• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

只今メンテナンス中です。

Lower end EOS R body to omit the touch bar | Canon Rumors

https://www.canonrumors.com/lower-end-eos-r-body-to-omit-the-touchbar/


Canon Rumorsに、キヤノンEOS Rのエントリー機の噂が掲載されています。


  • 2019年に登場するエントリークラスのEOS Rはマルチファンクションバーを搭載していないと聞いている。
  • これは現在のEOS Rで評価が二分している機能だ。
  • これが元々のエントリークラスのEOS Rの計画の一部であり、マルチファンクションバーについてのユーザーとメディアのフィードバックが関係しているためではないと考えている。
  • キヤノンが1回でこの機能の搭載をあきらめるとは思わない
  • おそらく2019年に登場するハイエンドのEOS Rで何らかの形でそれが搭載されると予想している。
  • EOS Rの今後のファームウェアアップデートは、一部のユーザーがEOS Rのタッチバーで経験した問題のいくつかを修正するかもしれない。

とのこと



キヤノン EOS R フルサイズミラーレス一眼ボディー



現時点ではあまり評判の良くないように感じるマルチファンクションバーですが、エントリー機には搭載されないんですかね。どうも評価のせいではなくコストのせいのようですが、どうなんですかね。EOS Rはファームウェアアップデートの噂も出てるので、こういうアップデートでマルチファンクションバーの使い勝手が良くなるといいですねえ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Canon」カテゴリの最新記事

キヤノンEOS Rが、DxOMarkのセンサースコアに登場。EOS 5D Mark IVとほぼ同等。ソニーα7 IIIやニコン Z 6より若干下の模様。 キヤノンEOS Rが、DxOMarkのセンサースコアに登場。EOS 5D Mark IVとほぼ同等。ソニーα7 IIIやニコン Z 6より若干下の模様。
canon キヤノン キヤノンがEOS Kiss X9後継機を近日中に発表する模様。
タムロン タムロンがRFマウントとZマウントのレンズ開発を検討している模様。ニコンからはZ7の上位機の登場の可能性が高い模様。
キヤノン インスタントカメラ「ZV-123」 キヤノンからフォトプリンタ内蔵のインスタントカメラ「ZV-123」が登場する模様。
キヤノン EF10mm F2.8 USM キヤノンがフルサイズ用レンズ「EF10mm F2.8」を開発中!?
canon キヤノン キヤノンはEOS Rのボディ内手ブレ補正とレンズ側手ブレ補正を検討中。ユーザーが求めるならEF-Mマウントをこのまま続ける模様。
EOS-1D X Mark III キヤノンEOS-1D X Mark IIIは2019年末から2020年6月の間に登場する!?プロ向けEOS Rシリーズはその後に登場する!?
EOS R キヤノンから次に登場するEOS Rは、7000万画素以上でボディ内手ブレ補正を搭載する!?
RF135mm F1.4L USM キヤノンがEOS R用レンズ「RF135mm F1.4L USM」と「RF135mm F1.8L USM」を開発中!?2020年に登場!?
RF14-21mm F1.4L USM キヤノンから来年「RF14-21mm F1.4L USM」が登場する!?他にもクレイジーなスペックの単焦点レンズが登場!?
YONGNUO YN450 【CP+2019】1600万画素マイクロフォーサーズセンサーを搭載しEFマウントでレンズ交換式のAndroidスマホ型カメラ「YONGNUO YN450」がCP+2019に展示されていた模様。
canon キヤノン 【CP+2019】キヤノンがCP+2019で、5機種のコンセプトモデルを展示している模様。「ソトアソビカメラ」「Multifunctional Camera」「インテリジェントコンパクトカメラ」「Kids Mission Camera」「自由視点映像生成システム」

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+