• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. リコーイメージングがデジカメ事業を刷新。PENTAXは「各種カスタマイズの幅を拡げ工房的価値を提供」し、GRは「スペック競争からは一線を画し、徹底的にスナップ撮影への最適化を追い求る」模様。リコーイメージングがデジカメ事業を刷新。PENTAXは「各種カスタマイズの幅を拡げ工房的価値を提供」し、GRは「スペック競争からは一線を画し、徹底的にスナップ撮影への最適化を追い求る」模様。(550views)
  2. ソニーのVlog向けコンデジ「VLOGCAM ZV-1」の廉価版が登場する!?ソニーのVlog向けコンデジ「VLOGCAM ZV-1」の廉価版が登場する!?(320views)
  3. キヤノンが「EOS R5 C」を正式発表。電源ダイヤルでのモード切り替えでCINEMA EOS SYSTEMの動画機能と「EOS R5」の静止画機能を切り替えられる模様。キヤノンが「EOS R5 C」を正式発表。電源ダイヤルでのモード切り替えでCINEMA EOS SYSTEMの動画機能と「EOS R5」の静止画機能を切り替えられる模様。(264views)
  4. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(123views)
  5. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(99views)
  6. 「ライカQ3」らしきカメラの背面画像が登場。「ライカQ3」らしきカメラの背面画像が登場。(79views)
  7. キャノンが1月19日に発表する動画向けEOS R5「EOS R5c」の詳細スペックや製品画像がリーク。8K60Pで無制限録画が可能!?キャノンが1月19日に発表する動画向けEOS R5「EOS R5c」の詳細スペックや製品画像がリーク。8K60Pで無制限録画が可能!?(78views)
  8. ニコンの1.4倍テレコンバーター内蔵「NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S」正式開発。新開発の「メソアモルファスコート」と「シルキースウィフトVCM」を搭載。ニコンの1.4倍テレコンバーター内蔵「NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S」正式開発。新開発の「メソアモルファスコート」と「シルキースウィフトVCM」を搭載。(73views)
  9. キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?(57views)
  10. ソニーは2022年前半はレンズの発表に注力し、後半にカメラの発表を行う!?「FE 85mm F1.2 GM」「FE 24-70mm F2.8 GM II」「α7R V」「α9 III」が登場する!?ソニーは2022年前半はレンズの発表に注力し、後半にカメラの発表を行う!?「FE 85mm F1.2 GM」「FE 24-70mm F2.8 GM II」「α7R V」「α9 III」が登場する!?(46views)

新型APS-Cサイズセンサーを搭載したミドルクラスのデジタル一眼レフカメラ「PENTAX KP」を新発売|RICOH IMAGING

http://news.ricoh-imaging.co.jp/rim_info/2017/20170126_013974.html

PENTAX KP

リコーイメージングが、ミドルクラスのデジタル一眼レフカメラ「PENTAX KP」を発売。


  • 高画質・高性能なデジタル一眼レフカメラの利用シーンを広げ、日常的なスナップから過酷なアウトドア環境下まで幅広く対応できるモデルとして開発。
  • 内部構造を一から新設計した薄型のコンパクトボディに、新型CMOSイメージセンサーと高性能画像処理エンジンを搭載。
  • 階調再現性に優れた有効約2432万画素の極めて高画質な画像を得られる。
  • シャッタースピード換算で5段分に相当する5軸対応のボディ内手ぶれ補正機構。
  • 厳しい撮影環境下での使用を容易にする防塵・防滴構造やマイナス10℃までの動作を保証する耐寒性能も備える。
  • 撮影スタイルや装着レンズに応じて交換できるグリップ交換システムの採用。
  • 自分好みに画面配置を変更できるコントロールパネル。
  • 多彩なカスタマイズ機能を備えることで、幅広い撮影シーンへのフレキシブルな対応と、ユーザーがこだわりや愛着を持って所有していただける製品に仕上げている。

新製品PENTAX KP の主な特長

  • 1.有効約2432万画素の超高精細画像とISO819200の超高感度撮影を実現
  • 2.スナップ撮影にも適した小型設計と優れた耐環境性能を両立
  • 3.交換式グリップをはじめとする様々なカスタマイズ機能
  • 4.5軸対応、リアル・レゾリューション・システムを備えた独自の手ぶれ補正機構"SR II"
  • 5.1/24000秒の超高速撮影が可能な電子シャッター設定が可能
  • 6.視野率約100%の光学ファインダー
  • 7.高速化した27点測距AFシステム"SAFOX 11 "
  • 8.多彩な設定が可能なフルHD動画撮影機能
  • 9.上下チルト式3.0型液晶モニター
  • 10."ペンタックス リアルタイムシーン解析システム"

→PENTAX KP / デジタルカメラ / 製品 | RICOH IMAGING

→【イベント告知】PENTAX KP「夜の体験会」が全国5会場で開催 - デジカメ Watch

とのこと



PENTAX KP Image Movie



PENTAX デジタル一眼レフ KP ボディ 【シルバー】 KP BODY SILVER 16044



リーク情報通りに、「PENTAX KP」が登場しましたね。最初は「よく考えられたバッテリーグリップシステム」がが特徴になるとの話でしたが、どうやら「よく考えられた交換式グリップ」だったようですね。あと特筆すべきはやはりISO819200ですが、どんな写りになるんですかね。なおAPS-C一眼レフ機だとD500のISO1640000が最高だと思いますが、数値は高くても画質はフルサイズ機には及ばないようなので「PENTAX KP」の高感度性能がどんなものなのか気になりますね。また、リリース文でも「ミドルクラス」と言っていますし、公式サイトの商品ラインナップでもK-3IIとK70の間に位置しているので、あくまでもフラッグシップ機はK-3シリーズという位置づけのようですね。まあ、上面液晶が付いてなかったりしますしね。あと気になっていた前面の巨大なダイヤルですが、ユーザーがカスタム可能なダイヤルでした。しかし、「PENTAX KP」ボタンやダイヤルかなりの数搭載されているので、カスタムすればかなり使い勝手良さそうな感じがしますね。とりあえず、実機を触ってみたいですねえ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「PENTAX」カテゴリの最新記事

PENTAX, RICOH」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+