• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

こんな素晴らしいスペックのカメラが出るそうです: 小原玲(動物写真家)のブログ

http://reiohara.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-9eb4.html

サムスンのミラーレスAPS-Cフラッグシップ機「NX1」

小原玲氏がご自身のブログにてサムスンのミラーレス「NX1」の話をしています。


  • 以下は架空の話。
  • 某C社が来年のCP+で発表するカメラの詳細が漏れて来た。
  • ミラーレスAPS-Cローパスレス裏面照射2,820万画素
  • 秒間15コマAF連動、AFポイントは205ポイント
  • 液晶遅延0.005秒
  • 4K動画(24fps)
  • レンズ50-150mmF2.8 S ED OIS
  • ボディ価格:約15万円
  • という記事があったとしたら、皆さんどう思うのか。
  • 「やっぱり某C社は時代を読んでいた」
  • 「さすが某C社ならではのスペックだ」
  • 「さすがにもう一眼レフの時代ではない」
  • 「この前買ったEOS7DmarkⅡが自分の最後の一眼レフになるのだろう」
  • こんな風に考えるのではないか。
  • ところがこれは架空の話ばかりではなく、一部は現実。
  • 違っているのは「来年のCP+」ではなく「今年のフォトキナ」
  • 某C社が日本メーカーではなく、韓国のサムスン。
  • 上記のカメラスペックはサムスンがフォトキナで発表したNX1のもの。
  • すると先ほどの「一眼レフの終焉の考え」を撤回したくなる人も多いかもしれない。
  • でも、一眼レフメーカーがおかれている現実は、こんなようなもの。
  • また日本のミラーレスもスペック上ではサムスンにもはや負けている。
  • 現状でこれだから、2、3年先のミラーレスと一眼レフを想像してみると、こうなる。
  • 一眼レフには4,000万画素とか、5,000万画素のフルサイズ機が出ている。
  • スポーツ用機の方は、現在の秒12コマがすでに頭打ちかも知れない。
  • 頑張っても14コマで、NX1に追い付いていないのではないか。
  • ミラーレスの方は、秒間20コマAF追随が可能。
  • 4K動画を撮りながら、必要な部分だけシャッターを押して、静止画を同時撮影できる。
  • 高画素モデルも一眼レフと同様にでている。
  • このぐらいの未来予想ができる。
  • カシオのデジタルカメラQV-10(1994年)を見たときに、デジタルカメラが銀塩にとってかわるなんて、みじんも思わなかった。
  • EOSD30を購入(2000年)した時でもそう。
  • しかし2004年にはすでにまったく銀塩を使っていなかった。
  • ちょうど今が銀塩ーデジタルの流れでは、EOS1Ds(2002年)とかが出て来た頃の状況と似ているのではないか。

とのこと

海外では発表されているNX1ですが、NX1のスペックって相当スゴイんですよね。DxOmarkセンサースコアではAPS-Cカメラ最高になるとも噂されています。ただまあ、あくまでスペック上の話なんで、実際のAF性能や描写、使い勝手や信頼性などは謎です…。例えば秒間15コマAF連動など、15コマ切れるかもしれませんが、果たしてその中でピントが正確あってるのが何コマあるのか…。ここら辺は実際に使用してみないとわからない部分です。とりあえず使ってみたいなあ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Samsung」カテゴリの最新記事

Samsung」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+