• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. キヤノン「EOS R5」のスペック情報アップデート。やはり、8K@30pの「RAW」には対応していない!?キヤノン「EOS R5」のスペック情報アップデート。やはり、8K@30pの「RAW」には対応していない!?(8938views)
  2. キヤノン「EOS R6」は、素晴らしい性能のボディ内手ぶれ補正を搭載し、グリップはEOS RPと同じタイプになる!?キヤノン「EOS R6」は、素晴らしい性能のボディ内手ぶれ補正を搭載し、グリップはEOS RPと同じタイプになる!?(8006views)
  3. キヤノンは「EOS R5」とは別にEOS 5Ds/5Ds Rの後継機となる超高画素機を発表する!?名前は「EOS R3」になる!?キヤノンは「EOS R5」とは別にEOS 5Ds/5Ds Rの後継機となる超高画素機を発表する!?名前は「EOS R3」になる!?(6709views)
  4. キヤノン「EOS R6」のスペック情報!?キヤノン「EOS R6」のスペック情報!?(5639views)
  5. シグマが多数のフルサイズミラーレス用広角単焦点を開発!?「34mm F1.8 DG DN」「28mm F1.8 DG DN」「24mm F1.8 DG DN」「20mm F1.8 DG DN」「18mm F1.8 DG DN」「16mm F2 DG DN」「18mm F2.8 DG DN」シグマが多数のフルサイズミラーレス用広角単焦点を開発!?「34mm F1.8 DG DN」「28mm F1.8 DG DN」「24mm F1.8 DG DN」「20mm F1.8 DG DN」「18mm F1.8 DG DN」「16mm F2 DG DN」「18mm F2.8 DG DN」(4916views)
  6. 富士フイルム「X-T4」は、2月4日開催の「X Summit」では発表されない!?富士フイルム「X-T4」は、2月4日開催の「X Summit」では発表されない!?(4846views)
  7. キヤノンが2月に高画素機「EOS RS」、5月に「未知のボディタイプ」の新型EOS Rを発表する!?α7Sシリーズ対抗機も!?キヤノンが2月に高画素機「EOS RS」、5月に「未知のボディタイプ」の新型EOS Rを発表する!?α7Sシリーズ対抗機も!?(4697views)
  8. キヤノンの2020年に登場する新製品噂まとめ【2020年2月】EOS R5、EOS R6、EOS Kiss X10i、そして謎のQX10などキヤノンの2020年に登場する新製品噂まとめ【2020年2月】EOS R5、EOS R6、EOS Kiss X10i、そして謎のQX10など(3985views)
  9. ソニーα7S IIIは、今年中にリリースされ、最低でも「4K/60p 10bit 4:2:2」に対応し、予想以上の性能となる!?ソニーα7S IIIは、今年中にリリースされ、最低でも「4K/60p 10bit 4:2:2」に対応し、予想以上の性能となる!?(3938views)
  10. キヤノンから2020年に4機種のレンズ交換式フルサイズ機が登場する!?EOS RPよりもさらに低価格のフルサイズ機も登場!?キヤノンから2020年に4機種のレンズ交換式フルサイズ機が登場する!?EOS RPよりもさらに低価格のフルサイズ機も登場!?(3880views)

ニコン、フラッグシップ機「D6」を3月発売 - デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1234521.html

