• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

デジタル一眼レフカメラのフラッグシップ機"EOS-1D X Mark III"を開発 | キヤノングローバル

https://global.canon/ja/news/2019/20191024.html

EOS-1D X Mark III


  • キヤノンは、スポーツや報道、スタジオ撮影などプロの撮影現場に求められる高い性能と信頼性を備えた「EOS-1」シリーズの最新機種“EOS-1D X Mark III”の開発を進めている。従来機種「EOS-1D X Mark II」(2016年4月発売)より、さらなる高画質と高速連写、快適な操作性を目指している。
  • 開発中の「EOS-1D X Mark III」の主な特長は、以下を予定。

1.新開発の CMOS センサーと映像エンジンによる高画質撮影・高速連写

  • 独自開発中のCMOS センサーと映像エンジンを搭載することにより、従来機種を上回る高感度での静止画撮影が可能。HEIF※ファイルへの 10bit の静止画記録に対応。加えて、動画撮影では、4K/60p/YCbCr 4:2:2/10bit/Canon Logでの内部記録とRAW データでの動画内部記録が可能。
  • 光学ファインダー撮影において、最高約 16 コマ/秒(AF・AE 追従)、ライブビュー撮影において、最高約 20 コマ/秒(AF・AE 追従)の従来機種を上回る連続撮影速度を実現。さらに、ライブビュー撮影では、メカシャッターと電子シャッターの両方で撮影可能。
  • RAW 撮影において、従来機種と比べて、5 倍以上の連続撮影可能枚数(連写時)を実現。
  • ※ High efficiency image file format。JPEG と比較してより広いダイナミックレンジ、色再現域を表現できる。

2. 新開発の AF センサーと AF アルゴリズムにより高精度 AF を実現

  • 従来機種に比べて、中央画素部分の画素数を約 28 倍にした新しいタイプの AF センサーを開発。
  • AF センサーから得られる高解像な信号を解析することにより、光学ファインダー撮影時に高い合焦精度を実現。さらに光学ファインダー、ライブビューのいずれの撮影時においてもAF の輝度範囲が拡大。
  • 光学ファインダー、ライブビューのいずれの撮影においても、ディープラーニング技術を
  • 用いて追尾性能を高め、AF の安定性も向上した新しい AF アルゴリズムを搭載。
  • ライブビュー撮影において、撮像面の約 100%(縦)×約 90%(横)の測距エリアで AF 可能。さらに、自動選択時最大 525 分割の測距点で AF が可能。

3. プロのニーズに対応した通信機能の強化

  • 開発中の“ワイヤレスファイルトランスミッター WFT-E9”(無線認可申請中)を合わせて用いることで従来機種の「WFT-E8」(2016 年 4 月発売)より 2 倍以上の無線通信速度※1で画像データの転送が可能。また、“WFT-E9”は「EOS C500 Mark II」(2019 年 12 月発売予定)にも装着可能。
  • 開発中の“EOS-1D X Mark III”は、スマホなどの携帯端末へのWi-Fi/BluetoothRによる接続に対応※2。撮影地点の位置情報を自動的に記録する GPS 機能も搭載。・有線LAN 機能において、従来機種より2 倍以上の通信速度※1で画像データの転送が可能。
  • ネットワーク接続に関するユーザーインターフェースを従来機種から改善。
  • 機材連携による機能を拡張。開発中の“リモートコントロールパンチルトシステム”に対応し、遠隔操作を実現。
  • ※1 通信環境によって通信速度が低下することがあります。
  • ※2 Bluetooth Low Energy 技術に対応。

4. プロの撮影現場に耐えうる信頼性

  • 高い剛性を備えたマグネシウム合金製ボディーの採用により、高い信頼性を確保。
  • 暗所でのメニュー操作や再生操作をサポートするため、背面の一部の操作ボタンにバックライトを採用。
  • CFast2.0 から CFexpress カードスロットに変更することにより、高速書き込みが可能。
  • CFexpress カードスロットは 2 基搭載。
  • AF スタートボタン内部に新たなデバイスを導入。ボタンから指を離さずにすばやく AF 測距点位置を設定することが可能。
  • 電源には「バッテリーパック LP-E19」を使用。新設計の電力消費マネジメントにより、従来機種よりも撮影可能枚数が増加。

