• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

富士フイルム、動画性能が強化されたX-T200 - デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1230963.html

X-T200

デジカメ Watchに、富士フイルムX-T100の後継「X-T200」正式発表のニュースが掲載されています。


  • 富士フイルムは、「FUJIFILM X-T200」を2月27日に発売。
  • カラーはシルバー、ダークシルバー、シャンパンゴールド。
  • 価格はオープン。店頭予想価格はレンズキットが税別9万4,500円前後
  • ダブルズームレンズキット税別11万9,500円前後の見込み。
  • レンズキットが「フジノンレンズ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」同梱。
  • ダブルズームレンズキットは、上記に「フジノンレンズ XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II」の構成。
  • センサー有効約2,424万画素APS-Cベイヤーセンサー
  • AF性能はセンサー全面に像面位相差画素を配置し、アルゴリズムの進化により向上
  • 動体追従AFや顔・瞳AF対応。暗所でも高速かつ高精度にピントを合わせることが可能。
  • メカニカルシャッター4秒~1/4,000秒。電子シャッター4秒~1/32,000秒。最長60分バルブ撮影対応。
  • 連写コマ数、最大約8コマ/秒。フィルムシミュレーションモードにも対応。
  • X-Pro3の「クラシックネガ」の名はみられない。
  • ISO感度ISO 200~12800(拡張時最大:ISO 51200)。
  • 動画撮影性能が強化。振動の検出用にジャイロセンサーを内蔵。
  • 同社製デジカメ初の「電子ジンバルモード」搭載した。
  • これにより、動画撮影時に生じる映像のブレを抑制できるとしている。
  • 4K動画対応。フレームレート最大で29.97P。
  • センサー全画素の読み出しで6K相当の情報量をいかしたノイズの少ない高画質な記録が可能。
  • 動画から静止画カットを切り出すことができる「カット編集」機能も新たに搭載。
  • 背面モニターは3.5インチ(縦横比16:9)のタッチパネル式。
  • 明るさ最高輝度で1000カンデラ。バリアングル式。
  • ファインダーは0.39型有機ELタイプ(約236万ドット)。
  • アイセンサー搭載、アイポイント約17.5mm。ファインダー倍率0.62倍。
  • 入出力端子はUSB Type-CとHDMIマイクロ端子(Type D)、3.5mm径のマイク/リモートレリーズ端子を備える。
  • Wi-Fi(IEEE802.11b/g/n)、Bluetooth Ver.4.2(Bluetooth low energy)に対応。
  • 記録メディアはSDカード。バッテリー「NP-W126S」。
  • 外形寸法:幅121.0×高さ83.7x奥行き55.1mm。質量:約370g(付属バッテリー、メモリカード含む)。

→ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T200」新発売 | 富士フイルム [日本]

→FUJIFILM X-T200 | Cameras | 富士フイルム Xシリーズ & GFX

とのこと



FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-T100ダブルズームレンズキット ブラック X-T100WZLK-B



リークされていた「X-T200」が正式発表されましたね。やはりバリアングル液晶を搭載してきましたね。あと動画周りがかなり強化されてます。一緒に登場した「XC35mmF2」との組み合わせなら、低価格でボケを活かしたハイクオリティな動画が撮れそうな感じしますね。あと富士が初搭載させた「電子ジンバルモード」がどの程度の効果があるのが気になりますね。各所でのレビューに期待ですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「FUJIFILM」カテゴリの最新記事

FUJIFILM」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+