8938views)
  2. キヤノン「EOS R6」は、素晴らしい性能のボディ内手ぶれ補正を搭載し、グリップはEOS RPと同じタイプになる!?キヤノン「EOS R6」は、素晴らしい性能のボディ内手ぶれ補正を搭載し、グリップはEOS RPと同じタイプになる!?(8006views)
  3. キヤノンは「EOS R5」とは別にEOS 5Ds/5Ds Rの後継機となる超高画素機を発表する!?名前は「EOS R3」になる!?キヤノンは「EOS R5」とは別にEOS 5Ds/5Ds Rの後継機となる超高画素機を発表する!?名前は「EOS R3」になる!?(6709views)
  4. キヤノン「EOS R6」のスペック情報!?キヤノン「EOS R6」のスペック情報!?(5639views)
  5. シグマが多数のフルサイズミラーレス用広角単焦点を開発!?「34mm F1.8 DG DN」「28mm F1.8 DG DN」「24mm F1.8 DG DN」「20mm F1.8 DG DN」「18mm F1.8 DG DN」「16mm F2 DG DN」「18mm F2.8 DG DN」シグマが多数のフルサイズミラーレス用広角単焦点を開発!?「34mm F1.8 DG DN」「28mm F1.8 DG DN」「24mm F1.8 DG DN」「20mm F1.8 DG DN」「18mm F1.8 DG DN」「16mm F2 DG DN」「18mm F2.8 DG DN」(4916views)
  6. 富士フイルム「X-T4」は、2月4日開催の「X Summit」では発表されない!?富士フイルム「X-T4」は、2月4日開催の「X Summit」では発表されない!?(4846views)
  7. キヤノンが2月に高画素機「EOS RS」、5月に「未知のボディタイプ」の新型EOS Rを発表する!?α7Sシリーズ対抗機も!?キヤノンが2月に高画素機「EOS RS」、5月に「未知のボディタイプ」の新型EOS Rを発表する!?α7Sシリーズ対抗機も!?(4697views)
  8. キヤノンの2020年に登場する新製品噂まとめ【2020年2月】EOS R5、EOS R6、EOS Kiss X10i、そして謎のQX10などキヤノンの2020年に登場する新製品噂まとめ【2020年2月】EOS R5、EOS R6、EOS Kiss X10i、そして謎のQX10など(3985views)
  9. ソニーα7S IIIは、今年中にリリースされ、最低でも「4K/60p 10bit 4:2:2」に対応し、予想以上の性能となる!?ソニーα7S IIIは、今年中にリリースされ、最低でも「4K/60p 10bit 4:2:2」に対応し、予想以上の性能となる!?(3938views)
  10. キヤノンから2020年に4機種のレンズ交換式フルサイズ機が登場する!?EOS RPよりもさらに低価格のフルサイズ機も登場!?キヤノンから2020年に4機種のレンズ交換式フルサイズ機が登場する!?EOS RPよりもさらに低価格のフルサイズ機も登場!?(3880views)

キヤノン:小型・軽量の標準ズームレンズ"RF24-105mm F4-7.1 IS STM"を発売 大口径・ショートバックフォーカスにより優れた携帯性と高画質を両立 | キヤノンマーケティングジャパングループ企業情報

https://canon.jp/newsrelease/2020-02/pr-rf24-105.html

RF24-105mm F4-7.1 IS STM


  • キヤノンは小型・軽量と高画質を両立した標準ズームレンズ「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」を4月中旬に発売。
  • 価格:オープン価格
  • 直販価格:60,000円(税込 66,000円)
  • 発売日:2020年4月中旬

