• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

ニコンが赤字転落、「カメラ不振」で迎える難所 | IT・電機・半導体・部品 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

https://toyokeizai.net/articles/-/388837


東洋経済オンラインに、ニコンの業績と今後の見通しについての話が掲載されています。


  • 2021年3月期通期で750億円の営業赤字、過去最悪規模の見通し。
  • カメラを含む映像事業は今期売上高を前期比約4割減の1400億円、営業赤字450億円と厳しい数字を見込む。
  • ニコンは一眼レフとの食い合いを恐れ、2018年にようやくミラーレスに本格参入。
  • 2019年のミラーレス生産台数はソニー165万台に対しニコン28万台、その差は歴然
  • キヤノンもカメラは苦しいが「EOS R5」が高い評価を受け、売れ行きは好調。
  • ニコンも今年下期にミラーレスを一気に3モデル新投入、プロ・ハイアマ向けとハイエンド商品群に注力する方針だが、ニコンが出遅れを巻き返すことができるのか懸念も残る。
  • 社内では世界を席巻した一眼レフ志向が根強く、今後は開発費や販促費をミラーレスへシフトしていくことも欠かせない。

とのこと



Nikon ミラーレスカメラ 一眼 Z7 ボディ



ソニーは業績好調で、先日キヤノンは通期業績を上方修正してたりしましたが、ニコンはかなり厳しい状況のようですね。とはいっても、ソニーはゲーム系での巣ごもり需要が大きかったので映像系だけの話ではないですし、キヤノンも上方修正してますが前年比減ではありますからね。それにしてもニコンの社内ではいまだに一眼レフ志向が強いんですかね。ソニーは言わずもがなですが、キヤノンも最近のフルサイズミラーレス系のリリースを見ていると、ボディもレンズも惜しみなく開発ソースを投入しているように見えるので、まだ一眼レフに拘ってるようではマズイ気がしますよね。今後のニコンに期待したいですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Nikon」カテゴリの最新記事

Nikon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+