• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. ニコンのフルサイズミラーレスZ6とZ7のハンズオンレポート!?AFは非常に高速で、操作性も完璧!?α7シリーズに多くの類似点も!?ニコンのフルサイズミラーレスZ6とZ7のハンズオンレポート!?AFは非常に高速で、操作性も完璧!?α7シリーズに多くの類似点も!?(923views)
  2. パナソニックLUMIX LX100 MarkIIの製品画像がリークされた模様。パナソニックLUMIX LX100 MarkIIの製品画像がリークされた模様。(713views)
  3. パナソニックがGH5Sのセンサーを搭載したシネマカメラ「G90」を発表する!?パナソニックがGH5Sのセンサーを搭載したシネマカメラ「G90」を発表する!?(491views)
  4. 富士フイルムの「XF16-80mmF4 R OIS WR」と「XF16mmF2.8 R WR」は近日中にX-T3と共に発表される!?富士フイルムの「XF16-80mmF4 R OIS WR」と「XF16mmF2.8 R WR」は近日中にX-T3と共に発表される!?(260views)
  5. ソニーはキヤノンとニコンのフルサイズミラーレスを迎え撃つ準備が整っている!?ソニーはキヤノンとニコンのフルサイズミラーレスを迎え撃つ準備が整っている!?(125views)
  6. キヤノンのフルサイズミラーレスはフォトキナ後の10月に発表される!?キヤノンのフルサイズミラーレスはフォトキナ後の10月に発表される!?(122views)
  7. 来年の天皇陛下退位・即位式典会場で使用を許されるのはソニーのカメラだけ!?来年の天皇陛下退位・即位式典会場で使用を許されるのはソニーのカメラだけ!?(115views)
  8. 富士フイルム「フルサイズセンサーの能力が高いことはよく分かっている。だけど、それはやらない。我々が作ろうとしているカメラシステムとは方向性が違う。」富士フイルム「フルサイズセンサーの能力が高いことはよく分かっている。だけど、それはやらない。我々が作ろうとしているカメラシステムとは方向性が違う。」(99views)
  9. ニコンのフルサイズミラーレスは4500万画素機が4670ドル、2400万画素機が2900ドルになる!?ニコンのフルサイズミラーレスは4500万画素機が4670ドル、2400万画素機が2900ドルになる!?(86views)
  10. 近日中に登場するミラーレスまとめ【2018年8月】ニコンのフルサイズミラーレス、パナソニックLX100II、キヤノンのフルサイズミラーレス、富士フイルムX-T3&GFX-50R、ソニーα6700&α7S IIIなど。近日中に登場するミラーレスまとめ【2018年8月】ニコンのフルサイズミラーレス、パナソニックLX100II、キヤノンのフルサイズミラーレス、富士フイルムX-T3&GFX-50R、ソニーα6700&α7S IIIなど。(75views)

TAMRON(タムロン) 28-75mm F/2.8 Di III RXD Model A036 実写レビュー | フォトヨドバシ

http://photo.yodobashi.com/sony/lens/28-75_f28_a036/

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD レビュー

フォトヨドバシさんに、TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD レビューが掲載されています。


  • プラスチック製の外装や電子補正を前提とした光学設計により軽量コンパクトに仕上がっている。
  • 省略された手ブレ補正機構もスリムな鏡胴に一役買っているかもしれない。
  • AF/MF切り替えスイッチやフォーカスホールドボタンも備わっていない。それらも手頃な価格を実現するためかもしれない。
  • 一方でマウント部にはラバーシールも施されレンズ全体で簡易防滴構造を採用。
  • 使用頻度の高いズームリングは指先よく馴染むラバー仕上げが施されている。
  • 大事なポイントは押さえつつうまく肩の力を抜いた製品企画や設計はさすがと言っていい。
  • ズーム全域F2.8でありながら非常にコンパクト。
  • 街中スナップでは重さによる疲労感はなく軽快に撮影を楽しむことができる。
  • 旅先でも、この一本があれば、景から人物、食事に至るまで、あらゆる被写体を収めることが可能。
  • F2.8での描写と絞ったときの描写では若干その性格を変える傾向がみられる。
  • F2.8でのやわらかな描写、絞った際のキリっとした描写、それぞれにタムロンらしさがある。
  • 目がチカチカするほどキレのあるシャープさはない。
  • 人物を写すのにも、街でスナップを楽しむのにも、いい塩梅の画。
  • 最短撮影距離も0.19m(W)、0.39m(W)と短いのも魅力的。
  • コンパクトで軽量、そしてこの写り。簡易防滴構造、防汚コート搭載、屋外での撮影にも気軽に持ち出せるとなれば、どこに問題があるのか。

とのこと



ソニー SONY ズームレンズ FE 24-70mm F2.8 GM Eマウント35mmフルサイズ対応 SEL2470GM



TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXDは、こちらのレビューでもそうでしたが、開放ではやわらかく、絞ったときはシャープな描写になるようですね。ただ、そのシャープさもシグマArtレンズのようなカリカリなキレはないようです。あと、紫陽花の作例を見ると、後ボケがオールドレンズのようなザワついた感じになってます。若干クセのあるレンズかもですが、個人的にはこういう描写の方が好みなので、TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD良いですね。なんにせよ、F2.8通しをこのサイズと重さに抑えて、さらに価格も抑えたのは素晴らしいですね。生産が追いつかないほどの注文が入るのもわかる気がしますね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony, TAMRON」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+