→デジタル一眼レフカメラのフラッグシップ機“EOS-1D X Mark III”を開発(PDF)

とのこと

キヤノン:EOS-1D X Mark III スペシャルサイト

https://cweb.canon.jp/eos/special/1dxmk3/

EOS-1D X Mark III


EOS-1D X Mark III:AF/AE

  • 光学ファインダー撮影用新型AFセンサー搭載
  • EOS-1D X Mark II比、約28倍のAFセンサー画素数 (EOS-1D X Mark II 約36万画素)
  • 高解像AF信号の解析により、検出精度が向上
  • ディープラーニング技術により、追尾性能を高めたAFアルゴリズム
  • 光学ファインダー撮影時のAF輝度レンジの向上 (EOS-1D X Mark II EV-3~18)
  • ライブビュー撮影時のAF輝度レンジの向上(EOS-1D X Mark II EV-3~18)
  • ライブビュー撮影時のAF領域が最大約90%(横)×約100%(縦)に拡大(EOS-1D X Mark II 最大約80%(横)×約80%(縦))
  • ライブビュー自動選択時、最大525分割でAF可能

EOS-1D X Mark III:高速性能

  • 光学ファインダー撮影時、
  • 最高約16コマ/秒(AF/AE追従)の高速連写(EOS-1D X Mark II 約14コマ/秒)
  • ライブビュー撮影時、最高約20コマ/秒(AF/AE追従)の高速連写 (EOS-1D X Mark II AF/AE固定で約16コマ/秒)
  • RAW撮影における連続撮影可能枚数が
  • EOS-1D X Mark II比最大5倍以上(EOS-1D X Mark II 約170枚)

EOS-1D X Mark III:ネットワーク

  • Wi-Fi、Bluetooth※による接続に対応 ※Bluetooth Low Energy技術
  • GPS機能を搭載
  • 有線LANおよび、ワイヤレスファイルトランスミッター
  • WFT-E9使用時の無線通信を、
  • EOS-1D X Mark II+WFT-E8比最大2倍以上高速化
  • ネットワーク接続インターフェースの改善

EOS-1D X Mark III:信頼性/操作性

  • マグネシウム合金製ボディー
  • ボタン照明の採用
  • マルチコントローラー搭載
  • AF測距点選択用の新部材をAF-ONボタンに搭載
  • CFexpressカード対応デュアルスロット搭載
  • バッテリーはEOS-1D X Mark II同様LP-E19を採用も、電源消費マネジメントの見直しにより撮影可能枚数が向上 (EOS-1D X Mark II 約1210枚(ファインダー撮影・フル充電・常温+23℃))

EOS-1D X Mark III:その他

  • 開発発表済みのリモートコントロールパンチルトシステムに対応
  • ワイヤレスファイルトランスミッター WFT-E9は、
  • EOS-1D X Mark IIIおよびEOS C500 Mark IIで使用可能

とのこと



GotorR アイカップEG EOS 5DMK4 5DMK3 5DS 5DSR 1DX 1DXMK2 7D 7DMK2 対応交換用 一眼レフカメラアクセサリー 360°回転式 保護用



発表の噂が急浮上したEOS-1D X Mark IIIですが、いきなり本当に開発発表が来ましたね。見た目はそこまで大きな違いはありませんが、中身はかなり進化していそうな感じですね。動画周りも強化されてますが、やはり気になるのは高速連写性能ですよね。メカシャッターでMarK IIより2コマアップの16コマ、ライブビューでは4コマアップの20コマになりました。ミラーレス機の高速連写機α9 IIの20コマに並びましたね。あとはニコンが開発発表している直接のライバル機「D6」の高速連写性能がどうなるのか気になりますね。今頃D6の開発陣がザワザワしているのか、それともドヤ顔でいるのか、どうなんでしょうかねえ。あと、2810万画素、連写30コマ/秒、デュアルDIGIC 9でボディ内手ブレ補正搭載なんて噂上がってましたが、少なくとも連写は外れてましたね。あとはボディ内手ブレ補正などが正式発表時にどうなるのか、無いかなあ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+