• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

パナソニック、ミラーレスカメラ「LUMIX S1R」「LUMIX S1」を国内発売 - デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1169564.html

パナソニック、ミラーレスカメラ「LUMIX S1R」「LUMIX S1」

デジカメ Watchに、パナソニック、ミラーレスカメラ「LUMIX S1R」「LUMIX S1」を国内正式発表のニュースが掲載されています。


  • パナソニックは、ミラーレスカメラ「LUMIX S1R」(DC-S1R)、「LUMIX S1」(DC-S1)を3月23日に発売。
  • ボディ単体の店頭予想価格、LUMIX S1Rが税別46万4,000円前後、LUMIX S1が税別31万4,000円前後。
  • 標準ズーム「LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.」が付属するレンズキットの店頭予想価格は、LUMIX S1Rキットが税別57万6,000円前後、LUMIX S1キットが税別42万6,000円前後。

→DC-S1R | Sシリーズ フルサイズ一眼カメラ | デジタルカメラ LUMIX(ルミックス) | Panasonic

→DC-S1 | Sシリーズ フルサイズ一眼カメラ | デジタルカメラ LUMIX(ルミックス) | Panasonic

とのこと

パナソニック、Lマウント交換レンズ3本を国内発表 - デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1169565.html


デジカメ Watchに、パナソニック Lマウント交換レンズ3本を国内発表のニュースが掲載されています。


LUMIX S PRO 50mm F1.4(S-X50)

LUMIX S PRO 50mm F1.4(S-X50)

  • 希望小売価格は税別28万5,000円。
  • レンズ構成11群13枚(非球面2枚、ED3枚)。
  • 最短撮影距離0.44m。
  • 絞り羽根11枚(円形絞り)。最小絞りF16。
  • 最大撮影倍率0.15倍。フィルター径77mm。
  • 最大径×全長90×約130mm。重量約955g(フード、前後キャップを除く)

LUMIX S PRO 70-200mm F4 O.I.S.(S-R70200)

LUMIX S PRO 70-200mm F4 O.I.S.(S-R70200

  • 希望小売価格は税別21万円。
  • レンズ構成17群23枚(非球面1枚、UED1枚、ED3枚、UHR1枚)。
  • 最短撮影距離0.92m。
  • 絞り羽根は9枚(円形絞り)最小絞りF22。
  • 最大撮影倍率0.25倍。フィルター径77mm。
  • 最大径×全長84.4×約179mm。重量約985g(フード、前後キャップ、三脚座を除く)。

LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.(S-R24105)

LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.(S-R24105)

  • 希望小売価格税別16万円
  • レンズ構成13群16枚(非球面ED2枚、非球面2枚、UED2枚、ED2枚)。
  • 最短撮影距離0.3m
  • 絞り羽根9枚(円形絞り)。最小絞りF22。
  • 最大撮影倍率0.5倍。フィルター径77mm
  • 最大径×全長84×約118mm。重量約680g

→LUMIX S PRO 50mm F1.4 | Sシリーズ 交換レンズ | 交換レンズ | デジタルカメラ LUMIX(ルミックス) | Panasonic

→LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S. | Sシリーズ 交換レンズ | 交換レンズ | デジタルカメラ LUMIX(ルミックス) | Panasonic

→LUMIX S PRO 70-200mm F4 O.I.S. | Sシリーズ 交換レンズ | 交換レンズ | デジタルカメラ LUMIX(ルミックス) | Panasonic

とのこと



LUMIX S1で全編撮影「GRAVITATION」【パナソニック公式】



海外で発表されていたパナソニックの「LUMIX S1R」「LUMIX S1」とレンズ3本が、やっと日本でも正式発表されましたね。S1Rは税込みだと50万超えますね。まあ確かにスペックはスゴいです。現時点で4K60pが撮れる唯一無二のフルサイズミラーレスですしね。でも動画メインならS1がいいですよね。録画時間もS1Rは最大15分ですが、S1は4K60p最大29分59秒、4K30pは時間制限なしですしね。あと、レンズはやはり50mm F1.4が気になりますね。他の50mmF1.4と比較するとかなり巨大で値段も高価です。どんな描写をするのか気になりますね。なお、パナソニックは2020年までに10本以上のレンズを計画しており、今年は標準と望遠の大三元と広角の小三元を予定しているので、こちらの発表も楽しみです。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Panasonic」カテゴリの最新記事

Panasonic」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+