• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

BREAKING: Fujifilm X-H2 Coming 2022 with 40 (not 43) Megapixel Sensor - Fuji Rumors

https://www.fujirumors.com/breaking-fujifilm-x-h2-coming-2022-with-40-not-43-megapixel-sensor/

X-H2

Fuji Rumorsに、富士フイルム「X-H1」後継機「X-H2」の噂が掲載されています。


  • 先日開催された「FUJIFILM X Summit」で富士フイルムが語ったことをここで紹介する。
  • Xシリーズには積層型裏面照射センサーが搭載される。
  • X-Transカラーフィルター配列を採用する。
  • より高解像度のAPS-Cカメラが登場する(予想通り)。
  • 昨年、ソニーは新しい4300万画素のAPS-C積層型裏面照射センサーを発表した。
  • 誰もがソニーのセンサーをベースにした4300万画素APS-C積層型裏面照射センサーを搭載した富士フイルムX-H2が登場するのではと予想している。
  • しかし、そうではない。
  • Xサミットの後、複数の信頼できるソースから連絡があり「X-H2」には4000万画素センサーが搭載されることをR読者の皆さんにお知らせしたいと思う。
  • それ以上の詳細は今のところない。
  • 今のところ、私たちが以前に話したのと同じ4300万画素のセンサーなのか?
  • しかし富士フイルムが何らかの不明瞭な理由で実質的に4000万画素しか使わないのか?
  • あるいは単に私たちがまだ知らない別のセンサーなのかはわからない。
  • これについては調査してお知らせする。
  • 確かなことは、富士フイルムの「X-H2」は、4000万画素機として販売され、売り出されるということだ。
  • 率直に言って、画素数が重要視される世界で、4300万画素センサーを使用し、それを低解像度の4000万画素センサーとして宣伝するのは、マーケティング上の悪い動きだ。
  • 私の推測では、これは真の4000万画素センサーだ。
  • しかし、注意して欲しい。すでに独占的に、2台の「X-H2」が登場すると伝えている。
  • 両方ともこの4000万画素センサーを搭載し、片方はX-Transバージョンで、もう片方はより手頃な価格のベイヤーセンサーを搭載するのだろうか?
  • また、1台は自撮り用液晶、もう1台は3方向のチルトスクリーンを搭載するのだろうか?
  • レトロバージョンとPSAMバージョンなのか?
  • それとも、全く異なる2つのセンサーが搭載されるのだろうか?
  • それとも、同じセンサーで、ファンを内蔵した動画向けのカメラと、静止画向けのボディに分かれているのだろうか?

とのこと



FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-H1ブラック X-H1



以前には、ソニーの4300万画素APS-Cセンサー「IMX671AQR」が「X-H2」に搭載されるという話が上がってましたが、今回の噂だとセンサーはこの4300万画素センサーでは無いという話のようですね。現在他の噂では、新しいX-Transセンサーと画像処理エンジンを積んだ最初のXシリーズになる2つのバージョンが登場するという話になってますが、どうなるんですかね。なんにせよ、一時期はシリーズ存続が危ぶまれていましたが、先日のXサミットでは、富士フイルムはXシリーズ次期フラッグシップ機に積層型センサーを搭載し2022年発売すると明言していたので、一安心といったところですかね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「FUJIFILM」カテゴリの最新記事

FUJIFILM」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+