ニコン「D6」

デジカメ Watchに、ニコン「D6」正式発表のニュースがデジカメ Watchに掲載されています。


  • ニコンは、デジタル一眼レフカメラ「D6」を3月に発売。
  • 価格オープン。店頭予想価格は税込79万8,000円。
  • 前機種「D5」の好評点を継承しつつ、動体捕捉性能、信頼性・操作性・画質の向上を目指したモデル。
  • ファインダー撮影時のAF性能向上に特化した。
  • ニコンFXフォーマットの有効2,082万画素CMOSセンサー。
  • D5に搭載されていたものを継承。画像処理エンジンEXPEED 6と組み合わせた。
  • ライブビューAFはコントラスト検出方式。
  • 感度は常用ISO 100-102400。拡張でISO 50相当からISO 3280000相当まで選べる。
  • 動画記録は4K UHDに対応。
  • AFセンサーモジュールとAF専用エンジンを新開発。
  • 選択可能な測距点は、D5比1.6倍の高密度という105点。
  • 新アルゴリズムで障害物の横切りに惑わされにくくし、前後の動きへの追従性能も向上。
  • グループエリアAFは計17パターンからカスタマイズ可能。低輝度AF性能も高めている。
  • D5で背景にピントが抜けやすかったシーンをカバーするために、シングルポイントAFおよびダイナミックAFの設定に「フォーカスポイントサイズ[広め]」を用意。
  • 突発的なシャッターチャンスで被写体を正確に捉える余裕がない場合などに有効。
  • 連写速度はAF/AE追従で最高約14コマ/秒(Eタイプレンズでシャッター速度1/250秒以上の場合。開放から2段絞ったところまで)。
  • Eタイプレンズ以外では最高約13コマ/秒(開放から2段まで)。
  • 新開発のミラー駆動機構により、高速連写時にも動体が鮮明に見える。
  • 従来機のD5では、AF/AE追従で最高約12コマ秒、ミラーアップで秒14コマだった。
  • D6と同時に開発発表された「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」(2月発売)に限り、開放から4段まで絞っても最高の約14コマ/秒が出せる。
  • 連続撮影可能枚数はJPEG・FINEサイズLで最大200コマ。
  • ライブビュー時には、電子シャッターを用いた「サイレント撮影」が可能。
  • AFは1コマ目に固定され、ローリングシャッター歪みが発生する場合もあるが、メカシャッターの動作音なく約10.5コマ/秒の連写を可能。
  • 動画ライブビュー時にシャッターボタンを押し続けると「高速フレームキャプチャ」を利用可能。
  • 2Mサイズで約60コマ/秒、8Mサイズで約30コマ/秒のAF固定記録が行える。
  • AWBの時系列解析アルゴリズムを新開発。
  • 時系列に蓄積された情報から現在の撮影シーンを推定することで、従来より高精度で安定したホワイトバランスを実現。
  • スポーツやポートレートなど様々なシーンで安定したAWB性能を発揮する。
  • 加えて人肌の再現性も更に向上した。
  • 背面モニターは3.2型約236万ドット。
  • 画像再生時に上下のフリック操作を行うことで、画像の送信指定、プロテクト、レーティング、音声メモのいずれかを操作可能。
  • GPS機能を本体に内蔵。従来は外付けのGPSユニットを必要としていた。
  • 有線接続は1000BASE-T規格を継承しつつD5比で約15%高速化。
  • モードボタン部は、Wi-Fiユニットとアンテナが入ったために高さが増している。
  • ワイヤレストランスミッターWT-6に加え、内蔵Wi-Fiにも対応しているのが特徴。
  • 撮影後にすぐSNSへ写真をアップしたいプロの要望に応えたもの。
  • 本体下部側面に盗難防止のセキュリティスロットを装備。
  • リモート撮影時や一時的にカメラ機材から離れる場合に有効。
  • 超望遠系の一部交換レンズには既に採用されているが、ニコンのカメラとしては初装備。
  • ファインダー倍率0.72倍。
  • 新ファインダースクリーン(B型クリアマットスクリーンX)の採用で滑らかなボケ再現、ピント位置が掴みやすいとしている。
  • シャッター速度は1/8,000~30秒。マニュアル露出900秒まで選べる。
  • シンクロ速度は1/250秒。
  • 記録メディアスロットはCFexpress/XQD×2。
  • 新たに、サイズが異なるJPEG画像をそれぞれのスロットに分割記録できるようにした。即
  • 時転送用と後日編集用を振り分けたいスポーツジャーナリストからの要望。
  • バッテリーはEN-EL18c。撮影可能枚数は3,580枚(CIPA基準)。
  • 同社試験による連続撮影モード時は約8,670枚。
  • バッテリーはEN-EL18b/EN-EL18a/EN-EL18も使えるが、EN-EL18のみ撮影可能枚数が減る。
  • データ転送用USB Type-C端子を備えるが、バッテリーの充電やカメラへの給電不可。
  • 外形寸法は約160×163×92mm。
  • 重量は約1,450g(バッテリーとCFexpress×2を含む)、約1,270g(本体のみ)。

→Nikon | ニュース | 報道資料:デジタル一眼レフカメラ「ニコン D6」を発売

→D6 - 概要 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング

とのこと



Nikon D5 プロフェッショナル活用マニュアル



ついにニコンのフラッグシップ機D6が正式発表されましたね。リーク情報通りにGPSは搭載しましたがボディ内手ブレ補正は搭載されず2000万画素で連写14コマ/秒での登場となりました。スペック的にはライバル機であるキヤノンのEOS-1D X Mark IIIと比べると、ライブビュー撮影や動画周りなどで見劣りはしてしまいますね。ただ、OVFでのAF性能向上に特化したとのことなので、ニコンとしては一眼レフ機としての性能にこだわって注力したのかもしれませんね。AF性能はスペックの数値だけでは測れなかったりする部分なので、これは実機でどの程度の性能になっているか非常に気になりますね。ニコンの一眼レフに対する意地を感じれるか楽しみです。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Nikon」カテゴリの最新記事

Nikon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+