• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. リコーイメージングがデジカメ事業を刷新。PENTAXは「各種カスタマイズの幅を拡げ工房的価値を提供」し、GRは「スペック競争からは一線を画し、徹底的にスナップ撮影への最適化を追い求る」模様。リコーイメージングがデジカメ事業を刷新。PENTAXは「各種カスタマイズの幅を拡げ工房的価値を提供」し、GRは「スペック競争からは一線を画し、徹底的にスナップ撮影への最適化を追い求る」模様。(550views)
  2. ソニーのVlog向けコンデジ「VLOGCAM ZV-1」の廉価版が登場する!?ソニーのVlog向けコンデジ「VLOGCAM ZV-1」の廉価版が登場する!?(320views)
  3. キヤノンが「EOS R5 C」を正式発表。電源ダイヤルでのモード切り替えでCINEMA EOS SYSTEMの動画機能と「EOS R5」の静止画機能を切り替えられる模様。キヤノンが「EOS R5 C」を正式発表。電源ダイヤルでのモード切り替えでCINEMA EOS SYSTEMの動画機能と「EOS R5」の静止画機能を切り替えられる模様。(264views)
  4. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(123views)
  5. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(99views)
  6. 「ライカQ3」らしきカメラの背面画像が登場。「ライカQ3」らしきカメラの背面画像が登場。(79views)
  7. キャノンが1月19日に発表する動画向けEOS R5「EOS R5c」の詳細スペックや製品画像がリーク。8K60Pで無制限録画が可能!?キャノンが1月19日に発表する動画向けEOS R5「EOS R5c」の詳細スペックや製品画像がリーク。8K60Pで無制限録画が可能!?(78views)
  8. ニコンの1.4倍テレコンバーター内蔵「NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S」正式開発。新開発の「メソアモルファスコート」と「シルキースウィフトVCM」を搭載。ニコンの1.4倍テレコンバーター内蔵「NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S」正式開発。新開発の「メソアモルファスコート」と「シルキースウィフトVCM」を搭載。(73views)
  9. キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?(57views)
  10. ソニーは2022年前半はレンズの発表に注力し、後半にカメラの発表を行う!?「FE 85mm F1.2 GM」「FE 24-70mm F2.8 GM II」「α7R V」「α9 III」が登場する!?ソニーは2022年前半はレンズの発表に注力し、後半にカメラの発表を行う!?「FE 85mm F1.2 GM」「FE 24-70mm F2.8 GM II」「α7R V」「α9 III」が登場する!?(46views)

交換レンズ百景:最小出費で楽しむ最大のボケ表現――ソニー「FE 50mm F1.8」 - ITmedia LifeStyle

http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1608/05/news069.html

ソニー FE 50mm F1.8 レビュー

ITmedia LifeStyleに、ソニー FE 50mm F1.8 のレビューが掲載されています。


  • 「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA」に比べると、外装の高級感で少々見劣りする。
  • しかし、より求めやすい価格と、より小型軽量であることが大きなメリット。
  • 口径食の影響は、フルサイズ用の50ミリレンズとして標準的なレベル。
  • 絞り開放。画質的には色収差が多少見られるが、開放値ながら合焦部分の解像は十分。
  • レンズの外装は主に樹脂素材、マウント部分には金属。
  • デザイン的には非常にシンプルで、凝った意匠やスイッチ類は特にない。
  • 同社製フルサイズEマントレンズでは「Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA」に次いで二番目に軽く、持ち運びの負担はほとんど感じない。
  • 鏡胴部には、幅の広いフォーカスリングを装備。
  • 張られたラバーの手触りはよく、マニュアルフォーカスの操作感は悪くない。
  • AFについては超高速とはいえないが、風景やスナップ撮影では問題のない程度の速度。
  • AF作動中は、ジージーというDCモーターの駆動音が小さく鳴る。
  • このあたりは、リニアモーターを採用した上位製品とは異なり、割り切りが必要。
  • ほかに惜しいと思える点が1つある。あまり寄れないこと。
  • 最短の撮影距離は45cm、最大撮影倍率は0.14倍。
  • フルサイズ対応50mmでは標準的スペックだが、最新レンズの撮影倍率としては物足りない。
  • 高画質を引き出すには高級品が必須だと考えがちだが、実は低価格レンズでもフルサイズで撮る楽しさは十分に味わえる。
  • FE 50mm F1.8は、そんなことを教えてくれるレンズ。

とのこと



ソニー FE 50mm F1.8※Eマウント用レンズ(フルサイズ対応) SEL50F18F



こちらのレビューでもなかなかの評価でしたが、この価格でこれだけ写れば申し分ない感じですよね。まさに撒き餌レンズな感じ。あと、マウント部などちゃんと金属部品使われてるのも良いですよね。これに続けて35mmや85mmあたりでも明るくて買いやすい価格帯のレンズ出して欲しいですねえ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+