• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

新会社で初のカメラ新機種「OLYMPUS PEN E-P7」6月25日発売 - デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1330002.html

OLYMPUS PEN E-P7

デジカメ Watchに、OMデジタルの新製品「OLYMPUS PEN E-P7」発表のニュースが掲載されています。


  • OMデジタルソリューションズは、「OLYMPUS PEN E-P7」を6月25日に発売。
  • 価格オープン。店頭予想価格はボディ単体が9万4,000円前後
  • 14-42mm EZレンズキットが10万8,000円前後(いずれも税込)。
  • ボディカラーはシルバーとホワイトの2色。
  • PENシリーズとしては2019年発売の「OLYMPUS PEN E-PL10」、E-Pシリーズの型番としては2013年の「OLYMPUS PEN E-P5」以来となる新機種。
  • OMデジタルソリューションズに移ってから初めて投入されるカメラ新機種。
  • 有効約2,030万画素Live MOSセンサーや画像処理エンジン「TruePic VIII」をOM-D E-M10 Mark IVから継承。
  • PEN-Fで特徴的だったボディ前面の専用操作部+プロファイルコントロール機能を搭載。
  • PEN-Fではフィルムカメラにおける低速側のシャッターダイヤルをモチーフにしたようなダイヤル式の操作部だった。
  • E-P7ではセルフタイマーレバーを想起させるようなレバー式スイッチを採用。
  • 外観デザインは、最新のE-PLシリーズのようなシンプルなスタイリングを基本としながら、銀塩一眼レフのペンFのようにレンズをまたいで左右の張り革に段が設けられていたり、AF補助光のランプ部分に縁取りがなされるなど、昔ながらの雰囲気を感じさせる要素が各部に見られる。
  • ボディ上面のダイヤルには削り出しのアルミ素材を採用。
  • ポップアップ式の内蔵ストロボも備えている。
  • ボディ内手ブレ補正の効果は、5軸・最大4.5段分。
  • OM-Dシリーズで定評があるという「顔優先/瞳優先AF」搭載。背面モニターはチルト式。
  • バッテリー「BLS-50」採用。本体側面のMicro-B端子を用いたUSB充電に対応。
  • 連携するスマートフォンアプリは引き続き「OI.Share」。
  • 別売アクセサリー、専用本革ボディージャケット「CS-54B」(6月25日発売。税込6,188円)を用意。
  • 発売済み本革ショルダーストラップ「CSS-S109LLII」や本革レンズジャケット「LC-60.5GL」との組み合わせを想定。
  • 外形寸法118.3×68.5×38.1mm。重量本体のみ約337g(付属バッテリーとメディア含む)
  • キット標準ズーム「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」と組み合わせて430g。

OLYMPUS PEN E-P7



→OLYMPUS PEN E-P7 | デジタル一眼カメラ PEN | オリンパス:カメラ、オーディオ、双眼鏡

とのこと



OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN E-P5 ボディ(ボディキャップレンズ BCL-1580セット) シルバー E-P5 BODY SLV



リーク情報通りに「OLYMPUS PEN E-P7」が正式発表されましたね。OMデジタルとしては記念すべき初のカメラ新製品になりますね。ベースは「OM-D E-M10 Mark IV」なので、驚くようなスペックではないですが、PEN-Fからプロファイルコントロールを引き継いだり、フィルムカメラのペンFライクなボディのデザイン処理が随所にちりばめられていて、個人的にはかなり好みのカメラに仕上がってますね。あと、久しぶりのE-Pシリーズなのもいいですよね。オンリパスのマイクロフォーサーズはE-Pシリーズの1号機であるE-P1からスタートしたわけで、そのE-PシリーズをOMデジタルとしてスタートに持ってくるのは、感慨深くもありますね。引き続き、これからのOMデジタルの新製品に期待したいですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「OLYMPUS」カテゴリの最新記事

OLYMPUS」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+