• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

Fujifilm X-H2 with 40MP? Don't Worry About Low Light Performance, as More Pixels are Better for That (but Not For...) - Fuji Rumors

https://www.fujirumors.com/fujifilm-x-h2-with-40mp-dont-worry-about-low-light-performance-as-more-pixels-are-better-for-that-but-not-for/

Fuji Rumorsに、富士フイルム「X-H1」後継機「X-H2」の噂が掲載されています。


  • 富士フイルム「X-H2」が4000万画素センサーを搭載するという噂を報じたとき、一部の関係者は、低照度性能がメガピクセルの増加によってひどく損なわれるのではないかと懸念した。
  • しかし、慌てる必要はありません。これは単なる作り話であり、長い間生き続けてきたが、ついにDPReviewTVがそれを否定した。
  • 彼らは、低解像度の「α7S」と高解像度の「α7R」をプリントし、低照度のポートレートの結果を比較した。
  • 要するに「α7S」は本質的にノイズが少ないかもしれないが拡大率が高いためノイズはよりブロック化されて見え、したがってカラーノイズのブロックも大きくなっている。
  • また「α7S」のファイルはかなりソフトに見える。一方、高解像度の「α7R」のノイズは、暗い場所でもシャープに見える。
  • プロの印刷会社を経営している方が「私は低解像度を望んだことはありません。私はいつもより高い解像度を望んでいます」と言っていたのが気に入りました。
  • これはかなりポイントを突いていると思う。
  • また、「α7R」の方がピクセル数が多いため、ノイズリダクションを適用しても、シャープな外観のファイルで済むため、ノイズパフォーマンスも向上する。
  • 皆さん、4000万画素の「X-H2」の低照度性能について慌てる必要はない。
  • 低解像度で本当に差が出るのは、ノイズ性能ではなく、センサーの読み出しであり、これが低画素を支持する唯一の重要な点だ。
  • 画素数が少ないということは、プロセッサが読み出すファイルのサイズが小さくなるということであり、それに伴って、動画や電子シャッター静止画でのローリングシャッターの減少、高フレームレート記録でのクロップの発生、オーバーヒートの問題の減少などのプロセッサーに付随するすべてのメリットがある。
  • また、コンピュテーショナルフォトグラフィーも、センサーが小さいほど実現しやすくなる。
  • 例えば、スマートフォンではどのようなことができるのか。
  • そしてこれは、フルサイズや、それよりも70%以上大きい他のセンサーフォーマットであるGFXシステムよりも、APS-Cセンサー(そしてm4/3センサーではさらに)の大きな利点でもある。
  • 富士フイルムは賢明でなければならず、APS-Cのセンサー高速読み出しの利点を最大限に活用する必要がある。
  • たとえば、X-T3はビデオのスペックで競合他社を大きく引き離した。
  • 富士フイルムの「X-H2」もこの点ではおそらく驚くべきものになるでしょう。
  • しかし、本当の意味での魔法は、コンピュテーショナルフォトグラフィーだ。
  • 富士フイルムが3年間のAI計画で述べたように、これを実現すれば、驚くようなものが登場することになるだろう。
  • ただし、条件が1つある。
  • それは、コンピューテーショナルフォトグラフィが写真家の仕事を引き継ぐことは決してなく(スマートフォンのように、基本的にはあなたのために 「考える」)、私たちが使いたい時に使ったり無視したりできる選択肢であることです。

とのこと



FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-H1ブラック X-H1



Xサミットで富士フイルムはXシリーズ次期フラッグシップ機に積層型センサーを搭載し2022年発売すると明言し、先日には、4000万画素の積層型裏面照射センサーを搭載するという噂の上がった「X-H2」ですが、低照度性能が心配されてたんですかね。たしかに現在のAPS-Cで最も高画素なのは有効画素3250万の「EOS 90D」や「EOS M6 Mark II」で、4000万画素機は登場してないですからね。そして「X-H2」の最大の特徴はセンサーの高速読み出しによる動画性能になるとのことで、どんなスペックで登場するのか、期待したいですね。なお、噂では「X-H2」は2バージョン登場するという話も上がってますよね。こちらはどうなるんですかね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「FUJIFILM」カテゴリの最新記事

TAMRON タムロン タムロンのフルサイズEマウント用「28-75mm F/2.8 Di III VXD G2」(Model A063)、「35-150mm F/2-2.8 Di III VXD」(Model A058)とXマウント用「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」(Model B061)が予約殺到で生産が追いつかない模様。
タムロンの富士フイルムXマウント用のAPS-Cレンズ「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」(Model B061) タムロンが富士フイルムXマウント用レンズ「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」(Model B061)を正式発表。
シグマのXマウントレンズ シグマが富士フイルムXマウント用レンズを今年中に発表する!?
富士フイルム「GF30mmF4.5」と「GF30mmF4」の特許 富士フイルム「GF30mmF4.5」と「GF30mmF4」の特許
富士フイルムX-H2 富士フイルム「X-H2」は、4000万画素の積層型裏面照射センサーを搭載する!?
富士フイルムのデジカメ「F210005」がBluetooth認証を通過。X-T30 II?もしくは別のカメラ? 富士フイルムのデジカメ「F210005」がBluetooth認証を通過。X-T30 II?もしくは別のカメラ?
富士フイルム「X-T3 WW」 富士フイルムが「X-T3 WW」を海外で発表した模様。
富士フイルムX-H2 富士フイルムがXシリーズの次期フラッグシップ機に積層型センサーを搭載すると明言。登場は2022年の見込みの模様。
X-T30 II 富士フイルムが「X-T30 II」「XF23mmF1.4 R LM WR」「XF33mmF1.4 R LM WR」を正式発表。XFレンズのロードマップも更新。
GFX50S II 富士フイルムが「GFX50S II」「GF35-70mmF4.5-5.6 WR」を正式発表。GFレンズのロードマップも更新。
富士フイルムX-H2 富士フイルム「X-H2」は、2つのバージョンが登場する!?
GF35-70mmF4.5-5.6 WR 富士フイルムの新しいGFX用ズームレンズ「GF35-70mmF4.5-5.6 WR」は「GF32-64mmF4 R LM WR(重量875g)」の半分以下の重さになる!?

FUJIFILM」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+