• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(6588views)
  2. Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」(3379views)
  3. キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。(2348views)
  4. 「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?(1516views)
  5. キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?(1504views)
  6. 「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。(1049views)
  7. キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?(995views)
  8. ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?(702views)
  9. ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。(688views)
  10. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(647views)

Nikon | ニュース | 報道資料:大口径超広角単焦点レンズ「NIKKOR Z 20mm f/1.8 S」、高倍率ズームレンズ「NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR」を発売

https://www.nikon.co.jp/news/2020/0212_nikkor-z_02.htm

ニコンは、「ニコン Z マウント」を採用したフルサイズ(ニコンFXフォーマット)ミラーレスカメラ対応、大口径超広角単焦点レンズ「NIKKOR Z 20mm f/1.8 S」と高倍率ズームレンズ「NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR」を発売。


「NIKKOR Z 20mm f/1.8 S」

NIKKOR Z 20mm f/1.8 S

  • NIKKOR Z レンズの「S-Line」に属したレンズ。
  • ニコン独自の設計指針と品質管理を高い基準でクリアーし、特に高いレベルで光学性能を発揮。
  • 至近距離から無限遠まで、撮影距離を問わず高い解像力と優れた描写性能を発揮。
  • 超広角レンズでありながら、滑らかなボケ味を実現、被写体を印象的に際立たせる撮影にも最適。
  • 星景撮影では、サジタルコマフレアを抑制し、「星が点に写る」高い点像再現性を実現。
  • 本レンズの発売により、超広角の20mmから中望遠の85mmまで、開放F値1.8の大口径NIKKOR Z レンズが5本ラインナップ。
  • 希望小売価格:\156,530 (税別 \142,300)
  • 発売時期:2020年3月予定

「NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR」

NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR

  • 高い解像力とともに、質量わずか約570gの小型・軽量でありながら広角24mmから望遠200mmまでの8.3倍高倍率望遠ズームを実現。
  • 機動力に優れており、旅先などでもこの一本を持ち歩くだけで、ポートレートから風景までの幅広いシーンでの撮影が可能。
  • 「STM(ステッピングモーター)」および「コントロールリング」の採用により、静音性や操作性に配慮し、快適な動画撮影が可能。
  • ゴースト、フレアを効果的に抑えるニコン独自の反射防止コーティング「アルネオコート」に加え、ED非球面レンズを採用することで、さらに解像感の高いクリアーな画像が得られる。
  • 希望小売価格:\139,480 (税別 \126,800)
  • 発売時期:2020年4月予定

→NIKKOR Z 20mm f/1.8 S - 概要 | NIKKORレンズ | ニコンイメージング

→NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR - 概要 | NIKKORレンズ | ニコンイメージング

とのこと



Nikon 単焦点レンズ NIKKOR Z 50mm f/1.8S Zマウント フルサイズ対応 Sライン



ニコンが次に発表するZレンズは「NIKKOR Z 20mm f/1.8 S」と「NIKKOR Z 24-200mm」というリーク情報が上がっていましたが、その通りに正式発表されましたね。Z 20mm f/1.8 Sも気になりますが、個人的にはZ 24-200mm f/4-6.3 VRが気になりますね。長さはそこそこありますが、細めで、重さが軽いのがポイントですね。これは、便利ズームとして一本持っておくと重宝しそうですね。欲を言えばもうちょい短かったらなあと思いますが、まあ、難しいんでしょうかね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Nikon」カテゴリの最新記事

Nikon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+