• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

タムロン、"究極"を目指した「SP 35mm F/1.4 Di USD」正式発表 - デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1188580.html

TAMRON SP 35mm F/1.4 Di USD(Model F045)

デジカメ Watchは、タムロンが「SP 35mm F/1.4 Di USD」を正式発表のニュースが掲載されています。


  • タムロンは「SP 35mm F/1.4 Di USD」(Model F045)のニコン用を6月26日に、キヤノン用を7月25日にそれぞれ発売。
  • 希望小売価格は税別11万5,000円。
  • 1979年に誕生したタムロンのSP(Superior Performance)シリーズに連なる1本。
  • SPシリーズが40周年を迎える2019年に、"35mm F1.4"という定番的スペックに同社の最高技術を結集したレンズだ。
  • 2月に開発発表し、CP+2019に参考出品。
  • 究極の写りを目指すレンズとして、解像力、点像再現性能、ボケ味をこだわりぬいた。
  • 風景、ポートレート、スナップといった多用途に訴求。
  • レンズ構成10群14枚。異常低分散レンズ4枚やガラスモールド非球面レンズ3枚を用いて、色収差や画質低下に繋がる諸収差を抑えた。
  • 反射防止コートは従来のBBARコーティングより更にゴーストやフレアの発生を抑え、ヌケもよいという「BBAR-G2コーティング」を採用。
  • 最前面のレンズは、より摩耗耐久性が向上したという防汚コート。レンズのメンテナンス性を高めた。
  • AF駆動には超音波モーターを使用。フルタイムマニュアル機構も使える。
  • 同レンズのために独自開発したというダイナミックローリングカム機構。
  • フォーカスレンズの駆動負荷を低減し、高温・低温下といった条件でも安定してAFが動作する。
  • ダイナミックローリングカム機構は、カム筒の摺動部にステンレスボールを配置。
  • フォーカシング時の摩擦抵抗を減らす仕組み。
  • F1.4の大口径レンズゆえフォーカスレンズも重く、これを超音波モーターで高速かつ安定して動作させるために取り入れた。
  • 別売の「TAMRON TAP-in Console」に対応。
  • 最短撮影距離0.3m。フィルター径72mm。ロック機構付きの花形フードが付属。
  • 最大径80.9mm。全長と重量はキヤノン用が104.8mm、815g、ニコン用が102.3mm、805g。
  • ニコンおよびキヤノンのフルサイズミラーレスに純正マウントアダプターで取り付けた場合、一眼レフカメラと同様の撮影機能が利用できる。

→SPレンズシリーズ40年目の挑戦 タムロンの技術を結集した究極の単焦点レンズ SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045) | 株式会社タムロン

→TAMRON | SP 35mm F/1.4 Di USD

とのこと



Tamron aff013 N-700 SP 45 MM F / 1.8 Di VC USD ( Model f013 ) for Nikon (国際モデル)保証なし



先日、英国でプレスリリースがフライング掲載された、タムロン「SP 35mm F/1.4 Di USD」ですが、やはりあのプレスリリースは本物だったようですね。写りだけではなく、AFやレンズの造り自体にも相当拘ってるようですね。しかもこれだけこだわってても価格が11万5,000円というのも良いですね。今後各所でレビューや作例が上がってくると思われますが、タムロン究極の単焦点がどんな評価をされるのか、非常に楽しみですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon, Nikon, TAMRON」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+