特長

  • 「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」は、フルサイズミラーレスカメラで、高画質な写真や映像の撮影を楽しみたいと考えるハイアマチュアユーザーやエントリーユーザーに向けて開発した標準ズームレンズ。
  • 小型・軽量設計による優れた携帯性。広角24mmから望遠105mmまでの幅広い焦点距離
  • 本格的な写真・映像表現を身近にする優れた携帯性と高画質の両立
  • レンズ群の後端(カメラ側)に大きなレンズを配置する光学設計。
  • これにより、全長約88.8mmで本体質量約395gの小型・軽量を実現。
  • 広角24mmから望遠105mmのズーム全域で画面の中心部から周辺部まで高画質に写真や映像を撮影可能。
  • ステッピングモーターと手ブレ補正機構の搭載による快適な撮影
  • リードスクリュータイプのステッピングモーター(STM)採用。
  • 「デュアルピクセルCMOS AF」との組み合わせで静止画撮影時は高速・高精度なAFが可能。
  • 動画撮影時は被写体の動きに合わせた滑らかなAFを実現。
  • シャッタースピード換算で約5段分の高い手ブレ補正効果を実現。
  • 薄暗い室内や夜景など手ブレが発生しやすいシーンでも快適な撮影が可能。
  • 表現の幅を広げる「Center Focus Macro」機能
  • AF撮影時に最短撮影距離0.2mを実現。
  • MF撮影時には最短撮影距離0.13m、レンズ先端から約2.5cmまで近づいて撮影可能することができる「Center Focus Macro」機能が使用可能。

→キヤノン:RF24-105mm F4-7.1 IS STM|概要

→キヤノン:EOS Rシステムブランドサイト|RF24-105mm F4-7.1 IS STM 特長紹介

とのこと



RF24-105mm F4-7.1 IS STM(Center Focus Macro)紹介動画【キヤノン公式】



Canon 標準ズームレンズ RF24-105mm F4-7.1 IS STM EOSR対応 RF24-105ISSTM



リーク情報通りに「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」が発表されましたね。思い切ったF値になってますが、そのぶんかなり小型軽量に仕上がってますよね。最近のカメラは高感度性能高いですし、このレンズは5段の手ブレ補正もついてるので、このF値でも十分かもですね。価格も直販価格で税込66,000円と買いやすい価格になってますね。「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」いいかもなあ。各所での実写レビューが楽しみです。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Canon」カテゴリの最新記事

canon キヤノン キヤノンのネットワーク経由でカメラが攻撃を受ける脆弱性への対応がl全機種完了した模様。
SELPHY SQUARE QX10 キヤノンがコンパクトフォトプリンター「SELPHY SQUARE QX10」を正式発表。
EOS Kiss X10i キヤノンが「EOS Kiss X10i」を正式発表。
RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM キヤノンがRFマウント用レンズ「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」と「エクステンダー RF1.4×」「エクステンダー RF2×」を開発発表。2020年中に9本のRFマウントレンズを発売予定。
キヤノン「EOS R5」 キヤノンが「EOS R5」を開発発表。噂通りにボディ内手ブレ補正搭載で、電子20コマ/秒、メカ12コマ/秒、8K動画対応だった模様。
キヤノン「EOS R5」 キヤノン「EOS R5」の画像リーク。スペック情報のリークも。ボディ内手ブレ補正搭載で電子20コマ/秒、メカ12コマ/秒、8K動画に対応!?
RFレンズ キヤノンがRFマウント用パンケーキズームを開発中!?「RF20-50mm F4-5.6 IS STM」!?
RF24-105mm F4-7.1 IS STM キヤノンが発表するレンズは「RF24-105mm F3.5-5.6 IS STM」ではなく「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」だった模様。
EOS R6 キヤノン「EOS R6」は、素晴らしい性能のボディ内手ぶれ補正を搭載し、グリップはEOS RPと同じタイプになる!?
EOS Kiss X10i キヤノンの新製品「EOS Kiss X10i」「RF24-105mm F3.5-5.6 IS STM」「QX10」のリーク画像
EOS R3 キヤノンは「EOS R5」とは別にEOS 5Ds/5Ds Rの後継機となる超高画素機を発表する!?名前は「EOS R3」になる!?
canon キヤノン キヤノンの2020年に登場する新製品噂まとめ【2020年2月】EOS R5、EOS R6、EOS Kiss X10i、そして謎のQX10など

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+