• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

16年連続でレンズ交換式デジタルカメラの世界シェアNo.1を達成 | キヤノングローバル

https://global.canon/ja/news/2019/20190327.html


  • キヤノンは、レンズ交換式デジタルカメラ(デジタル一眼レフカメラおよびミラーレスカメラ)の世界市場において、2003年から2018年まで16年連続で台数シェアNo.1を達成。
  • 2003年、黎明期におけるデジタル一眼レフカメラとして、画期的な小型・軽量と低価格を実現したエントリーモデル「EOS Kiss Digital」を発売
  • 市場拡大のきっかけを作り、圧倒的世界シェアNo.1を獲得。
  • その後もプロ向けのEOS-1Dシリーズや、一眼レフカメラによる動画撮影を普及させたEOS 5Dシリーズなどの時代を切り拓く製品を提案し。
  • 2018年は、初心者でも本格的な撮影を手軽に楽しめるミラーレスカメラ「EOS Kiss M」やデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X90」を3月に発売
  • ラインアップのさらなる充実を図ることで、2018年において世界シェアNo.1を達成。
  • 2018年10月には、撮影領域のさらなる拡大と新しい映像表現の可能性を追求し、レンズを核とする新システム「EOS Rシステム」のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R」を発売。
  • 本年3月にはフルサイズセンサーによる高画質を小型・軽量なボディーで実現したミラーレスカメラ「EOS RP」を発売
  • 開発中のRFレンズを含め、「EOS Rシステム」の拡充を図っている。
  • キヤノンは、これからも光学技術を中心に映像技術に磨きをかけ
  • EOSシステムをさらに強化・拡充することで、新たな映像領域を切り拓き
  • 写真・映像文化のさらなる発展に貢献していく。

とのこと



キヤノンの仕事術 (祥伝社黄金文庫 さ 13-2)



16年連続ですか。やはりキヤノンはスゴいですね。ソニーがフルサイズ市場でグローバルシェアナンバーワンになったという話も出てましたが、全体で見た場合はやはりキヤノンですね。さらにキヤノンは昨年フルサイズミラーレス機も投入したので、今後さらにシェアを伸ばすかもですよね。あと同じようにフルサイズミラーレス投入したニコンや、現フルイサイズトップのソニーなどがどこまで食いついていくのか、どうなるんですかねえ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+